ときどき日記

   
  こちらでは、ちょっと可愛い(?!)似顔絵による職員・スタッフの紹介と、
 ブログでは、毎月の園便りから園長の巻頭言、そして、その時々の幼稚園の様子やおもしろエピソードなどを教職員が交替でご紹介します。  乞う、ご期待!!
 

スタッフ紹介

スタッフ紹介
 
園長
園長
 
 
はな組(年少)担任 
はな(年少)組担任
 
 
ひかり組(年長)担任
ひかり組(年長)担任
 
 
あい組(年中)担任
あい組(年中)担任
 
 
のぞみ組担任
のぞみ(満3)組担任
 
 

園のスタッフによる ときどき日記

園のスタッフによる ときどき日記
フォーム
 
柿もたくさんとれたよ~
2015-11-25
秋のめぐみ幼稚園には、いろいろな「実」がなります
 
 9月の終わりには「栗」がなり、続いて「ひめりんご」「ざくろ」「ぶどう」と続いていきます。
「渋柿」はお母さん方が「干し柿」に変身させて下さって食べることもできています。
今年は台風の影響なのか、栗は収穫できましたが、その他のものは不作に終わりました。そのため楽しみにしていた干し柿も、作っていただくことができませんでした
でも・・・
今年は、甘い柿が大豊作!!!!!野鳥たちにつつかれることもなく、とてもきれいで、おいしそうな実がたっくさん!!!!!しかも、子どもたちの手の届くところにもたくさん実りました。これは採るしかないですよね~
外で遊んでいる時間に、「柿を採りに行きませんかぁ~?」と言いながら園庭をぐるっとひと周りすると、30人くらいの子どもたちが集まってきました。
柿の木まで到着すると、年長さんや年中さんが一斉に採り始めました。圧倒される年少の子どもたち… その中で、「とれ~ん!」と大きな声をあげるのを聞いたのか、「こっちにあるよ~!」「僕が引っ張っちゃるけぇ、おいで!」と呼んであげていました。わずか10分足らずの間でしたが、40個くらい収穫しました
後日、剝いてもらい、給食のときに食べました。何度もおかわりをする子もいました!入っていた種を大事そうに弁当箱に入れる子、聞けば帰ってから埋めるんだとか…「いつになったらたくさん実がなるのかなあ~」と楽しそうに話すのを聞いて、ほんわりとした気持ちになりました。
 
手の届かないところにある柿は……お母さん方が採って下さるとのこと。今度は、おうちの人たちへのお土産になるといいなと思っています。お楽しみに~~
 
 
大きいお芋が、いっぱい採れたぞ~!
2015-11-09
晴天にも恵まれ、10月28日みんなが楽しみに育ててきたお芋を掘りました。
ドキドキわくわく、中のお芋を傷つけないように、少しずつていねいに土を取り除いていきます。
しばらくすると、あちらこちらから「あ~っ、お芋見えてきたぁ!!」
「あ~、ちょっと大きいかも~」「やったぁ!採れた~」などなど歓声が聞こえてきます。
今度は、収穫物を手に「撮って!撮って!」とカメラ片手に大忙しの先生を呼ぶ声、声、声。
そんな中、黙々と掘り続ける何人かの子どもたち。「芋、見えとるけどぜんぜん取れそうじゃない~」
「え~っ!!それって、すごく大きいお芋が埋まってるってことやない?」見れば本当に大きそう
「がんばれ~」の声援に後押しされながら、助っ人も加わり、ついに掘り出し成功
家来を従えた芋の王様のお出ましでした。
今年はほんとに豊作で、小さなめぐみの畑から王様級の大きいのから、ベイビーちゃんの小芋まで入れると、なんと298個も採れました。
きっと、お母さんの愛情も加わり、おいしいお芋料理になったことと思います。
 
その後、園では当日お休みだった人と掘りたい人で、園舎横の花壇に植えたお芋を掘りました。
そちらからは、スタイルの良いお芋たちが40個くらい採れました。
そのお芋はふかし芋にして、みんなで今度の給食の時間にでも食べようかと考えているところです。
みんなで食べると、またおいしいかも
 
まさに収穫の秋に感謝ですね!!
今年は第2園舎裏に、1本だけある甘柿もたわわに実り、いつか柿もぎ体験もさせてやれるといいなぁと思っています。
 
楽しかったね☆人形劇☆
2015-11-02
 
先日、大阪「クラルテ」さんの人形劇が教会でありました。

毎年、子ども達が楽しみにしている行事の一つです

今回は、「うさぎのおうち」と「ゴリラのパンやさん」の二つが上演されました

 

クラルテさんの人形劇は、舞台も人形も全て手作りです。

遠近感のある舞台から、どんな話が始まるのか・・・

二人だけで全て劇を進めて行くのですが、ロシアの楽器「バラライカ」の生演奏と歌から始まると、子ども達はすぐに見入っていました

 

人形は、木製や布製のものなど色々で、見ていてとても温かさが伝わってきますまた、目の瞬きや口の動き、それに素敵な声が合わさって、動物の表情が豊かです体の動きもかわいく、子ども達もどんどん話に吸い込まれていきました

舞台では、家が少しずつ完成したり、野原が冬の雪に変わったり、沢山、動物が出てきたり、おいしそうなパンがでてきたりなどなど・・・。

 

子ども達は、楽しそうに大きな声で友達と笑い合い、時には動物に声をかけて教えてあげるなど、ハラハラドキドキの楽しい一時間を過ごしました帰る時は、うさぎさんとごりらさんがお見送りをしてくれて、触ったり、握手したりして子ども達はニコニコで園に帰って行きました。

 

平面でみるテレビやゲームと違って、今回のように立体感のある道具や動物をみながら、目や耳をよく使って変化を楽しむことも、よい体験ですね。

 

 
給食について・・・徒然なるままにキーボードを執りてたたく
2015-09-25
めぐみ幼稚園には、パンごはんの給食があります。
業者選定にはこだわり抜き、試食に試食を重ね、
直接事業主さんとを合わせて
たくさんの対話をしてきました。
 
事業主さん曰く、
 「地産地消で、地場産野菜を使いよるいね。
 特に、米は冷えても美味しいものを選んじょるけぇねぇ
 
 「ハロウィンパンにしてみました。
 パンの生地にかぼちゃを練りこんでみたんですが、
 どうでしたかねぇ」 
                等々。。。アイデア満載
 
 感謝ですすこぶる感謝です
 
また、幼稚園では保護者の意見を参考にできるよう
試食会・アンケート等も実施しています。
 
保育現場では、年間を通し
子どもたちの感想やし好を
目の当たりにしている教師らが、
「カレーソースがちょっと辛かったみたい。」
「マンゴークリームは残した子が多かったかな?」
「野菜はもう少し大きく切ったものでも良いかも。」
 と、ホヤホヤの素直な子どもたちの声を伝えてくれます。
 
しか~し
それらをどの様に伝えるか    う
 
こだわって選んだ業者さんは
めぐみより、さらに食にこだわり抜いているのです
 
ひよこが、鶏生(人生ではない)酸いも甘いも嚙み分けたニワトリ
「ここのミミズが栄養価に富んで旨かですもんね!
        ばってん脂肪の甘みがちょっとお~
と、一端な事は口にできません。
 食経験豊富なニワトリ
 「ナラの葉ば食べたミミズの脂肪は格別ばい。
     そこらの葉っぱば食べとるのとはひとくせ違お~が。」
と、[イベリコミミズ]と名付けんばかりに
語る言葉をいっぱい持っているのです。
 
そこで私は、
自らがどんだけ給食を堪能したかを語り終えた後、
「食べたことのないものは、
    チャレンジしようとしないんですよねぇ・・・」
 
とか、
「ちょっと切り方が小さすぎて、噛まずに飲んでるみたいですぅ。
   もう少し大きく切って下さっても良いですよ。
     租借して、あご鍛えさせる意味ででもですね
などと、少ない語彙を駆使してお伝え申し上げている次第です。
 
ボンジュールさんと遊友さんは
いつも子どもたちの立場から
安全で、美味しく楽しく
季節感や行事も盛り込んでメニュー作りを
してくださっているのです。
 
感謝ですすこぶる感謝です
    めぐみの給食は、愛に包まれているのです 
  
 
夏期保育、たのし~い!!
2015-07-29
 7月27日・28日の午前中、子どもたちが楽しみにしていた夏期保育の前半が行われました。
今回はその時の様子をちょっとご紹介しますね。
 
1日目、曇り空でしたが、朝から蒸し暑く、水遊びにはもってこいでした。
ワイワイキャーキャー言いながら、水着に着替え、全体体操後、第1運動場へ。
まずは、皆でおやつで食べる『スイカ割り』。めぐみ恒例?体操帽子を後ろ前に被り、たれで目隠しをして、先生やみんなの声援に支えられて、しずしず進み、狙い定めて一撃「えいっ
上手くスイカに命中する子のいれば、行きすぎたり、あらぬ方だったり…
時々、たれを上げては、「ずるは無しだよ」と言われながらも、
愛組、花組、光組と進むうち、スイカもいい感じに割れ目が入り、赤い果肉が見えてきました。
水遊びの後で食べたスイカは、甘くてとってもおいしかったです。
 
水遊びは、水鉄砲で水をかけ合ったり、水風船や水鉄砲で、的に描かれたおばけたちをやっつけたり、
可愛い出目金すくいを楽しんだり、あっという間に時間がたっていきました。
 
  さて、二日目。
元気いっぱいに登園した子どもたちは、全体体操後、思い思いの場所へ散っていきました。
今日の目玉は、第1運動場でのシャボン玉ですが、その他、砂場とくさり山周辺、室内では絵画コーナーと、子どもたちはいろんな所で自由に遊びました。
 
まずは、シャボン玉。
お店で買ってきたシャボン玉液だけでなく、今年は卒園児で中学生になった森君が工夫に工夫を重ねて作った自家製のシャボン玉液もたくさん提供してくれ、子どもたちは心置きなく楽しみました。
一度にどれだけたくさんのシャボン玉を吹けるかを競ったり、シャボン玉液に大きなわっかを浸してどんなに大きなシャボン玉を作れるか挑戦したりと、第1運動場は大小の虹色に輝くシャボン玉で、それはきれいでした。
 
 砂場では、皆の協力の下温泉?が出来上がっていました。
そしてブロック塀の上にはずらりと並んだドーナツにケーキ、おにぎりに飲み物と、お店屋さんが。
立ち寄った私は早速ごちそうになりました。もうちょっと小さければ(いや、かなり小さければ)温泉にも疲れたのでしょうが…
 
 絵画コーナーも、これまた小さな画伯たちでにぎわっており、水溶き絵具やサインペン、クーピーにクレパスと思い思いのものを使って、虫や花、お友達や家族などと、楽しそうに絵を描いていました。
 
 相変わらずの虫取りグループもいて、恒例のダンゴムシ採り に加え、夏期保育ならではの、セミの抜け殻を見つけたり、中にはセミを捕まえたりと、蚊に刺されながらも汗だくで走り回り、それはそれで楽しそうでした。どんなことにも感動して楽しめる子どもって、ス・テ・キ 
 
 中休みの休憩時間も、チュウチュウ棒を食べた後は、「ゴロゴロして体休めるよ~」の先生の声も聞こえていますが、ちょっとゴロゴロしたかと思えば、すぐに園舎内をウロウロ。ゴソゴソ。組体操や柱のぼりをする光組さんもいたりして、子どもは元気だね~と感心させられました。
 
 アッと言う間に終わった二日間でしたが、子どもたちは元気に楽しそうに帰っていきました。
また、後半の夏期保育で会おうね! それまで、お家の方たちと楽しい夏休みを過ごしてね!
 
 

園だより

園だより
フォーム
 
先輩の姿に興味津々なんだね・・・(11月便りより)
2018-11-12
   キッズカーニバルも終わり、子どもたちは幼児祝福式やクリスマス礼拝に向けて準備を進めていっています。

 10月の愛組の聖話では、クリスマス礼拝で愛組が担当する役割について、プログラムに沿って説明をしました。聖話の初めに子どもたちに「花組さんの時、クリスマス礼拝長いなぁって思った人?」と尋ねてみたところ、半分以上の手が上がりました。そうだよねと思いながら書き出したプログラムを広げて見せました。「あいってかいたところに、あかいせんがひいてある」「いっぱいある」目ざとい子がすぐ反応してきます。

 花組の時は、初めて経験するクリスマス礼拝ということで、聖劇の中で友達と一緒に星、羊、村人の表現を演じたり、みんなで歌を二曲歌っただけでしたが、司会進行を分担する愛組は、一人一人が担うところと、みんなで力を合わせてするところとあり、責任は重くなります。
 「一年お兄さんお姉さんになったみんなだからできることだよ」と言って、一つ一つ愛組がする役割の説明をしました。すると子どもたちから、「あっ、覚えてる、○○ちゃんがしてた」とか、「ろうそく持って言うんよね」とか、「ろうそくが置いてあるところまで何か持っていく人」等々、良く見ているんだなという反応が返ってきました。

 一番驚いたのが、ニジェールについて説明する部分の話をした時でした。「ニジェールってどこか知ってる?」と聞くと、「知ってる。どこか遠い国」「そうだね、じゃあ、どんなくに?」「すごく暑いの」「よく覚えているねぇ。お水は、みんなのところみたいに水道からすぐに出てくるのかな?」「ちがう~、どこかからはこんでくる」「そう、なんかあたまにのせるの~」という返事が返ってきました。びっくりでした。
 視覚的な補助のないところの話を、こんなによく子どもたちが覚えていることが本当に驚きでした。

 普段一緒に生活している愛や光の子どもたちが、与えられた役割を前に出てする様子を、年少の子どもたちは本当に興味津々で見聞きし、吸収し、自分の中に取り込んでいるんだと感心しました。全体としては長いと感じていても、部分部分では実によく見取っているのです。その積み重ねが、子供の成長につながることを改めて感じました。
 
 
 
成長の秋(10月園便りより)
2018-10-12
 園庭に彼岸花が今年も咲きました。毎年のことながら自然の営みの不可思議さを感じます。秋の彼岸の頃になるといつの間にか地中からすっくと茎が伸び、花を咲かせます。栗の実もころころと大きな実が落ちてきていたと、子どもたちが見つけては嬉しそうに見せてくれます。今年も実りの秋が来たなと思います。日照りが続き心配していたさつま芋の葉の茂りも秋雨前線のお蔭で見る見るはびこりました。今頃はびこっても、実りにはどう影響するのかとも思いますが、今年はどんな収穫になるのかと、それはそれで楽しみでもあります。

 しかし、自然にとっては恵の雨も運動会の練習に精を出している子どもたちには、若干の足踏み状況を来たし、教師をハラハラさせます。そんな時には教師間で話し合い、園舎内を上手にシェアーしながら、できることを積み重ねています。そんな中で、嬉しい報告を聞くこともあります。
 園舎内で鉄棒や跳び箱をするときには、本番のように素足で行います。外で運動靴を履いてしている時にはうまく足を鉄棒に架けてからませることができなかった花組さんが、素足だと何とか足を鉄棒にからませて豚の丸焼きの形ができたというのです。報告をしてくれた担任も嬉しそうでした。鉄棒にしても跳び箱にしてもできた時の感覚をつかむことがまず大事ですし、できたという喜びは次も頑張ってみようという意欲に繋がっていきます。運動会前の雨は、教師泣かせですが、いいこともあるんだなと思いました。

 そんな折、先日亡くなられた樹木希林さんの言葉を思い出していました。「健康であることはもちろん良いことですが、病を得るとそこからしか見えてこないものが見えるようになる。それも自分にとってはいいことだった」というようなことを言われていました。私たちは、とかく事がうまく運ばない時には、気落ちしてしまいますが、ここから見えてくるものをありはしないかと、思いめぐらすことも大切なのだと思わされます。

 収穫の秋は、子どもたちにとっては成長の秋でもあります。たとえうまくいかない事があっても、それをも成長の糧にしてあげられるような関りを心掛けたいものですね
 
 
「目の前の一歩に全力を」
2018-09-22
 夏休み、今年はスポーツを通してたくさんの感動をもらいました。
夏の高校野球では、下関国際高校がなんとベスト8まで勝ち進みましたし、秋田県の金足農高の躍進や桐蔭学園の春夏連覇が感動を与えてくれました。そして、甲子園の後はインドネシアで開催されているアジア大会です。二年後の東京オリンピック、パラリンピックを見据えたアジア各国の熱い戦いが連日繰り広げられています。我が家でも毎日にわかスポーツファンになって、熱戦を見ています。更に、そこに至るまでの選手一人一人の思いや努力、チームの団結がどのようにして培われたかを知ると、一つの希望に向かって力を尽くす若い人たちに教えられる思いがしています。

 同時に、新聞やテレビでは次に控えているパラスポーツについてもよく取り上げられるようになりました。その中で、ある日目にした成田童夢選手の話がとても心に残りました。成田童夢と言えば、冬のオリンピックスノーボードハーフパイプの花形選手でしたが、最近はソチパラリンピックでの活躍を覚えておられる人も多いことと思います。私はあの時初めて成田選手が大怪我を負って、一時は再起不能とまで言われていたことを知りました。今回は、その成田選手が、思うように動かない左足首を使わなくてもできる競技で、東京オリンピックに参加できないかを今模索して色々な競技にチャレンジしてみているという話でした。その中で成田選手は、次のように言っていました。

 大怪我の後もう一度スポーツがしたいという思いで何とか復帰してパラスポーツで活躍できるようになった時、周りの人た ちから『君の活躍を見てすごく励まされた、力をもらった』と言われたとき、自分がスポーツを頑張ることで人のためになるんだという喜びを初めて教えられた思いでした。それがまた、自分の力となり、次に進もうという原動力になりました。だから、今自分は『目の前の一歩に全力を』という言葉を大切に頑張っています。

 すごいなと思いました。失ったものを数えるのではなく、残されている力を全力で出し切ろうとする人の言葉に深く教えられるものがありました。行事の多い二学期、子どもたちの『目の前の一歩に全力を』注ぐ姿を大切に見守り、共に応援していきたいと思います。
 
 
『育児』は『育自』
2018-06-28
 朝の出勤時、駐車場から園までの路地を歩いていると、ご近所の方がご自宅周辺をきれいに掃除してくださっている姿をお見掛けします。朝のご挨拶をしながら、いつもきれいにして下さっていて感謝だなあと思います。

 我が家は、父が家で鍼灸の治療院をしていた関係で、人の出入りの多い家でしたから、幼稚園の頃は、玄関の靴をきれいに揃えるのが、私のお手伝いでした。また、小学生の頃の私の夏休みのお手伝いは、隣の伯父夫婦の家の前から我が家の玄関までの路地を、箒できれいに掃くことでした。いつもは、私の伯母が、きれいに掃いていました。伯母の口癖は、「そこを歩く人がいつも気持ちよくなるように、玄関や家の前の道はきれいにしておかないとね」というものでした。
 夏休みの朝、私が路地を掃いていると、そこを通る人が「きれいになって気持ちがいいね」とほめてくださるのが嬉しくて、頑張れましたし、どこへ行っても履物がきちんと揃っていないと気持ちが良くないと思って、直していました。

 だから、今でも路地を掃いておられる方を見かけると伯母のことを思い出し懐かしくなりますし、どこでも履物がきちんと揃っていると、気持ちがいいなあと思います。きっと小さい頃に身についた感覚的な記憶は、体に染みついているのだろうなと近頃思わされます。
 
 だからこそ、幼児期の教育が大切だといわれるのでしょう。私が伯母や母の後姿を見て、体で覚えたことを気持ちいいと思えるように、園の子どもたちも、家庭や園で出会うおとなの後姿や、言動から心地よいと思える事柄を吸収していることと思います。そういえば、長男から「幼稚園の先生はそんな怒り方はしない」と言われた一言は、今でも忘れられません。叱り方を考える私のチャレンジの始まりでした。
 
 『育児』は『育自』からということを、皆さんも聞かれたことがおありだと思いますが、自分の後姿を子どもはいつも見ていることを忘れずに、まずは子どもに求める前に、自らの姿を振り返り、反面教師ではなく、子どもに真似てほしいあるべき自分の姿にチャレンジしてみてください。きっとお子さんも変わってきますよ。さて、お子さんのために、あなたは何にチャレンジしますか?
 
 
手や指先を使って遊ぼう(6月たよりより)
2018-05-30
 光組の遠足『いのちのたび博物館』で、今年は午後の時間の最後に昭和三〇年代前半の八幡製鉄所の社宅の様子や、当時の農家の室内を見学することができました。私にとっては自分が子どもの頃の自宅や、山陰の農家だった祖父母の家を思い出させるものでしたが、子どもたちには見たことのない道具ばかりのようでした。smiley 居間には歌でしか知らなかった火鉢も置いてあり、早速担任の先生から、「『月火水木金土日』の歌の、火曜日~の歌詞に出てくる火鉢が、これだよ!」と教えてもらっていました。
 
 ああ自分が幼かった頃はこんなだったと思いながら、日常的な生活の中で子どもも自然と体全体を使い、五感を働かせることが、何と多かったことかと思いました。文明の進化は、家庭生活を快適にし、主婦にとっては家事の重労働からの解放を可能にしてくれましたが、残念ながら、子どもにとっては、日常的に体の色々な部分を使う機会と、生活の知恵や工夫を身に付ける機会を奪ってしまうことになりました。
 
 昔話の絵本を読んでいても、先の火鉢ではないですが、子どもたちの知らない道具や建具はたくさんあります。洗濯板を知らない子どももいると思います。その内、固形の洗濯石鹸もなくなると手もみで洗濯をすることもなくなってしまうかもしれません。でも、子どもは水を使うお仕事は大好きです。 なかなか子どもの力だけで、きれいにすることは難しいですが、自分が汚したところは自分で拭き、その布巾もきれいに洗って絞るとか、自分の上靴は、自分でブラシを使って洗うとか、そういう習慣をつけてやることは必要かと思います。
 手伝いにはならないかもしれませんが、いろんな場面で子どもに手や指先を使う仕事を一緒にしてもらうことで、子どもも楽しみながら自然と指先の力や腕の力を付け、自分が何かしたいと思う時に、思うように手や指先を使えるようになっていきます。
 
 これから梅雨に入り、家で過ごすことも増えてくるかもしれません。そんな外に出られない時こそ、お子さんと一緒に手や指先を使うことを楽しんでみられませんか。いろんな野菜をちぎってサラダを作るもよし、小麦をこねてクッキーを焼くもよし。時には一緒に紙飛行機を折って飛ばしっこしてみるのも楽しいかも。お金を使わず、ぜひ一緒に手や指先を使って遊んでみてください。
 
学校法人めぐみ学園
めぐみ幼稚園
〒750-0009
山口県下関市上田中町2-13-26
TEL:083-222-7356
FAX:083-222-8305
------------------------------
・幼稚園
・通常保育
------------------------------
081360
<<学校法人めぐみ学園めぐみ幼稚園>> 〒750-0009 山口県下関市上田中町2-13-26 TEL:083-222-7356 FAX:083-222-8305