ときどき日記

   
  こちらでは、ちょっと可愛い(?!)似顔絵による職員・スタッフの紹介と、
 ブログでは、毎月の園便りから園長の巻頭言、そして、その時々の幼稚園の様子やおもしろエピソードなどを教職員が交替でご紹介します。  乞う、ご期待!!
 

園のスタッフによる ときどき日記

園のスタッフによる ときどき日記
フォーム
 
笑顔がいっぱい♡収穫感謝の日
2016-10-21
運動会が終わり、みんなにとって 次のお楽しみ・・・
10月14日(金)に 収穫感謝の日がありました
 
朝、体操帽子にリュックサック姿で、スコップを持って元気いっぱいに登園してきた 子どもたち
収穫感謝の日は、楽しいことが盛りだくさんです!
 
1番のお楽しみは、芋ほりです!
6月に苗植えをして、みんなで 水やりや草抜きを 頑張ってきた お芋を掘りました
芋が見えると「芋があったー!!!」「見えたよ!」と大喜びで、真剣な表情で掘っていました!
掘れたら、掘ったお芋と、記念撮影みんな いい表情でした
「撮って~」と、お芋が掘れるたびに やってくる姿も 微笑ましかったです
掘ったお芋は、みんなで分けて お家に持って帰りました!
 
そして、次のお楽しみは、園内散策です!
幼稚園には、自然がいっぱいで、果物のなる木がたくさんあります
今年は、柿(渋)、ザクロが 木になっているのを 見ることができました
ぶどうや、ひめリンゴ、甘い柿は、また来年のお楽しみです
 
お昼は、運動場でみんなで食べました
いっぱい力をつかってお芋を掘った後の、青空の下でのお弁当は とっても美味しかったことでしょうね
 
子どもたちのにこにこ笑顔がいっぱいの 楽しい1日になりました
 
 
 
楽しかった夏期保育
2016-07-29
 7月26日27日の2日間夏期保育が行われました
全員で第一園舎に集まり全体体操をした後は、みんなが楽しみにしていたスイカ割り!
「がんばれ!」「もっと前!前!」「そこ!そこ!」と大合唱.
上手にスイカに棒を当てる子供たちが多く最後までスイカがもつかなぁ...と、ハラハラドキドキ!
また、子どもたちの大好きな水遊びもありました。
ホースシャワーや水のかけあいっこに水鉄砲...
お友達といっしょに瞳を輝かせながら楽しそうに遊んでいました。
水とふれあう楽しさを心と体にいっぱい感じていました。
二日目は、蝉取りやしゃぼんだまあそびなど、夏ならではの遊びを思いっきり楽しんだ2日間
8月の夏期保育も楽しみにしていてね!
  
 
お泊り会 楽しかった~‼!
2016-07-06
   年長児光組の待ちに待ったお泊まり会。あいにくの雨模様でしたが 、全員がお父さんと一緒に参加することができました。少し熱のあったお友達も、最初の『お父さんのお仕事紹介』のところは、参加でき、自慢のお父さんと一緒に、お父さんのお仕事についてお友達にしっかりと伝えることができました。
 どのお父さんも、子ども達によくわかるように写真や絵などを使って、一生懸命教えて下さいました。たくさんお家でお父さんと一緒に練習してくれた人もいました。みんな楽しくお仕事について聞くことができました。
 『お仕事紹介』の合間でした親子ゲームも、どれもとっても楽しくって、大きな体のお父さんに抱かれたり、肩車してもらってジャンケンしたり、大きな体で小さな子どもと「なべ、なべ、底抜け」と一緒に底抜けするのに必死な様子に、おとなも子どもも笑顔と笑いいっぱいのとっても素敵な時間でした。
 
 夕食のカレーもとっても美味しくって、お父さんも子どももおかわり続出でした。そして、気になるのは空模様。手ぐすね引いて待っていたおばけたちには気の毒でしたが、雨は止む様子もなく、ついに肝試しは中止となり、お化けたちはすごすご退散していきました。
 
 その分、エネルギーの有り余っている子ども達は、食後のゲームでも大張り切りでした。いや、風船送りゲームでは、お父さんたちの本気が炸裂し、あっけなく子どもチームは敗れ、決勝戦は、おとな同士の対戦となりました。子ども達からの盛大な応援を背に、これまたお父さんたちの本気度を目の当たりにすることができました。
 その後の『めぐみ幼稚園○×ゲーム』も、教師たちのポーカーフェイスに首をかしげながら、右に左にワイワイキャアキャアお父さんを引っ張り大移動。みんなが幼稚園のことをよく知っていることがお父さんたちにもきっとよく伝わったことでしょう。
 その後、一緒にキレイな花火を楽しみ、お父さんとさよならしました。
 
 いよいよ、これまたお楽しみのお友達との就寝タイム。体調が悪くて先に帰ったお友達が二人いましたが、その他の人たちは元気にベッドメイキングをしたり、シャワーを浴びたり、さっぱりしたところで、部屋ごとに分かれて、今日の楽しかったことなど話した後、お友達とベッドへ。でも、興奮してなかなか眠れない子もいたようでした。
 でも、朝はみんな早くから起きて、昨夜は帰ったお友達もまた朝には参加して、雨上がりの火の山をさんぽしたり、写真を撮ったり、朝食前に帰ったお友達もいましたが、みんなで朝食バイキングも美味しくいただくことができました。 寝不足気味でスタミナ切れしていたお友達も朝食に大好物のポテトフライが沢山あって大満足。笑顔もばっちり戻ってきました。
 
 お世話になったユースホステルの久保さんに、みんなが作った染紙の花かごをプレゼントし、皆で写真を撮り、たくさんの感謝と「また、来たいなぁ」という名残惜しい気持ちを胸に、お迎えのお母さん達の待つところへと帰っていきました。
 
ちょっと疲れたけれど、たくさん思い出もできたお泊まり会でした。 
 
  
 
大工室たより
2016-07-01
 梅雨の中休みで今日は良い天気です。 大工室の窓からアサヒが差し込んで床に光が反射して、まぶしいほどです。すだれを下すと、シマシマの影ができて子ども達も喜びます。 いつもと違う何かを見つけ、変化を楽しんでいます。
 
 今までのときどき日記は、寒い季節の大工室で、卒園制作のころを書いていますが、今回は季節も製作品も違います。光組さんはロボット、愛組さんはキリンです。
 ロボットは、材料の木が堅くて、のこぎりでパーツを切り出す作業も、錐で釘を打つ穴を開けるのも簡単にはできません。 力も要りますが、道具を木に当てる角度や力の入れ具合も、いろいろとうまくできるポイントがあるのです。
 
 そのコツを掴むのはなかなか難しく、途中でやる気が切れてしまいます。 何日か大工には来ないこともあります。だけど、本人的には心のどこかに途中でやめたことを覚えているので、何日かしたらまた、大工をしに來るのです。
 「できんかも…」と口にして、不安感を見せる子もいれば、この前のことなどすっかり忘れ、まるでなかったことのように同じやり方で進めていこうとする子もいたりと、一人ひとりその子らしい詞と動きで、やるべきことに向かっています。
 
 今年のロボットは、とても丁寧な磨きをかけています。OKラインは厳しくて、小さな角も見つけて、「もう一度磨きましょう。」と、私に言われています。
 そうしていると、磨きの作業の大変さが「めんどくさーい。」から、「え~‼やめたくな~い‼」「まだしたぁい!」に 変わっています。
 
 やっていくうちに、子ども達も自分で、木肌の変化を色と手触りで見つけて、その変わっていくのが嬉しくて、どんどん磨いていきたくなっているようです。
 
 木のおもちゃ屋「めぐみ」ってお店が開けるね!と子ども達と話しています。ロボットはいつもより時間をかけて完成させます。どんなのができるか楽しみにしていてください。
 
見て楽しい!食べて美味しいパン給食!!
2016-05-13
今回のときどき日記のテーマは「パン給食」
ボンジュールさんの作って下さるパン給食には、毎回子どもたちへの心遣い・愛を感じます
 
5月12日(木)の献立は・・・
 
照り焼きチキンサンド
豚カツレタスドック
焼きそばドック
くるみパン
フルーツ(パイナップル)でした
 
この日は献立をを見ただけでも元気になれそうな子どもたち好みの献立でした
 
「いただきまーす」「焼きそばまーん」「パイナップルが入ってる
「蒸しパン初めてやー」などと子どもたちの喜びの声が聞こえてきました
その会話を聞きながら、「蒸しパン???」と思ったら、くるみパンのことでした
初めて食べるお友達もいたようで、豆だと思っていたお友達もいたようです(笑)
くるみパンのパン生地はほんのり甘く感じて、初めて食べる子どもにも食べやすいようでした
 
毎週「今日のパンは何が入っているパン?」と会話も弾み、笑顔いっぱいの給食時間です
心を込めて作って下さっているボンジュールさんに感謝です
 

園だより

園だより
フォーム
 
祈りの力
2016-10-26
 みなさんは、祈りの力について考えられたことがおありでしょうか。
今年の三月、卒園式を前にいつものように教師間で、卒園児一人一人について、卒園の言葉に行きつくまでの担任との話し合いの経緯を聞き、その子の持っている素晴らしい賜物についての分かち合いをしていた時、「この人は祝福式では、『嫌なことや怖いことから逃げないで挑戦する力がほしいです』とお祈りしてもらったのですが、卒園の言葉は『怖いなあと思っても、勇気を出して挑戦する力があります』という出だしになりました。どうして勇気が出せるようになったと思うと聞くと、『牧師先生にお祈りしてもらったから』という返事が返ってきたんですよ」と聞きました。
 苦手だと思っていたプールも跳び箱も、彼女自身ができると信じて繰り返し練習したからこそ、乗り越えられて達成感や喜びを持てるようになったのですが、担任からどうしてできるようになったと思うと、尋ねられた時に「お祈りしてもらったから」と、すぐに言えたのは、きっと祝福式の祈りの言葉を言う時こそが、彼女にとって「逃げずに勇気を出して挑戦する」ときであったからだろうと思いました。
 
 たくさんの人の前で、自分がそうなりたいと思うことについて言葉に出し、そのことのためだけに祈ってもらうという特別な体験が、子どもたちに新たな一歩を踏み出させているのだと思います。

 毎年、祝福式前の光組の勉強会では、お母様たちにも同じ体験をしていただいています。お子さんの長所と課題、そしてご自分の親としての課題を、書き出していただき、みなさんの前で発表していただいたのち、お一人ずつのために祈る時を共有します。初めて体験された方は、自分のために祈ってもらうって、不思議な感覚ですね。なんだか胸が熱くなりました」と言って下さることもあります。
 たとえ祈りの言葉はつたなくても、そこにたどり着くまでの葛藤や苦悩を、誰かが知ってくれていて、自分のために祈ってくれている。そう信じることができるとき、人は踏み出す力をいただけるのだと思います。
 
 今年の祝福式も、そのような子ども達一人一人の成長のために、祈りの力を信じ、心を合わせる豊かな時としていただければと願っています。
 
モンテッソーリ教育で育つもの
2016-10-13
   今年度、園開放事業の新たな試みとして、九月に『めぐみカフェ』を行いました。行いましたと言っても、中心になって取り組んでくださったのは、園職員OGの石川さんと会長の三浦さんを中心に、卒園・在園の保護者有志の方が企画運営すべてを取り仕切って下さり、園としては写真提供をしただけでした。ドキドキの初回の集まりは、希やつぼみの保護者さんやご近所の方などがお越しくださり、色々な子育ての話題に花が咲き、時間の経つのも忘れて話していかれたそうです。ご奉仕くださった有志の皆様にも、「楽しかったのでまたするといいですね」と、言っていただき、本当に感謝でした。 
 
 その話の中で、「モンテッソーリ教育で子どもの何が育ちますか?」という質問があったということでした。報告を聞きながら、「どう答える?」という話になりました。M先生からは「やはり毎日、自分で考えて、選び、見取り、その後また試行錯誤しながら判断し、実行していく中で達成感を得る繰り返しなので、そこでは少しずつ自立心が育っていっていると思います。また、それぞれ段階が細かくあるので、一つのお仕事に取り組む中で、褒められることが多くあり、子どもたちは日々、小さなハードルを越える喜びを味わいながら、次への挑戦意欲を高めていけていると思います。」という答えが返ってきました。

 確かに、ハサミで切るお仕事一つとっても本当に少しずつ難易度が上がり、子どもたちはきれいに切り取れて合格すると嬉しそうに見せてくれて、「次はね、○段階に行ける」と、教えてくれます。準備から片付けに至るまでの一連の流れのなかにも、たくさんの褒めるところはあります。その繰り返しの中で、子どもたちは自信をつけ、やがてあの卒園製作にまでたどり着けるのだと思います。少し頑張れば越えられそうなハードルの連続ならではの、なせる業なのだと思います。

 今年も運動会に向けて、今や練習は佳境に入っています。「さすが光組、指先まで力が入ってステキ」と声をかけると、全員の手がスッと指先まで伸びていきます。『足腰鍛えて』も、猛暑疲れでちょっと後退した力を取り戻そうと、みな本気モードになりつつあります。日々小さなハードルを懸命に一つずつ越えようと努力する子どもたちに敬意を払いつつ、今年の運動会も楽しみにしてください。
 
 
子どもの成長しようとする力
2016-09-07
   今年の夏休みは、オリンピック観戦で盛り上がったご家庭も多いことと思います。私も、メダルの数や色云々ではなく、選手の方々の頑張りや、そこに至るまでの話の一つ一つに、胸の熱くなることも多かったです。もうすぐ始まるパラリンピックも楽しみです。

   また、8月末には「24時間テレビ」を見ながら、自分の障がいや病気を、ありのままに受け入れ、今ある力を精一杯使えることに喜びを見出している子どもや若者の姿に、心打たれました。おとなはとかく、無いものや失ってしまったものに心を捕らわれて立ちすくんでしまいますが、そこに登場した子どもたちは、もちろん「どうして自分が…」という思いに捕らわれることもあるでしょうが、そこ留まって無いものを数えるのではなく、今の自分に与えられている力を喜んで上手に使い、前向きに生きようとしていました。そこに私は、子どもが本来持っている生きようとするエネルギーの逞しさを感じ、脱帽でした。
子どもの笑顔と頑張る姿に、励まされ支えられていると言われる保護者の方たちと、どんな時も側にいて、愛し、励ましてくれる大好きなお母さんや家族がいるから、頑張れるという子どもたち、本当に素敵な愛の姿をたくさん見せてもらいました。

また、オリンピックと「24時間テレビ」いずれを通しても、幼少の頃からの環境が、子どもに与える影響の大きさについても、改めて考えさせられました。                   
その子の本来持っている力を、自由に十分に使える環境を物的にも人的にも備えてやることができれば、幼児期の子どもは、どんどん楽しみながら自分の力を伸ばしていけるのだと思います。二学期はたくさんの行事もあります。毎年、子どもたちは本当によく練習し、成長しようと力を使うなぁと感心します。
その子どもたちの頑張りに応えるためにも、私たちおとなは、子どもの成長に必要な環境を整えることに心を使い、どんなときにも子どもを信頼して、愛し支える者でありたいと思いますし、より良い人的環境としても立てるよう自らを律していきたいと思います。
 
弱さと向き合う
2016-06-28
     いつか 草が 風に揺れるのを見て
     弱さを 思った
     きょう 草が 風に揺れるのを見て
         強さを 知った 
         
   先日、星野富弘氏の新刊の詩画集の中に、この詩を見つけました。
弱いがゆえに強い、自分の力の無さ、弱さを知るがゆえに強くあれるという逆説の真理に触れた思いがし、心ひきつけられました。

 子育ての最大の難敵は、自分自身の中にある弱さだったと思います。いけないと思っても、いつの間にか頭をもたげてくる自分の人間的な弱さが、一番厄介でした。
当時、勉強会でもいつも言われていました。
 「子どもは適切な環境を整えてやれば、どんどん変わっていく。でもね、本質的なところは、あな
  たたち 母親の関わりが変わらなければ、変えられないところもある。そして、これが難しいのよ
  ね。三十年も四十年もかけて身につけてきたものを、捨てることほど難しいことはないのよ。
   でも、子どものために変わろうと努力できる最後のチャンスが、今この子育ての時期なんだから、
  しっかり自分の弱さと向き合いなさい」と。

 自分の弱さはわかっていても、それを今更変えることは確かに容易ではありませんでした。未だに乗り越えられてはいないのかもしれません。でも、その努力は、自分の弱さを認めて、受け入れるところから始まるのだと思います。
 自分の弱さを、弱さとして認め受け留める時、不思議とそれを少しずつ乗り越えるための道が開かれていくように思います。それは他の人からの具体的援助や、言葉であったり、あるいは子どもの抱える問題を一緒に乗り越えてやりたいという思いの中で気付かされたりと、いろいろでした。

 それは、いつ、どんな形で訪れるかはわかりませんが、意識的に生きる中できっと出会えるのだと思います。もうすぐやって来る夏休み、お子さんと共に、互いの弱さを認めながら、一緒に乗り越える努力ができるといいですね。
 
 
自然に備わっている力
2016-05-30
 今年も、無事に芋の苗植えを終え、成長を楽しみに水やりを続ける日々が始まりました。愛組さんはクラスでミニトマトと、枝豆を育て始めています。園庭には、昨年は実りが少なかったざくろが見事なオレンジ色の花をたくさん咲かせていますし、先日の遊び時間には、トトロの森で赤く熟れたグミを採って、子どもたちがおいしそうに食べていました。
 いつまでも寒いと思っていたら、急に暑くなったりと変な天候の変化に人間の体はなかなかすぐには順応しませんが、時期になるとそれぞれに花を咲かせ、実を付ける自然の植物を見ていると、自然に備わっている力はすごいなと感心させられます。
 お芋も、愛組さんのミニトマトや枝豆も、植物が本来持っている生きる力を邪魔しないように上手にサポートしてやり、今月の聖句のように「育てて下さる神様」に感謝し、みんなで収穫の喜びを共有できるといいなと思います。
 そんな事を考えていた頃にいつも読む新聞のエッセイに、同じような内容を見つけました。心理学者の先生らしく、「大事にしすぎてかえって自然に備わっている力を失わせてしまうのは、子育てでもしばしば気になることだ」と続きました。何事もよく気が付き、よくできるいい母親と感じていた女性に育てられた娘さんが、母が完璧すぎてすっかり頼ってしまい、何でも自分では決められず、母親の判断を仰ぎ、自分は自立できないんだと、嘆いていると書かれていました。
 親が、良かれと思ってしてやったことが、自然に備わっっている子どもの力をいつの間にか妨害し、うまく使えなくしてしまったのです。親として何か働きかけよう、与えよう、そうすることが「育てる」ことだと思い込んでいたのです。過ぎたるは及ばざるがごとしです。水をやり過ぎて根腐れを起こしたり、肥料を与えすぎて、葉ばかり育ったりするのと同じです。
 大切なのは、子どもの姿をよく観て、与える前に一歩引いて考え、一人で育っていく力を蓄えるために、本当に必要なことは何か見極める力を、まず親が得ることです。そして、子どもの力を信じ、「育てて下さる神に」委ねる勇気を持つことも、今、子どもと関わるおとなに求められているのだと思います。
 
 

7月便りより

7月便りより
学校法人めぐみ学園
めぐみ幼稚園
〒750-0009
山口県下関市上田中町2-13-26
TEL:083-222-7356
FAX:083-222-8305
------------------------------
・幼稚園
・通常保育
------------------------------
090650
<<学校法人めぐみ学園めぐみ幼稚園>> 〒750-0009 山口県下関市上田中町2-13-26 TEL:083-222-7356 FAX:083-222-8305