本文へ移動

園だより「巻頭言」

「巻頭言」

RSS(別ウィンドウで開きます) 

9月巻頭言

2021-08-30
 夏休み前半はうだる様な真夏日の連続、後半は打って変わって線状降水帯の出現が続きました。その上コロナ状況は心配の度合いを増しましたので、子どもたちはどうしているかなあと思う日々を過ごしました。おとなにとっては心の晴れない夏休みだったことでしょう。
 そのような状況でも、子どもはきっと何かしらに喜びを見つけ、いつものように笑って、時には泣いてという、普通の日々を過ごしていることを願っておりました。子どもは、落ち着いたいつもと同じ日常を、かえって好んだりもします。そんな日常を大切に過ごして欲しいという思いも込めて、お渡しした「夏の生活表」も親子で頑張って仕上げてくださったことでしょう。
 さて、2学期の始まりです。長いお休みを経て、しばらく振りに子どもたちに会うと、その変化にいつも驚かされます。たとえば、ほっぺがぷんとしていたのに、顔立ちがシュッとしておとなっぽくなっていたり、背が伸びていたり、言葉使いに変化があったりいたします。そんな嬉しい成長の驚きに満ちた始園日を楽しみにしています。教師たちは成長した子どもの変化にも対応できるように、環境だけでなく、心も新たにし登園を待っています。
 
園長  角田 郁美
      

7月巻頭言

2021-07-02
 子ども達全員が植えた芋の苗も、愛組さんが楽しみにしているヒマワリも、雨をたっぷり頂いたことで根付き、このところの晴天で葉が茂り立派に成長しています。
 一方、夏日の気温が、登園したばかりの子どもたちの額に、薄っすらと汗ばませている今日この頃です。こまめに水分をとるのはもちろん、体操の時間にはマスクを外し、スポーツドリンクを補給して、暑さに対処しています。
 さて、幼稚園のホームページ 人格の実り のサークルからお送りするシリーズの最後は、「柔軟な心」を習得し「主体的に生きる力」となることについて考えましょう。
 我が子に、無事な人生を送ってほしいと願うのは当然の親心です。ただ、無事を願うばかりに、手を貸し続けていると、子どもは一人では何もできないまま年齢だけ上がってしまいかねません。私達が人生のさまざまな局面に対応していくには、一体どんな力が必要なのでしょうか。私は、跳ね返すような力強さより、受け入れる柔軟さが大切ではないかと思っています。
 おとなは、正しいことや、手際よくすることを知っているばかりに、なかなかこの「柔軟な心」を持てないでいることが多いように思います。或いは自分の考え方(・・・)に固執して、「もうひとつ」に思いが至らないのかも知れません。赤ちゃんから世話をしてきたひとつのやり方を、子どもが成長してからも変えられずにいると、子どもも、おとなも行き詰ってしまうことでしょう。子どもの発言(考え方)や行動を受け入れることは、子どもが「もうひとつ」の考えを学習し「柔軟な心」を持つ者に育つ鍵になるばかりか、子どもから学ぶ柔軟な母親にもなるチャンスなのです。
 めぐみの子ども達は「自分を育てる力」を敏感期に邪魔されず使い、「決断する力」を存分に繰り返し、振り返りや結果を考える体験を毎日積み重ねています。こうした体験の多さが、様々な場面に対応できる「柔軟な心」を育て、自分で考えて行動するという「主体的に生きる力」となるのです。
 
園長  角田 郁美
                                                                
 

6月たよりより

2021-06-01
 驚きの早さで梅雨がやってきてしまいました。久しく言われ続けている温暖化がますます進んでいるかと心配で、梅雨の雨と相まって気持ちが曇ります。
 でも子ども達は、雨降りに傘を広げては喜び、湿り気を好むダンゴムシを片っ端から捕まえるのに夢中になり、カタツムリを見つけては「中に入ってるよ!」と得意げに見せてくれます。子どもは本当にその時を楽しむ能力が高くて、驚かされます。
 さて、シリーズで触れている、幼稚園のホームページの 人格の実り のサークルから、今月は「決断する力」について考えます。
 めぐみ幼稚園の子ども達は、お仕事を「選ぶ」ことを通して毎日「決断」を繰り返しています。小さければ小さいほど、子ども時代はおとなの選択に従うことが多く、自分で選ぶチャンスがなかなか巡ってきません。そして、自分の意志が芽生えた時期を過ぎてもなお、おとなから指示を受ける頻度が高過ぎる子どもは、残念ながらいつしか自分で「決断」しなくなってしまいます。対照的に二才児つぼみから光組に至るまで「選ぶ」ことを体験し続けるめぐみ幼稚園の子どもはその「決断」を 通して、自信と前向きさを手にすることでしょう。
 「選ぶ」ということは、興味があるということです。興味のあることをすると「集中」が起こります。「集中」が起こると、必ず子どもの内面が安定していきます。「決断」をすることで子どもは多くの実を結びます。
 また、決めたことには必然的に責任が伴います。幼稚園では、自分でしたお仕事を次にする人に配慮して元通りに戻す、という行為を繰り返すことで、責任という言葉を学ぶ前から身に付けていくのです。
 自分のことは自分でしたいと思っている幼い時期から、選んだものが尊重され、上手にできないところだけ手助けして(教えて)もらっていると、自分でどんどんできるようになるのですから、おとなはそれを根気よく保証し、そして楽しんで見守っていればいいのです。
                              
園長  角田 郁美 
                                              
 
 

5月巻頭言

2021-04-28
 
 子ども達はこれまで私を「角田先生」と呼んでいましたが、園長になってからは律儀に「角田園長先生」と呼び直してくれる子もいます。呼ぶ方も呼ばれる方も慣れないでいるうちに、つつじの頃となりました。春から初夏へと季節は向かっているのでしょう。ただ、急に二〇度を超えたかと思うと、上着を着ないと寒い日があったりで 季節の変わり目は気まぐれです。ゆるやかに季節が移ろうことが少なくなり、ふり幅が大きいのは近年の特徴のようで、体調管理が難しいところです。
 さて、4月の巻頭言で、幼稚園のホームページから 人格の実り について書きました。今月はそのサークルにある「自分を育てる力」について考えてみたいと思います。
子どもには、この力が生まれながらに備えられるのではないかと思います。動けるようになると、見えた物に突進し、何でも外に掴み出し、そして手で触り、口で確かめます。子どもの内面には、自分がどんな動きをすれば成長するのかが、すでに組み込まれているかのようです。時におとなが困るようなことであっても繰り返し、集中しないではいられない様々なことがあるようです。
 こうして子どもは内面の欲求を満たしながら「自分を育てる力」に置き換えているのでしょう。めぐみ幼稚園の「お仕事」の時間はそのことの為に設定されています。こうした衝動とも思える要求が、満たされれば満たされるほど、「自分を育てる力」に成り、落ち着き、優しく人のことにも力を使えるようになるのでしょう。それが更に確かな「生きる力」に成るのです。
 二度と現れないこの特別な時期「敏感期」を大切にしたいと願っています。
                          
園長  角田  郁美

4月巻頭言

2021-04-12
  入園、進級おめでとうございます。心よりお喜びを申し上げます。
様々な花が咲く美しい季節となりました。春になって一番に幼稚園に来てくれるのは、準備保育の新しい花組さんです。彼らのことを思いながら冬のうちに植えたチューリップが今、花盛りとなって、初々しい新花組さんを先日迎えました。
 幼稚園は新しい体制でスタートを切りました。それぞれの持ち場でスタッフ一同、新学期に向けて準備万端整うよう、抜かりがないように連日打ち合わせ、幼稚園の中も外も、環境を整えました。進級してやってくる子ども達の笑顔を楽しみにして、待っているところです。ただ、一度整えた環境も、子ども達の実際の動きに合わせて、よりふさわしい形へと変えていける柔軟性が、私達スタッフに求められることの一つでしょう。 
 めぐみ幼稚園のホームページを開くと、園舎の写真を囲んだ○と→の図があります。その一つである 人格の実り には、「自分を育てる力」「決断する力」「柔軟な心」を習得し「主体的に生きる力」を子どもが持てるよう教師が働きかけるという主旨のサークルがあります。子どもにそのような力が実るよう、教師は、子どもを愛し、信じ、祈りながら、毎日の保育に当たります。また全スタッフがそれを支える覚悟です。
 今年度も、どうぞよろしくお願い致します。
 
園長  角田 郁美
学校法人めぐみ学園
めぐみ幼稚園
〒750-0009
山口県下関市上田中町2-13-26
TEL:083-222-7356
FAX:083-222-8305
------------------------------
大きな地図は交通アクセスページからご覧ください。
TOPへ戻る