教育目標並びに学校評価について

 

教育目標について

教育目標について
 
【教育目標】
 神に愛され、各自使命を持ってこの世に送り出された子どもが、キリスト教を根幹とした教育プログラムにより、心と体を豊かに育み、「平和を愛し」「平和を創り出す者」となるための土台を作る保育をする。

【教育方針】
 本園は、キリスト教を保育の根幹に据え、一人の人格として子どもを尊重し、愛に基づいた人格形成を目指す。

1. 人格の土台作りに力を注ぐ
 自立・自律・愛する力を身に付けるよう、子ども一人一人を大切にし、子どもが自由に力を使えるよう援助する。

2. 社会性の育成
 自分を認め、他者の事も大切に考えることができるよう「愛」による人間性を深め、自分の力を自分のためばかりでなく、他者のためにも喜んで使える者としての成長を目指す。

3. 家庭との協力
 一貫性のある整った環境は、幼児期のより良い成長にとっては欠くことのできない要素である。  
 幼稚園と家庭が、子どもの心身の成長のために一致協力していけるよう連携を心掛ける。

【目指す子ども像】
1. 自分を認め、他者のことも大切に考えることのできる子ども
 「ありがとう」「ごめんなさい」が素直に言える。

2. 自分で考え、自分で選び、実行していける子ども
 自分の気持ちを、自分の言葉できちんと伝えることができる。

3. 自分をコントロールし、正しい状況判断ができる子ども

4. 自分のためにも、他者のためにも喜んで力が使える子ども

【保育の特色】
1. モンテッソーリ教育の実践
 ・ 日常生活の全般を通し、自立を学ぶ。
 ・ 感覚を磨き、五感を育てる。
 ・ 個々の内に与えられている力を知り、その力を使う喜びを体得する。

2. 縦割りクラスによる活動
 ・ 日常の多くの時間を縦割りで過ごすことにより、自分の力を他者のためにも使える喜びを、日常の体験を通して自分のものとしていく

3. 横割りクラスによる活動
 ・ 同年齢の友だちとの自由な活動を通じ、それぞれの年齢に応じた表現力や運動機能、遊びを通してのルールや協調性を身に付ける。
 
 

学校評価について

学校評価について
 
2018年度 評価結果公表シート
1. 本年度に定めた重点的に取り組むことが必要な目標や計画をもとに設定した学校評価の具体的な目標や計画
 
(1)  教師は園生活のすべてにわたり園児一人ひとりをよく観察し、子ども達が「自立」「自律」を身に着けられるよう、保護者の方とも協力し、適切な援助を行う。
(2 ) 子ども達が、神と人々から愛されている存在であることを知り、自分を認め愛する心、また他者を認め愛する心を持てるよう導く。
(3 ) 子ども達が自分に与えられている力を信じ、五感と運動能力をさらに磨き、自分のためにも他者のためにもその力を使えるよう教え導く。
(4 ) 子どもが遊びを通し、自由な発想や発見を楽しみながらより豊かにしていけるよう援助する。
    また、集団遊びにより社会性や仲間意識を高められるよう導く。
(5)  各行事を通し、子どもが楽しみながら頑張る力や社会性を育てることができるよう援助する。
(6)  園と家庭が互いに理解を深め、子どもの心身の成長のためにより良い援助者となれるよう、家庭との連携を密にしていく。
(7) 子どもが安全かつ安心して園生活を送れるよう、園舎及び園庭の環境整備を行うと共に、園よりの一斉メールを活用し、防犯・防災情報の発信にも努める。
(8 ) ホームページやブログ等を活用し、園での子ども達の様子を少しでも伝えられるよう努める。

2. 評価項目の達成及び取組状況
 
           評 価 項 目                 結果 
(1)  園児が園生活を楽しめている        ( A  )
(2)  園児の中に自己肯定感が育っている     (  B ) 
(3)  園児が良好な友達関係を築けてい        ( A )
(4)  園児の基本的生活習慣の育ち                 (  B ) 
(5)  園児の中の自立心・自律心の育ち          (  B )
(6)  教師の園児への対応・援助について         ( A ) 
(7)  園の家庭との連携について                   ( A ) 
(8)  園のいじめ防止対策について                    ( A )
(9 ) 園の教育目標等を伝える努力について        ( A  )
(10 ) 園の保育参観の設定・回数について         ( A )
(11)  保護者からの意見への対応について         ( A  )
(12) たよりやホームページの活用について       ( A )
(13)  園の行事の充実度・保護者の協力           ( A )
(14)  園の施設整備、環境美化について       ( A ) 
(15)  園の安全に関する取り組みについて    ( A ) 
 ※評価の根拠 保護者アンケートの結果 肯定的評価が90%以上のものを(A)
        おおむね達成されているがさらに努力を要する課題があると考えられるものを(B)とした。

3. 学校評価の具体的な目標や計画の総合的な評価結果   [ B ]
 
【 評 価 理 由  】
  本年度の目標として設定した8項目について、保護者アンケート結果等を参考に振り返ってみると、園児・保護者共に友達関係や行事等を含む園生活については、今年度も概ね満足のいく結果であったと思う。
  園が目指している子どもの「自己肯定感」「自立」「自律」の育成という点では、年齢と共に育ちは感じられるものの、「ややそう思う」の方が比率としても高く、今後更に家庭と連携し育成に努める必要性を感じる。
  また、ホームページの有効活用や、安全に対する指導の周知徹底についても今後さらに努めていきたい。このように、保護者の園に対する評価が、安定して良好であることは偏に教師陣の努力の賜物と感じている。
   但し、次年度の園児募集については、新入園児が7名に止まりで希組からの進級組と合わせても11名という現状であり、満3歳児の予約者5名を加えても今年度よりもさらに3名減小という、厳しい状況となってしまった。
  新制度への移行をしたことで人件費面での経営改善は見込めるが、園児の成長のためにも、これ以上の減員は許し難い状況である。外に向けての発信力の弱さを補うよう努めるとともに保育料無償か時代を迎えるにあたり、運営面でも見直しの必要を感じている。
   また、園開放事業やホームページの工夫もし、次の園児募集に向け努力をし、一人でも多くの園児獲得に努めることが求められる。
   また、今年度行った耐震診断に基づき次年度以降の耐震補強工事について具体的に検討したい。
   保護者アンケートとともに保護者より出た質問や要望についても回答のとおり改善できるところは改善に向けた取り組みをしていきたい。
 
4. 今後取り組むべき課題と取り組みについて
 
・園児の「自己肯定感」「自立」「自律」の育成 
  園児が、自分の良さに気付けるような声掛けが日常的にできるよう園でも努めると共に、「自立」「自律」への意識向上のためにも、園生活での働きかけに止まらず、家庭との連携を強化し、より良い援助の在り方等について保護者の意識向上に努める。
・ホームページ等の有効活用 
 「保護者のページ」等を更に充実させ、園児の活動の様子や園の情報公開に努め、保護者や幼稚園をお探しの方に園の様子がより良く伝わるよう努める。
・安全教育の充実 
  園児の防災・防犯意識を高め、いざという時に迅速な動きが取れるよう地区の消防署や警察とも連携し、まず教職員の意識向上、防災・防犯計画等の周知徹底に努める。
・環境の整備 
  園舎及び園庭の安全管理に留意し、環境の整備に今後も取り組んでいく。
・学校評価の共有 
  学校評価アンケートを実施し、園の運営状況等についても教職員やPTAとも共有し、より良い園の教育活動に活かせるようなものにいていく。
・園児募集への努力 
  園児獲得のために、何をすべきかを教職員間で検討し、一人でも多くの園児を確保できるように努力する。
 
5. 学校関係者評価委員会の意見
  
   2019年2月13日(水)に委員会を実施し、委員から園の保育内容及び取り組みについては安定的に高い評価を得ておりA判定でも良いと思われるので、今後とも積極的に実践してほしいとの意見をいただいた。しかしながら、この数年の園児数の低迷については、少子高齢化の時代ではあるが、経営的安定のためにも、募集の際のパンフレット等にもっと園の本質(目に見えない良さ)を知っても
らうための工夫と努力が必要との意見をいただいたので、今後に生かしていきたい。
 
学校法人めぐみ学園
めぐみ幼稚園
〒750-0009
山口県下関市上田中町2-13-26
TEL:083-222-7356
FAX:083-222-8305
------------------------------
・幼稚園
・通常保育
------------------------------
086434
<<学校法人めぐみ学園めぐみ幼稚園>> 〒750-0009 山口県下関市上田中町2-13-26 TEL:083-222-7356 FAX:083-222-8305