めぐみ幼稚園紹介

 

どんなことを大切にしているの?

どんなことを大切にしているの?
 
個を大切に、子どもの心と体を育てます。
 一人ずつ異なる、心と体に必要な援助が、丁寧で適切であったなら、子どもは『豊かな人格の土台』を手に入れることができるはずです。そして、それはその子の一生の宝となるでしょう。
 めぐみ幼稚園では、そのためにモンテッソーリ教育を取り入れ、きめ細やかな保育を実践しています。 
 個を大切にされた子どもは、他をも大切にし、お友達とも協調できるようになります。
めぐみ幼稚園の保育が目指す四つの心は・・・
 
『自立』・・・自分で考え、自分で判断し、適切な選択ができるように。
 
『自律』・・・自分をコントロールし、正しい状況判断ができるように。 
 
『愛する』・・自分を認め、他者のことも大切にすることができるように
 
『平和』・・・自分のためにも、他者のためにも喜んで力を使えるように
 

めぐみの自慢

めぐみの自慢
 
自分で選ぶって素敵!
借りた本は、家でお母さんやお父さんが読んでくれて嬉しい~
☆充実した図書室
厳選された4千冊に及ぶ絵本・児童図書を持つ図書室があり、
図書活動に力を入れています。
子どもたちは、毎週水曜日に、自由に本を選び、2~3冊の本を
借りることができます。
 
きりで真っすぐ穴をあけるぞ!
年中さんになったら、大工ができるんよ!!
☆楽しい大工作業
第1園舎の地下室に『アトリエモグラ』という大工室があります。
こども達は本物の金づち・のこぎり等を使って作品を作ります。
サンドペーパーで、子どもたちが磨き上げた木肌の感触には、
作品に対する子どもの思いが感じられ、格別です。
 
トトロの森にきたみたい
恵まれた自然
子どもは自然が大好きです。園庭は自然の地形そのままを活かし、起伏に富んでいるので様々な体験ができます。季節ごとに咲く自然の花々、木々からこぼれ落ちる木の実、大きなカタツムリやダンゴ虫、園庭には、子どもの心をワクワクさせる自然がたくさんです。
 
 
明治期の洋館
2才児「つぼみ」のお部屋があるの。
園舎は国の登録文化財
 三つある園舎のうち、一つはアメリカ開拓時代の趣を感じさせる洋館(図書室とつぼみのお部屋があります)、一つはかつて教会であった建物(下の写真)、この2棟が登録有形文化財にもなっています。
このような昔の趣を残した園舎は、木肌の優しさと共に、それだけで人の心を落ち着かせてくれます。
 
 

園の外観写真

園の外観写真
 
ピンクの壁に青い屋根
 

クラス構成

クラス構成
 
子ども達は2つのクラスに所属します。
縫ったり、切ったりは人気のお仕事です。
紙で上手に縫えたら、布で刺繍もできるのよ
☆縦割りクラス(異年齢クラス)
満3歳児から年長児までのこども達で構成され、作業や食事、
帰りの集まり等の活動をします。
年長児が年少児や満3才児のお世話係として面倒を見ます。
 
今日のお集まりは、絵を描くよ。
☆横割りクラス(同年齢クラス)
年長児「光組」年中児「愛組」年少児「花組」満3才児「希組」の
4クラスがあります。
年齢別に、音楽・体操・集まり・スイミング等の活動をします。
音楽・スイミングは、専門家の指導を受けられます。
 

1日の流れ(曜日や行事によって多少異なります。)

1日の流れ(曜日や行事によって多少異なります。)
 
登園~10時まで
縦割りクラスで自分の力を使ってする「お仕事」
モンテッソーリ教具での活動・絵本読み・大工室で木工の3つの場を自由に選択して活動します。
モンテッソーリ教具での活動では、ひとり一人の興味や関心に合わせて、子どもが教具を選び満足するまで活動します。
 
10:30~11:30
体操大好き!
横割りクラスでの活動
音楽・体操・集まり(絵画等設定された活動)をします。
毎週水曜日はたっぷり遊びを楽しみますし、
金曜日にはスイミングに行きます。
 
 
11:45~
お弁当も給食もおいしい!
代わりばんこで、お昼の当番もするの
昼食・遊び時間
縦割りクラスで、班ごとに分かれてお昼ご飯を食べます。
年長児が年少児のお世話をしてくれます。
火曜はご飯給食・木曜はパン給食
月・水・金は、お母さんの愛情たっぷりのお弁当!
食後の歯磨きが済んだら、お帰りの集まりまで遊びます。
   
13:15~

お帰りの集まり

園バスクラスと、歩きクラスの、縦割りで活動します。

お当番さんが、帽子や肝油を配り終わったら、先生から翌日のお知らせを聞いたり、

お手紙を配ってもらったり、帰宅の準備をします。

準備が終わると、手遊びをしたり、歌ったり、時にはダンスをしたり。

降園時間までを楽しく過ごします。

 
14:00~
降園
歩きコース2グループ(新町4丁目付近までと、上田中町のセブンイレブン付近まで)
園バスコース1グループに分かれて、教師が引率して降園します。
(年少児のみ、1学期水曜日は午前中保育の自由登園日となります。)
 

年間行事

年間行事
 
   月・・・対面式・家庭訪問(年少児)
 月・・・芋の苗植え
   月・・・親子遠足(年中・年少)・バス遠足(年長「いのちのたび博物館)
   月・・・お泊まり保育(年長児)・夏期保育
10月・・・運動会、芋掘り、KIDS★カーニバル
11月・・・幼児祝福式(年長児)年中・年少児参列
12月・・・クリスマス礼拝
 月・・・もちつき、わくわく参観日
   月・・・お買い物ごっこ
   月・・・卒園式・お別れ遠足(年長児)
 

心強いシステム;「通園バス」・「預かり保育」・「課外教室」

心強いシステム;「通園バス」・「預かり保育」・「課外教室」
 
通園バスでの送迎があります。
おとなみたいに、バスチケットを出すのよ!
路線バスと同じような体験が できるように工夫しています。
在園児の通園状況により、コースには変更があります。
子どもの体力的なことを考え、乗車時間が1時間以内になるよう
コースを調整しています。
現在のコースについては、入園案内のところをご覧ください。
詳しくは園にお尋ねください。
 
 
 
園児はこのバスが大好き!
 
 
 
バスの中では、先生が本を読んでくれたり、なぞなぞしたり・・・お友達との話に花が咲きます。
 
預かり保育も充実!!
ちいロバの先生は、工作の名人よ!
幼稚園も楽しいし、ちいロバもうんと楽しい。
基本は、降園後~午後5時までですが、
ご家庭の非常時には最長午後7時までお預かりできます。
預かり室は、「ちいロバの部屋」と呼ばれ、畳敷きの家庭的な
雰囲気の部屋で、工作名人、遊ばせ名人の先生の下、異年齢の
子供たちが入り混じって楽しい時を過ごしています。
  月極めだけでなく、単発利用も可能です。
  利用料は、月極め 6,000円、単発 1回 500円です。
 
課外 音楽教室
合奏って、たのしい!!
 幼児期に、音楽を身体全身で体感し、様々な楽器に触れ、音の楽しさ、美しさを感じ、その感動を表現する喜びや、一つの楽曲を完成した時の達成感を味わうことによって、子どもたちは更に豊かな感性を手に入れることができます。
 当園では、保育の中でも音楽の時間を年少児から設定して行っていますが、それを補うものとして、年中児と年長児を対象とした課外の音楽教室を行っています。保育でも音楽を担当している講師による指導なので、子どもたちはいつもと同じように楽しく取り組めています。
 

概要

概要
  名  称 学校法人めぐみ学園めぐみ幼稚園
  所 在 地 〒750-0009 山口県下関市上田中町2-13-26
  電話番号 083-222-7356
  FAX番号 083-222-8305
  代 表 者 理事長・園長  藤原 敦子
  教 職 員 数 17名(教員13名、職員4名)
  定 員 数 100名
  ク ラ ス 年長、年中、年少、満3才児
 *1才半~2才に対応した保育施設「つぼみ」もあります。
  保育時間 8:30~14:00が基本です。
  休  日 土、日、祝日 および春・夏・冬休みあり
 

沿革

沿革
  1953年4月 県知事公認「下関バプテスト教会付属めぐみ幼稚園」設立
  1975年 モンテッソ―リ教育本格採用
  1984年9月 「学校法人めぐみ学園めぐみ幼稚園」認可
  1998年 2才児保育施設「つぼみ」本格スタート
  2000年4月 預かり保育開始
  2007年5月 第一園舎及び第二園舎 国の登録有形文化財となる
 

交通アクセス

交通アクセス
 
住  所:〒750-0009 山口県下関市上田中町2-13-26
アクセス:●新町3丁目バス停 徒歩約3分
 

入園に関する詳細はこちらまで

入園に関する詳細はこちらまで
 
  弟妹入園の場合は入園料の一部割引があります! 今すぐ上のボタンを
学校法人めぐみ学園
めぐみ幼稚園
〒750-0009
山口県下関市上田中町2-13-26
TEL:083-222-7356
FAX:083-222-8305
------------------------------
・幼稚園
・通常保育
------------------------------
073794
<<学校法人めぐみ学園めぐみ幼稚園>> 〒750-0009 山口県下関市上田中町2-13-26 TEL:083-222-7356 FAX:083-222-8305