ときどき日記

   
  こちらでは、ちょっと可愛い(?!)似顔絵による職員・スタッフの紹介と、
 ブログでは、毎月の園便りから園長の巻頭言、そして、その時々の幼稚園の様子やおもしろエピソードなどを教職員が交替でご紹介します。  乞う、ご期待!!
 

スタッフ紹介

スタッフ紹介
 
園長
園長
 
 
はな組(年少)担任 
はな(年少)組担任
 
 
ひかり組(年長)担任
ひかり組(年長)担任
 
 
あい組(年中)担任
あい組(年中)担任
 
 
のぞみ組担任
のぞみ(満3)組担任
 
 

園のスタッフによる ときどき日記

園のスタッフによる ときどき日記
フォーム
 
2015年度 対面式
2015-04-22
 新学期が始まりました。
1学年大きいクラスに進級した子どもたち、3月より顔つきもお兄さんお姉さんになっています。
 
 新しいお友達、花組さん・希組さんも 入園早々 雨の日が多く、傘をさして坂を歩いてくるのも大変でしたが、頑張って登園し、「いってきます」と、お母さんとお別れして、お仕事をしたり、集まりをして過ごしています。
 お母様も、大丈夫かなぁ…と、まだまだ心配な気持ちで送り出されているかもしれません。
 
 今回は、4月20日(月)・21日(火)に行われた、光組(年長)・愛組(年中)さんと入園してきた花組・希組さんとの対面式の様子をお伝えします。
 
 式の最初は、光組が「スキップ」 の歌、次に愛組が「幸せなら手をたたこう」 の歌を、プレゼントしました。
 大きい声で楽しく歌え、花組・希組さんも目をキラキラ、リズムに合わせて体を揺らしながら聞いてくれました。
 
 続いて、お世話さんの紹介   
 (花組・希組さんが、色々なことを一人でできるようになるために、お手伝いをしてくれる光組と
  愛組さんです。)
 お世話のお兄さん、お姉さん一人ずつ立ちます。(ちょっと緊張
 「ぼくの(わたしの)名前は、○○です。お世話をする花組(希組)さんの名前は○○です」と
 立派にあいさつ
  花組・希組さんの名前を呼んで、折り紙のペンダント(一生懸命折りました)をプレゼント。
 「よろしくね」と目と目を合わせて握手 一緒に座りました。
 
 お世話する花組・希組さんとの出会いを、とても楽しみにしていたお世話さんたち。
 ニコッと微笑む花組・希組さんたち。
 このやり取りは、と~ってもかわいくて、心がほんわり優しい雰囲気に、包まれました。
 
 これから1年間、一緒に過ごすことができます。お弁当を食べたり、遊んだり、お帰りをしたり、楽しく過ごしましょうね。 
 
大工室奮闘記
2015-01-16
「明けまして おめでとうございます。今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。」
 
11月の終わりから、しばらくぶりの大工なので、どんな感じかなぁ~?といろいろ思いながら、
子ども達を待っていると・・・
 
「おはようございまぁーすっっ!」と、元気のいい声で、朝の挨拶から始まりました。
それに応えて私が、次に掛ける声は
「大工のお休みが長かったから、何したらいいか覚えてるかな? わかんなくても大丈夫 
  自分のトレーをよーく見てね!   ちゃーんと見たら、何をするかわかるからね!」
「はい、それじゃ始めましょう。」すると、私の話に応えて自分の棚に向かいます。
それから、トレーの上の材料をじ~っと観て ピン!わかったら、「みがきます。」とか
「きり穴あけだー.」や「くぎ打ち~?」と私に伝えてきます。
  ! それでは必要な道具を出して始めてください。
 
 大工の作業
すこししたら「こんな所はどうやったらいいですか?」と私の隣にやって来ました。
それは、角が合っていなくて、みがきづらい所を見つけ、どうやったら上手にみがけるかという
質問のためでした。
  いいところに気が付いたね いいぞ!すごいぞ!
 
ムムムッ?!
「わかりません。」「できません。」「せんせい てつだってぇ。」の いつもの3連発が
聞こえないぞ
 うんうん 自分でやってみるのが大事ってお話したもんね
 そう、そう、自信持って大丈夫
 
厚くて堅い木のきり穴あけの途中で「疲れたのでお水飲んで来ていいですか?」と聞いてきました。
  はい、いってらっしゃい "" 冷たいお水飲んでリフレッシュ
帰って来たら、もう一踏ん張りできるもんね。そうだよ、その調子
 
さぁー!3学期も大工頑張っちゃおう
光組さんは、大工最後の作品《卒園制作ダンプ汽車》
愛組さんは、自分とお世話さんのためのキーホルダー
完成が楽しみだね。
 
 お父さんお母さんへ
完成品を見たら、大工の腕前が挙がったことはもちろんだけど、
その腕前UPには心の成長が あることを見つけてくださいね
 
 
 
 
クリスマス週間…希組の場合… 
2014-12-19
クリスマス礼拝の2週間前から始まる「クリスマス週間」とは、クリスマス礼拝に向けて、みんなで準備をしていく期間です。クリスマスの意味を知り、深めていくことはもちろんですが、礼拝に参加するクラスが合同で練習したり、クリスマスの制作をし、会堂を飾ったりしながら、毎年、どんどんクリスマスの気分が高まっていく時で、わくわくどきどきの期間です。クリスマス週間中は、礼拝がおこなわれる教会もお借りしながら、それぞれのクラスが歌を歌ったり、言葉の練習をしたり、大忙しです
 
希組は、クリスマス礼拝には観覧の形で参加をすることにしていますので、練習の必要はありません。ですからこの期間は、いつもよりももっとのんびり、マイペースに過ごすことのできる期間となります
毎年、何をして過ごそうかなと思いを巡らせますが、興味の湧いたことをトコトン繰り返す希組ですから、こんなことをしようかな~というところまで準備して、後は、出たとこ勝負!今年はどんな反応をするのか楽しみにしていました。
たくさんエピソードはありますが、3つだけ、お知らせしたいと思います
 
クリスマス週間は朝から活動を始めますので、いつもの部屋ではお仕事ができません。そのため、第2園舎で過ごします。つぼみ在園の時も、希組の初めも第2園舎で過ごしていますから「懐かしい我が家」のように、とっても過ごしやすいのです。
久しぶりに入る保育室。きょときょろと見まわし一番に向かった先は、水を使うおしごとばかり…
小さな布を絞ったり、水を含んだスポンジを絞ったり、見ているこちらが寒くなる~と思いましたが、延々と濡らして絞る活動を繰り返し、最後にやっと「つめたいね~」と。赤くなった手を包み、さすりながら「水は冷たかったねー」と話しました。日頃はたくさんのおしごとに囲まれていますので、見えていないものもあるのでしょう、新しいお仕事にも挑戦している姿もあり、とても有意義な時間でした。
 
 クリスマスの制作もしました。今年は、子どもたちが「おしごと」でとても上手にしている「糸かけ」の活動を利用したツリーを作りました。台紙に張り紙をしたあと、ピンキングばさみで三角に切り取ってもらったものに、糸をかけていきます。どんな三角にしたいか希望を聞いてから切り取ったのですが、想像以上にこだわりがありました。
「でっかいのがいい」 「でぶっちょのがいい」 「ちっちゃいの、いっぱいする
糸をかけた後、木に見立てたトイレットペーパーの芯の長さを決めて挟んで出来上がりとっても可愛く仕上がりました~。時間もたっぷりありますから、好きなだけ作り、たくさんできました。できたツリーは教会の会堂に飾ったのですが、予定していたスペースでは入りきらなかったほどです。終園日に作品を持ち帰っていますが、一部はまだ教会のピアノの上に飾ってあります。たくさんの方の目にとまっているだろうな~と、また、嬉しく思っています。
 
そして、毎年恒例となりつつある「とうふだんごづくり」。こちらは、誰もいない新園舎の広ーい部屋をいっぱいに使って行いました。材料の購入から始まり、こねて、丸めて、ゆで、きなこにまぶし、食べた後は使った道具を片づけ、洗い、床の掃除まですべて行いました。あまりにも時間がかかるので、手伝ったほうがいいのかなと手を出そうものなら「ひとりでできる」と叱られてしまいました。煮え立つ鍋でだんごをゆでるのは危険だからと私がしようと思いましたが「やる、やる~」の声に負け、火を止めた上で直接手を近付けないで済むように、お玉に団子をのせて沈めるように入れることにしました。「あっついから、そ~~~っとね」と小声で伝えると、おしゃべりはピタリと止み、真剣な表情で取り組んでいました。なかなか経験することのないことでも、4人という人数であるからこそできるのだなあと希組ならではの「良さ」を改めて感じたのでした
 
 
11月8日(土) 幼児祝福式
2014-11-27
11月8日、教会にて光組の幼児祝福式が行われました

幼児祝福式とは、子ども達が生を受け、今日までの成長を神様に感謝し、
これからの無事を祈る式です。
 
祝福式に至るまでに、光組の子ども達ひとりひとりは、自身の内面に目を向け、
「乗り越えたいと思っていること、祈って欲しいこと」などを担任の先生と話す時を持ちました。
 
このことを考えるということは、自分自身と向き合うことになり、自分がこれから頑張らなければならないこと、努力しなければならないことにも向き合うことになります。
光組が当日話した言葉は、簡単に決まったものではありません。子ども達は、心の中で様々なことを思ったり感じていたりしても言葉で表すにはとても難しいことでした。
 
担任は、子どもがひとつひとつ発する言葉を大切にし、その言葉に対して質問を繰り返し、子どもの思いが正しく言葉として表されるように話し合いをします。その言葉は「こうなりたい!」と心から願う決意の表れでもあります。この話し合いをする過程の中で、子ども達は悩み、考えることができるまでに成長したのだと、感じました。
 
祝福式当日は、光組ひとりひとりが、沢山の人の前で自分の乗り越えたいと思っていること、祈って欲しいことを話すことができ、牧師先生に祈っていただきました。その話す姿はとても立派でした
 
花組は二年後、愛組は一年後にこの祝福式を行います。
どんな光組さんになっているのか今から楽しみです特に、愛組には、皆も光組さんになったら、同じように祝福式をするのでよく見ておいてね、と伝えました。実際に、祝福式後、「僕は、来年どんなお祈りをしてもらおうかな~」と楽しそうに話した子もいました。素敵な光組さんをみたからこそ、すぐにこの感想がでたのだと嬉しく思いました
 
お祝いの飾りを、希組はみのむし、花組はコスモス、愛組は葡萄を製作し、教会に飾りました。
光組の展示物は、自分の顔を描いたもの、赤ちゃんの頃の写真、現在の写真、色紙(手形・聖句)を展示しました。
 
手形をみると、赤ちゃん頃の小さい手からこんなに大きくなったんだな、としみじみ成長を感じるものでした。また、これからの光組さんが歩んでいく道を自分で考え、進んでいこうとする力強さも感じられる手形でもありました
 
 
収穫感謝の日
2014-11-04
10月22日(水)天気予報ではマーク…
お天気がとても心配された 収穫感謝の日。
朝からは、どんよりな曇り空でした
 
しかし、子どもたちの気持ちの準備はばっちりの様子!
リュックサックに体操帽子で登園してきた子どもたちの
表情はいきいきしているようでした
 「今日いもほりできるかねえ??」
「できたらいいねえ…」
そんなみんなの気持ちが届いたのか お天気はなんとか
持ちこたえ、収穫感謝の日がスタートしました
 
まず最初は、園庭散策と芋掘りです。
縦割りクラスの 第一園舎、新園舎にわかれて活動しました。
 
幼稚園には、果物の木がたくさんです
 園庭散策では、ひとつひとつ見てまわりました。
なかでも、幼稚園には3本ある柿の木ですが、
1本目も2本目も「この木の柿は渋くて食べられません」…
しかし、3本目は…「この木の柿は食べられます!」
子どもたちからは、とてもおおきな「えー!!!」の
声が聞かれ、うれしそうでした
 
芋掘りは「おいもはどこ??」とつるをたどっていって
一生懸命掘りました。
「みてみて―!」と自分で掘ったお芋を見せてくれる
みんなの笑顔はキラキラと輝いているようでした
初めての花組さんも、お世話の光組さんや先生に
教えてもらいながら、お芋が見つかると夢中になって
掘っていましたよ
 
これらの活動がおわった頃には、雨が降ってきたため
今年はなんとお部屋のなかでのお楽しみも…
運動会の親子競技の予定でした幼稚園バスに
お世話さんやお友だちと乗りました!
これがまたまた 楽しかったようです
 
さてさて 今年 収穫したお芋の数は…
大きい芋80個、中くらいの芋85個、
あわせて165個でした
光組さん、報告 ありがとうございました!
 
お昼も、外には出られませんでしたが、第一園舎に
敷物を敷き、お部屋で遠足気分
みんなで食べたお弁当はとてもおいしかったようでした。
 
また、来年もたのしみですね
 

園だより

園だより
フォーム
 
ぶどうの実(4月便りより)
2018-04-20
  私はまことのぶどうの木、あなたがたはその枝である。
  もし人が私につながっており、また私がその人とつながっておれば、
  その人は豊かに実を結ぶようになる   聖書「ヨハネによる福音書15章5節」

 これは、めぐみ幼稚園の教育理念の土台となっている聖書の言葉です。この聖句から園章も『ぶどう』になりました。
幼稚園はこの言葉に堅く立って、子どももおとなも「平和を創り出していく者となれるように祈りながら日々歩んでいます。
神様につながって一歩一歩歩むとき、『つぼみ』はやがて訪れる実りの時への『希』を抱き、『花』を咲かせ、優しい『愛』に包まれて、『光』輝く実を生らせるのです。

 どこかで読んだと思われる方も多いと思います。毎年出されている保護者の方の文集『葡萄の実』の表紙の裏に記載してあるものです。前任の園長が考えたものですが、『つぼみ』から『光』までのクラス名を織り込みながら、私たちの子ども一人ひとりへの思いをうまく伝えているなと思います。今回ちょっと『希』を織り込んでみました。

 いよいよ今年度が始まります。仕事始めの日に、牧師から聖書の話を聞き、教職員一人一人今年度への思いを語り、祈り合いました。教職員もそれぞれに新しいことへのチャレンジがあり、自分の前のハードルを一つ一つ越えながら、園にいる時には全力で子どもと向き合おうとしていることを感じ、共に支えあいつつ頑張ろうと思いを新たにしました。
 そんな私たちの原動力は何と言っても、子どもたちの前へ前へと成長しようとする姿です。こちらのちょっとした工夫や関りによって変化を見せてくれた時には、本当によかった、やったねと子どもと一緒に喜べます。行きつ戻りつのことももちろんありますし、失敗だったなと反省させられることもあります。でも、子どもはそんなおとなの頑張りをよく見ているし、よく感じてくれているなと思います。
 新学期、保護者の皆様にとってもちょっと緊張の季節かと思いますが、子どもたちのより良き成長のために一緒に頑張りましょう。今年度もよろしくお願いします。
 
お兄さんお姉さんになる思い
2018-03-02
 「一月は行く、二月は逃げる、三月は去る」と、昔から言われますが、学校現場に努めていると、特に強くそれを感じます。一年間のまとめの大切な時なのですが、子どもたち一人ひとりと本当にじっくり向き合えただろうかと思わされますが、子ども達の中では、着実に次への準備が進んでいます。
 「花組になる希組さん」、「愛組になる花組さん」と呼ばれると、子どもの背筋がちょっとピンと伸びるような気がします。自分よりも小さい人が入ってくる。自分はお兄ちゃんお姉ちゃんになるんだという思いは、今まで一番下で甘えていた気持ちをこれではだめだと修正させる力が働くようで、すごいなと思います。
 愛組の子ども達も同様に、最年長の「光組」という言葉に、独特のステータスを感じるようで、園の中でのリーダーとしての意識が育つように思います。お世話をすることや光組にしかできないことへの期待感があるのでしょう。「愛組の愛の力を持って、光り輝く光組さんになってくれるかな?」と、聞くと「なれる!」と、毎年力強く応えてくれます。そして、少しずつではありますが、頼もしい存在へと成長していこうとする兆しを感じます。
 光組の子ども達との日々は、本当にあとわずかになりました。楽しみにしていた行事が一つずつ終わっていき、後は卒園式とお別れ遠足を残すのみとなりました。そんな日々の中、小学校の仮入学前に、文関小の一年生から来た手紙は、卒園に向かう子ども達の良い刺激になったようでした。馴染のある子ども達からの手紙をじっと眺め、「漢字も書けとるし、すげえ」と感心した後で、「おれまだ漢字書けんけど、来年手紙書けるかなぁ」と、ぼそりと言いながら部屋に入っていく後ろ姿に、小学校への期待と不安を感じました。「大丈夫、みんなで勉強すればきっと書けるようになるよ。」と言うと、「うん、そうやね」とにこっと笑ってくれました。
 それぞれに自分を信じ、頑張る力を持てるよう祈り続けたいと思います。
 
 
思い出の幼稚園(2月園便りより)
2018-01-31
 第一園舎入り口横の内壁に、年長児が作った卒園式まであと何回幼稚園に来られるかというカウントダウンカレンダーがあります。すでに三〇日を切りました。子ども達は「あと何日になった」と言いながら、卒園までのまとめの時期を過ごしていきます。どんな思い出を胸に卒園していくのかなと思います。
 今年度クリスマス礼拝へ参加してくれた小学生へのプレゼントはめぐみ幼稚園カレンダーでした。空組に参加されている保護者の方のアイデアでした。写真を撮ってくれたのは大学生になった卒園児のHさんです。彼女が撮ってくれた沢山の園内の写真は、卒園児ならではの視点が感じられるものばかりでした。
 例えば、第一園舎と新園舎の間の通路や個人の道具を入れる引出しの棚、本読みの部屋に上がる階段、ジャングルジムから見た鎖山、通路の手洗い場等々、写真を見ていると自然にそこに子どもの姿がふっと現れるような気がします。もちろんお仕事の教具の写真一つ一つにも思い入れが感じられ、きっと魅力的に見えたり、一生懸命取り組んだりした思い出があるのだろうなと思わされました。
 写真にはそれを撮った人の思いが現れると、心動かされる写真を観るたびに感じます。教師が撮った写真にも子どもへの思いを感じます。「あなた方の心があるところに宝がある」という聖句をふっと思い出します。
 先日のワクワク参観日に、弟から招かれてきた中学生のK君も卒園児で、園舎を案内してもらった後の感想では「どれもみな小さいなと思いました」と言ったそうです。きっと幼稚園の時にはもっと大きく広く見えていたのにと思ったのでしょう。その言葉の奥に友達と走り回っていた思い出を感じました。小学生になっても自慢の幼稚園の園庭を友達に教えていた長男や、高校生になって久しぶりに第一園舎に入り、「ああ、幼稚園の匂いがする」と言った娘、今年の卒園児にとっても、そんな風に覚えていてもらえる幼稚園であれば嬉しいなと思う昨今です。
 
 
新たな一歩
2018-01-11
 年の初め、みなさんは何か心に留められた一言がおありですか。
 『初心忘れるべからず』という言葉がありますが、将棋で永世七冠を達成した羽生善治さんが、年末のある対談でこの言葉について語られていたのが、私は心に残りました。この初心という言葉は、物事を始めた最初の思いと取られがちですが、それのみでなく、節目節目で抱いた最初の思いということでもあり、自分はそれぞれのタイトルを手にした時、失った時、そういう節目の思いを大切にしてきていると言われていました。
 確かにその通りだと思いました。人は日々生きる中で変えられていきます。『日に新たに、日々に新たに』という言葉を私は子どもが日新中学校に入学した時に知りました。論語か何かにある言葉だそうです。一日一日を新たな思いで、一歩ずつ大切に歩んでいってほしいという願いがその校名には込められているのだと思います。
 順風満帆の日々ばかりではない、晴れの日もあれば、嵐の日もある。でも、次には必ず新しい一日がやってくる。それを信じ、新たな思いで、恐れず一歩を踏み出すことが自分の人生を生きるということなのだと思います。
 幼稚園の歩みもまた然りです。時代の波に翻弄されながらも、大切に守り続けるべき本質を見失わないように、節目の時、今の思いを忘れないでいたいと思います。
 今年も、子ども達の素敵な笑顔がたくさん見られるように、教職員一同、保護者の皆様共々に力を合わせて歩み続けていきたいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。
 
 
クリスマスに寄せて
2017-12-05
 今年は、クリスマス礼拝のメッセージにトルストイの民話を絵本にした『くつ屋のマルチン』を選びました。何度読んでも靴職人マルチンの人柄に心温まる、私の好きな絵本の一つです。また、読むたびにその時々で新しい発見があるのも良さだと思います。きっと読む時の自分の思いが違ってきているからなのでしょう。特に、聖話の時間、年長児と読みあう時には、子ども達の反応から考えさせられることも多くあります。また、子ども達にどう伝えればよくわかるだろうかと考える過程で、ハッとさせられることもあります。今年はお話の最後の所に書かれている次の聖句に目が留まりました。
  『 私の兄弟である 小さい者の一人にしたことは すなわち
    わたしに したことである。 』 (マタイ福音書二五章四〇節)
子ども達とこの聖句について考えたいなと思ったときに、「小さい者」という言葉が気になりました。神様が「お前を訪ねるよ」と言われたその日、マルチンが関わった人たちは、寒空の下で働いていたステファンじいさん、雪の降る寒い日に薄着で赤ちゃんを抱えていたおかあさん、リンゴ売りのおばあさんとそのリンゴを盗んでしまった男の子でした。
  その人たちに共通する小ささとは、と考えていた時、愛組の初めにした心の話を思い出しました。「そうだ、心だ」と思いました。寂しい心、悲しい心、困っている心、悪いと知っていても誘惑に負けてしまう心、自分のことでいっぱいで人を思う余裕を失ってしまった心、そんな時は自分の心がクチャクチャになって小さく縮こまって感じられます。これなら子どもたちにもわかるかもと思いました。案の定、子ども達は心が小さくクチャクチャッとなってしまう時については良く反応してくれました。そんな時どうしてほしいかも考えられました。祝福式の時のお祈りの言葉とも結びつきました。
   マルチンと関わった一人一人の中に神様がいてくださったように、その人たちはきっとマルチンの中にも神様を見ただろうね。みんなの中にも神様は一緒にいてくれるよと伝えると、真剣な眼差しで、うんうんと頷いてくれます。その子ども達に、改めて心の柔らかさ、素直さを感じ、「神の国はこのような者たちのものである」という聖書の言葉を思いました。同時に、子ども達は子どもなりに、心が小さく縮こまってしまった時に、助けてくれる存在を本当に求めているし、そういう人になりたいと思っているのだと実感させられ、おとなとして、私も姿勢を正された思いがしています。
子ども達からのメッセージを、クリスマス礼拝でお受け取り下さい。
 
学校法人めぐみ学園
めぐみ幼稚園
〒750-0009
山口県下関市上田中町2-13-26
TEL:083-222-7356
FAX:083-222-8305
------------------------------
・幼稚園
・通常保育
------------------------------
080791
<<学校法人めぐみ学園めぐみ幼稚園>> 〒750-0009 山口県下関市上田中町2-13-26 TEL:083-222-7356 FAX:083-222-8305