ときどき日記

   
  こちらでは、ちょっと可愛い(?!)似顔絵による職員・スタッフの紹介と、
 ブログでは、毎月の園便りから園長の巻頭言、そして、その時々の幼稚園の様子やおもしろエピソードなどを教職員が交替でご紹介します。  乞う、ご期待!!
 

スタッフ紹介

スタッフ紹介
 
園長
園長
 
 
ひかり組担任 
ひかり(年長)組担任
 
 
あい組担任
あい組(年中)担任
 
 
年少 花組担任
はな組(年少)担任
 
 
のぞみ組担任
のぞみ(満3)組担任
 
 

園のスタッフによる ときどき日記

園のスタッフによる ときどき日記
フォーム
 
収穫感謝の日
2014-11-04
10月22日(水)天気予報ではマーク…
お天気がとても心配された 収穫感謝の日。
朝からは、どんよりな曇り空でした
 
しかし、子どもたちの気持ちの準備はばっちりの様子!
リュックサックに体操帽子で登園してきた子どもたちの
表情はいきいきしているようでした
 「今日いもほりできるかねえ??」
「できたらいいねえ…」
そんなみんなの気持ちが届いたのか お天気はなんとか
持ちこたえ、収穫感謝の日がスタートしました
 
まず最初は、園庭散策と芋掘りです。
縦割りクラスの 第一園舎、新園舎にわかれて活動しました。
 
幼稚園には、果物の木がたくさんです
 園庭散策では、ひとつひとつ見てまわりました。
なかでも、幼稚園には3本ある柿の木ですが、
1本目も2本目も「この木の柿は渋くて食べられません」…
しかし、3本目は…「この木の柿は食べられます!」
子どもたちからは、とてもおおきな「えー!!!」の
声が聞かれ、うれしそうでした
 
芋掘りは「おいもはどこ??」とつるをたどっていって
一生懸命掘りました。
「みてみて―!」と自分で掘ったお芋を見せてくれる
みんなの笑顔はキラキラと輝いているようでした
初めての花組さんも、お世話の光組さんや先生に
教えてもらいながら、お芋が見つかると夢中になって
掘っていましたよ
 
これらの活動がおわった頃には、雨が降ってきたため
今年はなんとお部屋のなかでのお楽しみも…
運動会の親子競技の予定でした幼稚園バスに
お世話さんやお友だちと乗りました!
これがまたまた 楽しかったようです
 
さてさて 今年 収穫したお芋の数は…
大きい芋80個、中くらいの芋85個、
あわせて165個でした
光組さん、報告 ありがとうございました!
 
お昼も、外には出られませんでしたが、第一園舎に
敷物を敷き、お部屋で遠足気分
みんなで食べたお弁当はとてもおいしかったようでした。
 
また、来年もたのしみですね
 
ちょっとだけ特別な幼稚園
2014-09-12
長い夏休みが終わって、二学期が始まりました。
静かだった幼稚園に、また子どもたちのにぎやかな声が戻ってきました
 
ちょっと前の話ですが、夏休みの静かな幼稚園に
4日間だけ、にぎやかになる日があります。
 
それが・・・夏期保育
子どもたちにも「楽しい夏期保育があるよ~」と伝えていたのですが
「カキホイクって何だろう…??」と思っていた子も
きっと多くいただろうと思います。
そのせいか、久々の登園のせいか、楽しい夏期保育なのに、涙×2で幼稚園に来る子もちらほら…
だけど、「今日はいつもの幼稚園じゃないから帰ることもできるんだよ。」と伝えると
「幼稚園に行きます!」と泣きながら宣言する姿は、とってもかわいかったです
夏休みの間も、ちょっとずつお兄さん・お姉さんになっているのですね。
 
今年の夏期保育は、7月にスイカ割りと水遊び・海響館へ園外保育、
8月にかき氷つくり・シャボン玉遊びと、いつもの保育とは違う、ちょっと特別なことをしました。
 
8月の終わりにシャボン玉をした時のこと。
みんな思い思いにシャボン玉を飛ばしている子達の中で、数人の子がその場にしゃがみ込んでいました。
「どうしたんだろう…」と思って覗いて見ると、
地面にシャボン玉を吹きつけて、シャボン玉の山を作っていました
しかも4~5人で、そして黙々と
地面に吹き付けたシャボン玉の上に、器用に新しいシャボン玉を吹き付けて
少しずつ大きな山を作っていました。
こんなこともできるんだとビックリ。
そして、シャボン玉を一緒に吹いたり、友達が吹いたシャボン玉を割りあいこしたりして
普段の友達関係とは違うお友達と仲良くなれた子もいたようです。
  
二学期に入って提出してもらった「夏の生活表」には、
「夏期保育が楽しかったです。」と書いている子が沢山いて、とても嬉しかったです
 
さてさて、来年の夏期保育ではどんなことをしようかな??
楽しみですね。
 
 
 
 
おばちゃん!あのね・・・
2014-07-04
 
 ロ~ング ロ~ング あご~(それは昔の出来事…1年半前だけど
 
福笑いに興じていた満3歳クラスだったK汰くん。
身長差が80センチはある私を見上げながら、
 
「そこは、何?」
「んっ ここは<あご>だよ。」
「カタチがちがうっ」 
 「(むむっ)」
・・・しばし無言、お互いに・・・
「病院に行ったら?」
 
・・・その2日後・・・ 
「病院に行った?」
「いえ
 そこまで心配してくれとったっちゃね。ありがとーね!」
・・・・・たった2日でdietは無理でしょ・・・・・
 
 
顔にある線とは
 
我が同僚46才(F先生)に、顔を近づけたH人くん(6才)
 
「お顔のその線はなあに?」
「これは、ほうれい線っていうんだよ。」
「つまり、シワのことでしょ
「(はい、ご名答!意義なし!)」
 
ほんとは、
マリオネットラインについても
詳しく説明してあげたかったらしい。
・・・・・がんばれぇ~、アラフィフ女子(?)・・・・・
 
 
クリステル風「さ・よ・う・な・ら。」
 
さんざん楽しく遊ん(であげたつもり)だ挙句、
残り4・5分を若先生(この言い回しが昭和だが)と
選手交代した。
 
帰り間際、R真くん満面の笑みで
「カワイイ先生!さよ~ぅならあ~」とご挨拶。
 
そして、私が何とか振り絞ったかわいい声で
 「じゃあまたね、Rまくん。さよならっ
っと、挨拶すると、
「さ・よ・う・な・ら。」
 と、笑みもせず淡々と挨拶をし、職員室を後にした。 
・・・・・あ・り・が・と・う。 これが現実というものだね。・・・・・
 
 
とまあ、事務職員の上にも 
悲喜交々、オモロイ事が色々ございます。
 
もちろん、
オモロイ事を言っているのは
パワー全開の、めぐみの子ども達ですけれどねっ
 
でも、 それに負けないくらい 
頑張ってるのです。おばちゃん軍団は!
   エライぞ、アラフィフ、50代
 
 
 
園内散歩
2014-05-15
毎年恒例になっている光組と花組の園内散歩
今年は天候にも恵まれ気持ちよかったでしょうね。
光組さんがお世話の花組さんの手をしっかり握り、
花組さんの歩調に合わせて、
トトロの森や芋畑を案内しました
 
たくさん生っている梅の実を見上げていたら、枝にカタツムリを発見したり、
レモンバームを摘んで「レモンの匂いがするね」と顔を見合わせ嗅いでいたり…
それぞれのペアで楽しんでいました
 
「こっちに行きたいん?」と顔を寄せたり、
「ダメなの、って言ったでしょ」とちょっと困ったり…の光組さんと、
気ままであどけない花組さんの、対照的な姿が微笑ましかったです
 
「散歩はどうでしたか~?」と尋ねると「楽しかった」と返ってきました。
仲良くつないだ手を通して、心も通い合えたでしょうね
 
 
 
 
 
対面式
2014-04-21
2014年度がスタートしました
1学年ずつ大きくなった愛組さん、光組さん。
新しくめぐみ幼稚園に仲間入りをした花組さん。
今年もどんな1年になるでしょうか?? 楽しみですね
今年度もどうぞよろしくお願い致します。
 
今年度最初のときどき日記は、4月17日(木)・18日(金)に行われた、
かわいい花組さんとの「対面式」です
 
 
式の最初には、『幼稚園で一番大きなお兄ちゃん・お姉ちゃん』達が
♪クラリネットをこわしちゃったの歌を、
続いて『花組さんよりも1つ大きいお兄ちゃん・お姉ちゃん』達が
♪しあわせなら手をたたこうの歌を花組さんにプレゼントしました
 
そして・・・
いよいよお世話さんの紹介です!
これから花組さんが色々なことを1人でできるためのお手伝いを、
光組さんや愛組さんがしてくれます
 
『私の・僕の名前は○○です。お世話をする花組さんの名前は○○です。』
と、お兄ちゃん・お姉ちゃんらしく挨拶をし、
自分のお世話さんを想って一生懸命折った折り紙ペンダントを
“よろしくね!”の言葉と共にプレゼントしました
 
 
 
「今日お世話の○○ちゃんが来るー!」
「よろしくね!の挨拶上手に言えるけぇ聞いとって!」等々
今日のこの日を楽しみにしていたお兄ちゃん・お姉ちゃん達。
 
メダルや猫の折り紙ペンダントを首にかけてあげた後、
嬉しそうにニコッ!と笑う花組さん
そんな花組さんを見て、さらに嬉しそうにニコーッ!と笑う愛組・光組さん
心がとってもあたたかくなる場面でした
 
 
これから一緒にお弁当を食べたり、おかえりをしたり、遊んだり、色々なことができます!
楽しみなことも不安なこともあるだろうけれど、
仲良く過ごしましょうね
 
 
“よろしくね
 
 
 

園だより

園だより
フォーム
 
大切にしたいもの(10月園たよりより)
2015-10-07
  朝から雨模様の水曜日、お仕事後の長い遊び時間を、室内でどう過ごすのかなと思っていると、階下から軽快な音楽が聞こえます。覗いてみると、各クラス自由参加で入れ替わり立ち代わり、曲に合わせて演技を披露しています。全体体操あり、組体操あり、ダンスありと、演技するも楽し、見るも楽し、手拍子打ちながらワイワイきゃあきゃあ、こうやってみんな運動会までに楽しみながら技を磨き、他のクラスのダンスや組体操の演技まで覚えていくんだねと、微笑ましい限りです。
 一人っ子だった私には、この園の子どもたちの縦割りのわちゃわちゃした中で育つ様子が羨ましくもあります。「子どもは子ども同士の中で育つ」と、よく言われますが、本当にその通りだと思います。先日もこんなことがありました。
   鉄棒の『時計回り』で苦戦していた男の子の様子を見ていた女の子が、「足を曲げたら、いいんよ」と言った一言で、スッとできるようになったそうです。傍で援助していた教師もそれにはビックリだったそうです。自分がそうやってできた実感が、その女の子にはあったから出た一声だったのでしょう。男の子ができたのを一緒に喜んでくれたことは言うまでもありません。
   また、こんな素敵な一言を聞くこともありました。午後から晴れた日、傘を持ち帰ろうとした年中の女の子が自分の傘が無いと言い出しました。傘立てにはその子のと同じ模様の傘が残っているのですが、自分のではないと言います。そこでその日は持ち帰らず、お母さんに連絡しました。お母さんは「子どもの言うことだから、自分も確認したい」ということで、翌日の朝見てもらうと、やはり彼女のではありませんでした。するとその日の午後、年長の女の子が間違えて持ち帰ったことが解り、次の日、無事自分の傘が戻ってきました。比べてみると、少し短くて、先端が円錐形ではなく、球のものでした。名前も消えかけていて、その他は全く同じでした。「よく違うって、わかったね」と聞くと「だって、とっても大事にしていたから。見つかって、すごくうれしい」と一言。
   物が溢れていて、失くしてもまた買えばいいやという風潮が感じられる昨今ですが、なんて素敵な感性だろうと、こちらまで嬉しくなりました。  
   幾つになっても、子どもたちの素敵な感性を見習いたいですね。
                                                          園長  藤原 敦子
 
学校法人めぐみ学園
めぐみ幼稚園
〒750-0009
山口県下関市上田中町2-13-26
TEL:083-222-7356
FAX:083-222-8305
------------------------------
・幼稚園
・通常保育
------------------------------
074243
<<学校法人めぐみ学園めぐみ幼稚園>> 〒750-0009 山口県下関市上田中町2-13-26 TEL:083-222-7356 FAX:083-222-8305