ときどき日記

   
  こちらでは、ちょっと可愛い(?!)似顔絵による職員・スタッフの紹介と、
 ブログでは、毎月の園便りから園長の巻頭言、そして、その時々の幼稚園の様子やおもしろエピソードなどを教職員が交替でご紹介します。  乞う、ご期待!!
 

スタッフ紹介

スタッフ紹介
 
園長
園長
 
 
ひかり組担任 
ひかり(年長)組担任
 
 
あい組担任
あい組(年中)担任
 
 
年少 花組担任
はな組(年少)担任
 
 
のぞみ組担任
のぞみ(満3)組担任
 
 

園のスタッフによる ときどき日記

園のスタッフによる ときどき日記
フォーム
 
園庭さんぽ(お世話さんといっしょに)
2015-06-08
 花組さんが入園して2カ月経ちました。
 花組の子どもたちは、14時降園になり保育時間が長くなっても、疲れたり、眠くなったりすることがほとんどなく、毎日元気に登園してきています。すごいですよね~園庭内のいろいろなところに行って、虫を捕ったり、花を摘んだり、砂場で片抜きをしてみたり、くさり山に登ってみたり、ブーブーカーに乗ってみたり…遊びもずいぶん広がってきました。お世話のお兄さん、お姉さんさんともすっかり仲良くなり、おしゃべりしたり、一緒に遊んだりしています。
 
 少し前になりますが、5月15日に、光組さんと花組さんとで一緒に園庭を散歩する機会がありました。光組さんに木々に囲まれたトトロの森、さつまいもの苗を植える予定の芋畑などを案内してもらいました。午後からの保育を経験し始めて1週間くらいの頃ですから、まだ、園庭で遊ぶことも少なかった時です。手をつなぐのも何となく照れくさいような感じも受けましたが、光組さんは、お世話をしている花組さんの手をしっかり握り、担任の先生の笛が聞こえるまで、それぞれが自由に散歩に出かけていきました。
 
光組さんは「どこに行きたい?」と尋ねてくれますが何といってもどこに何があるのか、どんな名前なのかもよくわからない花組さんですから答えられないんですよね~どうするかな?と見ていましたら、その光組さんは「運動場、行く?」と具体的に聞き始めたのです。それには花組さんも「うん」「ううん」といった返事を返すことができました!なかなかやるねえ~と感心しました。
 ひとりでどこかに行ってしまう花組さんを「お~~い、まってよ~」と一生懸命追いかける姿、真っ赤になったグミの実を光組さんに採ってもらい、顔を見合わせておいしそうに食べている姿、坂道を降りるときに土手から落ちないよう花組さんを安全な方に歩かせている姿…ほんと、光組さんって優しいな~とこれまた感心させられました。花組さんは、お兄ちゃん、お姉ちゃんについて行きながら、いろんなものを見るたびに目をキラキラ輝かせていて、笛が鳴るころにはすっかり仲良くなっていました。
 
散歩から帰り、花組さんに「どうだった?」と聞くと、口をそろえて「楽しかったあ~」と。
きっと光組さんも楽しんでくれていたとは思いますが、たぶん疲れただろうなあとも思いました。
いつもそばで見守ってくれている光組さんに「感謝」です。ありがとね
 
 
2015年度 対面式
2015-04-22
 新学期が始まりました。
1学年大きいクラスに進級した子どもたち、3月より顔つきもお兄さんお姉さんになっています。
 
 新しいお友達、花組さん・希組さんも 入園早々 雨の日が多く、傘をさして坂を歩いてくるのも大変でしたが、頑張って登園し、「いってきます」と、お母さんとお別れして、お仕事をしたり、集まりをして過ごしています。
 お母様も、大丈夫かなぁ…と、まだまだ心配な気持ちで送り出されているかもしれません。
 
 今回は、4月20日(月)・21日(火)に行われた、光組(年長)・愛組(年中)さんと入園してきた花組・希組さんとの対面式の様子をお伝えします。
 
 式の最初は、光組が「スキップ」 の歌、次に愛組が「幸せなら手をたたこう」 の歌を、プレゼントしました。
 大きい声で楽しく歌え、花組・希組さんも目をキラキラ、リズムに合わせて体を揺らしながら聞いてくれました。
 
 続いて、お世話さんの紹介   
 (花組・希組さんが、色々なことを一人でできるようになるために、お手伝いをしてくれる光組と
  愛組さんです。)
 お世話のお兄さん、お姉さん一人ずつ立ちます。(ちょっと緊張
 「ぼくの(わたしの)名前は、○○です。お世話をする花組(希組)さんの名前は○○です」と
 立派にあいさつ
  花組・希組さんの名前を呼んで、折り紙のペンダント(一生懸命折りました)をプレゼント。
 「よろしくね」と目と目を合わせて握手 一緒に座りました。
 
 お世話する花組・希組さんとの出会いを、とても楽しみにしていたお世話さんたち。
 ニコッと微笑む花組・希組さんたち。
 このやり取りは、と~ってもかわいくて、心がほんわり優しい雰囲気に、包まれました。
 
 これから1年間、一緒に過ごすことができます。お弁当を食べたり、遊んだり、お帰りをしたり、楽しく過ごしましょうね。 
 
大工室奮闘記
2015-01-16
「明けまして おめでとうございます。今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。」
 
11月の終わりから、しばらくぶりの大工なので、どんな感じかなぁ~?といろいろ思いながら、
子ども達を待っていると・・・
 
「おはようございまぁーすっっ!」と、元気のいい声で、朝の挨拶から始まりました。
それに応えて私が、次に掛ける声は
「大工のお休みが長かったから、何したらいいか覚えてるかな? わかんなくても大丈夫 
  自分のトレーをよーく見てね!   ちゃーんと見たら、何をするかわかるからね!」
「はい、それじゃ始めましょう。」すると、私の話に応えて自分の棚に向かいます。
それから、トレーの上の材料をじ~っと観て ピン!わかったら、「みがきます。」とか
「きり穴あけだー.」や「くぎ打ち~?」と私に伝えてきます。
  ! それでは必要な道具を出して始めてください。
 
 大工の作業
すこししたら「こんな所はどうやったらいいですか?」と私の隣にやって来ました。
それは、角が合っていなくて、みがきづらい所を見つけ、どうやったら上手にみがけるかという
質問のためでした。
  いいところに気が付いたね いいぞ!すごいぞ!
 
ムムムッ?!
「わかりません。」「できません。」「せんせい てつだってぇ。」の いつもの3連発が
聞こえないぞ
 うんうん 自分でやってみるのが大事ってお話したもんね
 そう、そう、自信持って大丈夫
 
厚くて堅い木のきり穴あけの途中で「疲れたのでお水飲んで来ていいですか?」と聞いてきました。
  はい、いってらっしゃい "" 冷たいお水飲んでリフレッシュ
帰って来たら、もう一踏ん張りできるもんね。そうだよ、その調子
 
さぁー!3学期も大工頑張っちゃおう
光組さんは、大工最後の作品《卒園制作ダンプ汽車》
愛組さんは、自分とお世話さんのためのキーホルダー
完成が楽しみだね。
 
 お父さんお母さんへ
完成品を見たら、大工の腕前が挙がったことはもちろんだけど、
その腕前UPには心の成長が あることを見つけてくださいね
 
 
 
 
クリスマス週間…希組の場合… 
2014-12-19
クリスマス礼拝の2週間前から始まる「クリスマス週間」とは、クリスマス礼拝に向けて、みんなで準備をしていく期間です。クリスマスの意味を知り、深めていくことはもちろんですが、礼拝に参加するクラスが合同で練習したり、クリスマスの制作をし、会堂を飾ったりしながら、毎年、どんどんクリスマスの気分が高まっていく時で、わくわくどきどきの期間です。クリスマス週間中は、礼拝がおこなわれる教会もお借りしながら、それぞれのクラスが歌を歌ったり、言葉の練習をしたり、大忙しです
 
希組は、クリスマス礼拝には観覧の形で参加をすることにしていますので、練習の必要はありません。ですからこの期間は、いつもよりももっとのんびり、マイペースに過ごすことのできる期間となります
毎年、何をして過ごそうかなと思いを巡らせますが、興味の湧いたことをトコトン繰り返す希組ですから、こんなことをしようかな~というところまで準備して、後は、出たとこ勝負!今年はどんな反応をするのか楽しみにしていました。
たくさんエピソードはありますが、3つだけ、お知らせしたいと思います
 
クリスマス週間は朝から活動を始めますので、いつもの部屋ではお仕事ができません。そのため、第2園舎で過ごします。つぼみ在園の時も、希組の初めも第2園舎で過ごしていますから「懐かしい我が家」のように、とっても過ごしやすいのです。
久しぶりに入る保育室。きょときょろと見まわし一番に向かった先は、水を使うおしごとばかり…
小さな布を絞ったり、水を含んだスポンジを絞ったり、見ているこちらが寒くなる~と思いましたが、延々と濡らして絞る活動を繰り返し、最後にやっと「つめたいね~」と。赤くなった手を包み、さすりながら「水は冷たかったねー」と話しました。日頃はたくさんのおしごとに囲まれていますので、見えていないものもあるのでしょう、新しいお仕事にも挑戦している姿もあり、とても有意義な時間でした。
 
 クリスマスの制作もしました。今年は、子どもたちが「おしごと」でとても上手にしている「糸かけ」の活動を利用したツリーを作りました。台紙に張り紙をしたあと、ピンキングばさみで三角に切り取ってもらったものに、糸をかけていきます。どんな三角にしたいか希望を聞いてから切り取ったのですが、想像以上にこだわりがありました。
「でっかいのがいい」 「でぶっちょのがいい」 「ちっちゃいの、いっぱいする
糸をかけた後、木に見立てたトイレットペーパーの芯の長さを決めて挟んで出来上がりとっても可愛く仕上がりました~。時間もたっぷりありますから、好きなだけ作り、たくさんできました。できたツリーは教会の会堂に飾ったのですが、予定していたスペースでは入りきらなかったほどです。終園日に作品を持ち帰っていますが、一部はまだ教会のピアノの上に飾ってあります。たくさんの方の目にとまっているだろうな~と、また、嬉しく思っています。
 
そして、毎年恒例となりつつある「とうふだんごづくり」。こちらは、誰もいない新園舎の広ーい部屋をいっぱいに使って行いました。材料の購入から始まり、こねて、丸めて、ゆで、きなこにまぶし、食べた後は使った道具を片づけ、洗い、床の掃除まですべて行いました。あまりにも時間がかかるので、手伝ったほうがいいのかなと手を出そうものなら「ひとりでできる」と叱られてしまいました。煮え立つ鍋でだんごをゆでるのは危険だからと私がしようと思いましたが「やる、やる~」の声に負け、火を止めた上で直接手を近付けないで済むように、お玉に団子をのせて沈めるように入れることにしました。「あっついから、そ~~~っとね」と小声で伝えると、おしゃべりはピタリと止み、真剣な表情で取り組んでいました。なかなか経験することのないことでも、4人という人数であるからこそできるのだなあと希組ならではの「良さ」を改めて感じたのでした
 
 
11月8日(土) 幼児祝福式
2014-11-27
11月8日、教会にて光組の幼児祝福式が行われました

幼児祝福式とは、子ども達が生を受け、今日までの成長を神様に感謝し、
これからの無事を祈る式です。
 
祝福式に至るまでに、光組の子ども達ひとりひとりは、自身の内面に目を向け、
「乗り越えたいと思っていること、祈って欲しいこと」などを担任の先生と話す時を持ちました。
 
このことを考えるということは、自分自身と向き合うことになり、自分がこれから頑張らなければならないこと、努力しなければならないことにも向き合うことになります。
光組が当日話した言葉は、簡単に決まったものではありません。子ども達は、心の中で様々なことを思ったり感じていたりしても言葉で表すにはとても難しいことでした。
 
担任は、子どもがひとつひとつ発する言葉を大切にし、その言葉に対して質問を繰り返し、子どもの思いが正しく言葉として表されるように話し合いをします。その言葉は「こうなりたい!」と心から願う決意の表れでもあります。この話し合いをする過程の中で、子ども達は悩み、考えることができるまでに成長したのだと、感じました。
 
祝福式当日は、光組ひとりひとりが、沢山の人の前で自分の乗り越えたいと思っていること、祈って欲しいことを話すことができ、牧師先生に祈っていただきました。その話す姿はとても立派でした
 
花組は二年後、愛組は一年後にこの祝福式を行います。
どんな光組さんになっているのか今から楽しみです特に、愛組には、皆も光組さんになったら、同じように祝福式をするのでよく見ておいてね、と伝えました。実際に、祝福式後、「僕は、来年どんなお祈りをしてもらおうかな~」と楽しそうに話した子もいました。素敵な光組さんをみたからこそ、すぐにこの感想がでたのだと嬉しく思いました
 
お祝いの飾りを、希組はみのむし、花組はコスモス、愛組は葡萄を製作し、教会に飾りました。
光組の展示物は、自分の顔を描いたもの、赤ちゃんの頃の写真、現在の写真、色紙(手形・聖句)を展示しました。
 
手形をみると、赤ちゃん頃の小さい手からこんなに大きくなったんだな、としみじみ成長を感じるものでした。また、これからの光組さんが歩んでいく道を自分で考え、進んでいこうとする力強さも感じられる手形でもありました
 
 

園だより

園だより
フォーム
 
クリスマスに寄せて
2017-12-05
 今年は、クリスマス礼拝のメッセージにトルストイの民話を絵本にした『くつ屋のマルチン』を選びました。何度読んでも靴職人マルチンの人柄に心温まる、私の好きな絵本の一つです。また、読むたびにその時々で新しい発見があるのも良さだと思います。きっと読む時の自分の思いが違ってきているからなのでしょう。特に、聖話の時間、年長児と読みあう時には、子ども達の反応から考えさせられることも多くあります。また、子ども達にどう伝えればよくわかるだろうかと考える過程で、ハッとさせられることもあります。今年はお話の最後の所に書かれている次の聖句に目が留まりました。
  『 私の兄弟である 小さい者の一人にしたことは すなわち
    わたしに したことである。 』 (マタイ福音書二五章四〇節)
子ども達とこの聖句について考えたいなと思ったときに、「小さい者」という言葉が気になりました。神様が「お前を訪ねるよ」と言われたその日、マルチンが関わった人たちは、寒空の下で働いていたステファンじいさん、雪の降る寒い日に薄着で赤ちゃんを抱えていたおかあさん、リンゴ売りのおばあさんとそのリンゴを盗んでしまった男の子でした。
  その人たちに共通する小ささとは、と考えていた時、愛組の初めにした心の話を思い出しました。「そうだ、心だ」と思いました。寂しい心、悲しい心、困っている心、悪いと知っていても誘惑に負けてしまう心、自分のことでいっぱいで人を思う余裕を失ってしまった心、そんな時は自分の心がクチャクチャになって小さく縮こまって感じられます。これなら子どもたちにもわかるかもと思いました。案の定、子ども達は心が小さくクチャクチャッとなってしまう時については良く反応してくれました。そんな時どうしてほしいかも考えられました。祝福式の時のお祈りの言葉とも結びつきました。
   マルチンと関わった一人一人の中に神様がいてくださったように、その人たちはきっとマルチンの中にも神様を見ただろうね。みんなの中にも神様は一緒にいてくれるよと伝えると、真剣な眼差しで、うんうんと頷いてくれます。その子ども達に、改めて心の柔らかさ、素直さを感じ、「神の国はこのような者たちのものである」という聖書の言葉を思いました。同時に、子ども達は子どもなりに、心が小さく縮こまってしまった時に、助けてくれる存在を本当に求めているし、そういう人になりたいと思っているのだと実感させられ、おとなとして、私も姿勢を正された思いがしています。
子ども達からのメッセージを、クリスマス礼拝でお受け取り下さい。
 
 
幼児祝福式(11月便りより)
2017-10-26
 今年も、幼児祝福式の季節になりました。
めぐみ幼稚園では、毎年祝福式の記念に、聖書の言葉が書いてある色紙に光組の子どもたちは手形を押します。十月の光組の聖話の時間、その聖書の言葉について、話をしました。

「わたしの目に、あなたは高価で貴い」(イザヤ書四三章四節)

 子どもたちは、すでに聖書に出てくる言葉で「わたし」とあれば、それは「神様」であることが多く、その場合「あなた」は自分たちのことだということは何となく感じ取っていて、すごいなと思います。
 「じゃあ高価って、どんなこと?」・・・「知らん」
 「お金がいっぱいいるくらい高いってことなんよ。例えばどんな物があるかなぁ?」・・・
 「ゲーム機」 
 「もっと高いものは?」・・・「家」「車」「ペット」「服」等々
 「そんなに高いお金を払って手に入れたものはどうする?」・・・ 「大事にする」「汚したら
 怒られる」等々、
 「そうだよね、お母さんたちも『高かったんだから大事にして』って言うよね。でもね、それより
 ももっと高くて、いくらお金を出されても絶対売りたくないものが『みんな一人一人』なんよ。す
 ごい立派なお城みたいな家を買えるくらいのお金あげるから、○○ちゃん頂戴。子ども何人もいる
 から一人くらいいいやろって言われても、『絶対いや』ってお父さんもお母さんも言うと思うよ。
 だってね、さっきペットって言った人もいたけど、私も拾った猫の子でも、飼ってたらとっても大
 事になってきて、お金で売りたいなんて思わないもの。みんなだって、どんなに怒られても、よそ
 のお父さんやお母さんと替えっこしたいとは思わんやろ?」
そこまで話が進むと、神妙な顔になって、『うん、うん』と、頷いてくれます。

 「神様にとってもそうなんだよ。」と言って、マックス・ルケードの『たいせつなきみ』の絵本を読み、次のように話しました。
 「神様は、このお話の彫刻家のようにみんなに命をくれた方だから、私たちが自分でダメだなぁと
 思うところがどんなにあっても、神様は『大丈夫、私は失敗しないから、君のことをどんなに高価
 な物よりももっと高価で、大事だと思っているよ』と励まし、力と勇気をくださる方だよ」

 お祈りは、神様とのお話です。一人一人の思いを、今年もきっと神様に向けて語り、牧師のお祈りに心を合わせながら、心に豊かな力をもらってくれることと思います。神と人に許され、いっぱい愛されていることを感じられる祝福式になればと祈っております。
 
 
収穫の秋(10月便りより)
2017-10-16
 この時期、遊び時間の園庭はにぎやかです。
 園庭に植わっているザクロの実を採ってもらい、中の小さな粒を味わったり配ったりするのを楽しんでいる人や、大きな栗の実が割れ目から顔をのぞかせているイガ栗を見つけるのが楽しいという人、黄色や赤に色づき始めた葉を集めてはそれぞれの葉の微妙な色合いの変化を楽しんでいる人、だんご虫やバッタを捕まえて喜んでいる人、第一運動場では、運動会に向けてもう一息と練習に余念のない人たち等々、子どもたちはこの小さな幼稚園の園庭の秋を本当に満喫しているなと感じます。
 また、光組や愛組の子どもたちは昼休みも体操練習カードを片手に、遊んでいる姿をよく見かけます。カードにはどの項目もシールがたくさん貼られている人、項目によってはまばらなところもある人と様々ですが、どの子も「あとここができんのよね」とか、「家には跳び箱がないけぇ、練習したいけどできんのよね」などと意欲が感じられます。
 上手に鉄棒で逆上がりをやって見せる人がいると、自分もとチャレンジする人や、だれの目にも到底まだ無理だと思われるけれども、負けじと意気込みだけはすごい花組さんなど、東園庭の鉄棒のところもにぎわっています。
逆上がりや、跳び箱の六段が跳べたり、颯爽と走ってゴールテープを切る姿は、子どもたちのあこがれなのでしょう。誕生日会のお祈りしてほしいことのベストワンは、「速く走れるようになりたい」です。
 運動会のみならず、子どもたちはいつも自分の周りにある様々なものから刺激を受け、「感じ、考え、行動していく」ことで、自分創りを一歩一歩進めていっています。人間が生まれながらに持っている感覚を駆使して自分の中に取り込み、考えたり、思ったりして行動に移し、試行錯誤の末に思うようにできた時の喜びは、「やったぁ‼」の一言に集約されます。
 こうありたいと思うことを身近に感じながら、楽しそうにチャレンジしている子どもたちの姿は、ほんとうに素敵です。素敵な子どもたちのやる気を十分満足させてやり、やり抜いた達成感を得られるように、私たちおとなもできうる限り物心両面の環境を整えていくことで、応援してやりたいなと思います。
 
 
あきらめない(9月園便りより)
2017-08-22
 毎日、暑い日が続いた夏休みでしたが、いかがお過ごしでしたか。
 ところで、皆さんはこの夏、印象に残った一言はおありですか?
  私は、「あきらめない」という言葉が心に響いた夏でした。
  きっかけは、八月六日の広島平和記念式典での子ども代表「平和への誓い」の言葉でした。「当時小学生だった語り部の方は『亡くなった母と姉を見ても涙が出なかった』と語ります。感情までも奪われた人がいた。大切なものを奪われ、心の中に深い傷を負った広島の人々。それでも人々は復興への強い思いや願いを持ち、苦しい中、必死で生きることをあきらめませんでした。だからこそ、今の笑顔あふれる平和な広島があり、私たちが生きているのです。私たちもあきらめずに平和の大切さを伝え続けていきます。」というような内容の言葉だったと思います。
   どんなに絶望的な状況の中にあっても、生きることを「あきらめない」人間の底力、生きて平和の大切さを語り続けられた人生の尊さと、それを受け継ぎ、あきらめずに伝え続けていく大切さを、感じるものでした。

 奇しくもその日の礼拝でも、旧約聖書のノアの箱舟の話を通して「あきらめない神」について牧師からメッセージを受けました。
 さらに、8日の教会デイキャンプでも、テーマがなんと「あきらめる?あきらめない?ー見つけるまで探し回る神様ー」でした。道に迷った1匹の小羊を、ほかの99匹羊を残してでも、見つけるまで探し、連れ戻してくださる神様の話です。
 人はいろいろなところで道に迷います。子どもばかりでなくおとなもしかりです。魅力的な誘惑に負けたり、できない自分に嫌気がさして投げ出したくなったり、人を思いがけず傷つけてしまい道に行き悩んだり、数え上げたらきりがありません。でも、神様はどんなときにも迷い悩み途方に暮れている私たちを探し、良き力の方向へと導き返してくださる「あきらめない神」なのです。

  だから、あなたたちは安心して自由にのびのびと生きなさい。のびのびと自分の力をあなたたちも「あきらめない」で使っていきなさいと、神様は言ってくださいます。「あきらめない神」と「あきらめない人」の祈りと行動があるとき、そこに希望の光は見えてくるのだと思います。
 二学期は、子どもたち一人ひとりにとっても様々にチャレンジのシーズンです。「あきらめない」でチャレンジし続けていく子どもの生きる力を、精いっぱい応援し、後押しできればと願っています。
 
親の役割(7月たよりより)
2017-06-23
   最近世間で話題になっている中学生プロ棋士の藤井聡太君のお母さんの談話が先日新聞に掲載されていました。読まれた方もあるかもしれませんが、その中で、彼が通っていた幼稚園がモンテッソーリ園であったことを知りました。

   聡太君のご両親も最初は、子育てについて特にこう育てたいという強い思いはなかったそうです。でも、幼稚園で子どもの自主性を重んじるモンテッソーリ教育法に触れ、ハマった教具や遊びにはとことん取り組む聰太君の様子を見るうち、せっかくの並外れた集中力を生かしてやれないかと考えるsadようになり、ご主人と話し合い、「何かにのめり込んでいるときは止めないようにしよう」と決めたそうです。  
 
    以来、ご自分は常にサポーターに徹し、子どもたちが「好きなことを見つけ、集中してもらうために何ができるか、いつも考える」というスタンスを貫いているそうです。聡太君は五歳で将棋と出会い、どんどんのめり込み、現在に至るのですが、お母さんはあえて将棋は学ばず、自宅はストレス開放の場と決め、聞き役に徹するということです。それはあくまで自主性を尊重したいからなのだとか。

 幼稚園で出会ったモンテッソーリ教育は、聡太君にとって一つのきっかけに過ぎなかったかもしれませんが、そこで集中して取り組む聡太君の姿を見、集中して取り組んでいるときにこそ子どもの中で力が培われ、成長しているという教育の意図をご両親がよく理解し、その後の子育てに生かしていかれたことが、今の聡太君の躍進の陰にはあるのだと感じました。

   子どもの人生の応援団として、親ができることは限られています。
 子どもがやりたいと真剣に願っていることを、きちんと話せる環境作りもその一つでしょう。日頃から自分の話をきちんと聞いてもらえる安心感や、自分の選びを尊重し、頑張れるようにいつも見守り、応援してくれる存在があることは、子どもたちを力づけます。
 
 親の理想や価値観の押し付けではない子育てを、私もめぐみ幼稚園で教わりました。親が変わることで、子どもはのびのびと自分の人生を自主的に歩き出せるのかもしれません。

   もうすぐ,長いようで過ぎてしまえばあっという間だったと感じる夏休みが始まります。何か一つでも、今年はこれに取り組めたという思いを子どもが持てる夏休みになるといいですね。
 
1
学校法人めぐみ学園
めぐみ幼稚園
〒750-0009
山口県下関市上田中町2-13-26
TEL:083-222-7356
FAX:083-222-8305
------------------------------
・幼稚園
・通常保育
------------------------------
073794
<<学校法人めぐみ学園めぐみ幼稚園>> 〒750-0009 山口県下関市上田中町2-13-26 TEL:083-222-7356 FAX:083-222-8305