ときどき日記

   
  こちらでは、ちょっと可愛い(?!)似顔絵による職員・スタッフの紹介と、
 ブログでは、毎月の園便りから園長の巻頭言、そして、その時々の幼稚園の様子やおもしろエピソードなどを教職員が交替でご紹介します。  乞う、ご期待!!
 

園のスタッフによる ときどき日記

園のスタッフによる ときどき日記
フォーム
 
下関安心・安全ふくふく大作戦に参加したよ
2017-10-02
 9月27日、「秋の全国交通安全運動」行事として、生涯学習プラザで行われた「下関安心・安全ふくふく大作戦」に年長児光組の子どもたちが参加しました。
光組だけで園バスに乗るのも初めてで、行きのバスから子どもたちのテンションはマックスです。
 
 1日下関所長の立田川親方(元小結豊真将関)と一緒に、ステージ上でいろんなことをして、とっても楽しい時間を過ごしました。
 
 まず最初にみんなで交通安全宣言をしました。
 「おもいやり、ゆずりあい、あんぜんうんてん、しものせき」 「こうつうじこを ふせぎましょう!」
練習のかいあって、500人近い参加者の前でも堂々と、大きな声で一言一言はっきりということができました。
 
 次は、会場の人たちと一緒に、下関市の交通安全についてのクイズに挑戦。
 子どもたちは、出題する警察の方のお手伝い。
おまわりさんの指示に従って、〇と✕の間を行ったり来たり、会場の方を惑わす役どころ。
純真無垢な子供たちの動きに惑わされ、会場はあっという間に正解者が激減してしまいました。
2問終わったところで、すでに正解者は全員がステージに上がれるほどの人数に。
これには警察の方も、作戦失敗というところでした。
子どもを信じてくださった方、ごめんなさい。 (下関は、子どもを信じる温かいおとなが多いってことかな。
子どもたちは思った以上に広い舞台を走るのが楽しかったようでしたが、クイズは3問までで、あっという間に終了してしまいました。
 
 さて、いよいよお待ちかねの親方との相撲対決の時間です。
男の子二人対親方。意気込みは良かったのですが、ブンブ振り回されてしまいました。
束でかかっていっても、さすがに親方は強い強い‼ 
「子どもに親方どうだった?」と聞くと、「硬くて大きかったと言っていました。
でも、女の子にはちょっと弱かったかな・・・土俵の中、親方の後ろをぐるぐるぐるぐる…追っかけっこを楽しんでいました。
 
クイズとお相撲で、すっかりリラックスできた子どもたち、最後の歌「バスごっこ」の披露も、元気いっぱい大きな声で歌うことができました。(さすが本番に強い!)
会場からたくさんの拍手をいただくことができました。
親方からは大きな手形のお土産もいただき、思いがけず楽しい、「ふくふく大作戦」でした。
 
これからもみなさん、交通安全に努めましょうね。
 
 
 
 
 
元気いっぱい夏期保育
2017-07-27
 7月25・26日に夏期保育がありました。
みんなとっても楽しみにしてくれていたのか、朝からニコニコです。
 
第1日目のメインは、スイカ割りです!
大きなスイカ二つを、みんなの力を合わせて割っていきます。
格好良く構えて、狙いを定めて、エイ‼  応援団にも力が入ります。
年長児はさすがです。力強く、どんどんスイカにひびを入れていくので、
形がなくなるかもと、ヒヤヒヤしました。
外で食べるスイカも最高でした。 
 
水遊びもキャーキャー、ワーワー、おとなも子どもも前進びっしょりになって、
たくさん笑った一日でした。
 
二日目は、シャボン玉。
「ぼく100個しゃぼん玉飛ばせるよ」と、シャボン玉作りに燃えている子、
大きいのを作っている子、第1運動場がシャボン玉でキラキラ光っていました。
暑い暑い二日間でしたが、いっぱい体を動かして、とっても楽しかったね。 
 
8月の夏期保育も元気に来てね。   待ってます。
 
 
 
 
7月の大工
2017-07-20
冬の大工仕事は、キリを両手で挟み「グリッグリッ」と言ってまわしても、手のひらがさらさらしていて空まわりします
なので、濡らしたタオルで手を拭き、湿らせたりしてキリ穴あけをします
でも今は7月、手のひらはちょうど良い湿り具合いで、キリもしっかり挟めて穴あけが出来ます
季節によって、自分の体の変化や、さまざまな事を感じ、そこに合わせて行くことも知っていきます。
 
 
さてさて、大工で製作中のものはと言いますと...

愛組さんは2つ目の「箱」づくりに入りました
1つ目のキリンで、使った力が活きています。キリ穴あけが上手になっていて、真っ直ぐで、深さもあります
確かめ釘を使い、自分で調べ私にそれを見せに来ますが、「う~ん、もう少し深く」とやり直しを言うことがほとんどありません
「OK!いい穴があいています。」とこたえると「やった」と言ってから、笑顔でまたスグに次の印を「グリッグリッ」とあけています。キリンの時より、上手になっている自分に気付いて、自分の力を実感しています
 
光組さんは、「好きなもの」を製作中です
男の子は、遠足でいのちのたび博物館に行ったので、恐竜に興味を持つ子が増えていて、
スーパーサウルス、スピノサウルス、マメンチサウルス、ズンガリプテルス...他には、カメ、サカナ、ワニ、フネ
女の子は、ウサギ、イヌ、ペンギン、トトロ、トリ、ハリネズミ...とさまざまです
瓶に差した鉛筆と定規、白い紙を作業台に置いて、いろいろな形・大きさの木をカゴやトレーに並べているのを手に取って、眺めながら「何を作ろうかなぁ~」と考えていきます。
決まったら、絵を描いて、その絵をもとにちょうど良い形・大きさの木を探します。
なかったら、のこで切ってそのパーツを作る為に定規を使って線を引きます。
少々難しい作業ですが、切れ端も合わさると、新しい形が出来ることを発見しておもしろがっています

自分の考えていたものが、形になる。
難しいけれど、おもしろい。

暑い7月の大工、水筒のお茶がいっそう美味しく感じられます
 
わくわく♪どきどき!ごはん給食
2017-06-28
めぐみ幼稚園の 毎週火曜日のお昼は ごはん給食
遊々さんが 心を込めて作り 配達してくださる給食です
多くの子どもたちが「きょうは なにが はいっているかな?」と 楽しみにしています
 
今日は 6月のある1日の 様子をお伝えいたします
 
この日の献立は・・・
魚のパン粉焼き
焼きビーフン
蒸し鶏の和え物
果物                               でした
 
食べる前のお祈り「いただきます」をして ふたを開けると「わー!おいしそう」の声が聞かれました
 
遊々さんの給食は、いろいろな食材を使って 体にいいものをと考えて 献立を立ててくださっています
時には、子どもたちが まだお家では食べたことのないものに 出会うこともあります!!!
‟みんなと一緒に、初めて食べてみたら美味しかった!”という経験ができるのも この ごはん給食です
なかには、苦手な食べ物があり、どきどきで ごはん給食の日を迎える子どももいますが、少しづつ、食べられそうなものから挑戦しています
なんと!この日は、年長の光組さんで、初めて完食できた人が 2人もいましたよ
 
 
これからも みんながたくさん食べて 元気に大きくなれますように
 
園内散歩(花組と光組…お世話さんと一緒に…)5/12
2017-05-01
対面式から2週間。かわいい花組さんのお世話が少しずつ始まっています。
 
そうそうめぐみ幼稚園では、年長児:光組がどんなお世話をするのか、紹介しますね
横割りが始まる前、部屋を移動する時に連れて行きます(この時、トイレに行くよ~と声をかけたりもします)
お昼ご飯を食べる時には、迎えに行き、椅子を運んだり、机に弁当を準備したりする一連の流れを一緒にします。ご飯を食べた後に、歯磨きをするのも声をかけ、連れて行ってくれるのです。
外で遊ぶ時には、ひとりぼっちにしないようにと、一緒に遊んでくれます。
帰る時にも、迎えに行って、集まる部屋で一緒に過ごします。お手紙をもらえば、鞄に入れるお手伝い。帽子を受け取る時には、どこを通るのか、道案内。お家の人に会えるまで、ずっと一緒にいてくれます。
 
 細かく言えば、まだまだたくさんあるのですが、光組さんのお世話が、花組さんの園生活にどれほど影響があるのか計り知れないと、いつも思います。それほど特別な存在なんでしょうね、卒園していった子どもたちからも「私のお世話の○○ちゃん、頑張ってる?」と聞かれることがあったり、反対に、若干5歳児でありながら、年少のころに助けてくれたお世話さんのことを忘れず、憧れ続け、「大きくなったらお世話の△△くんと結婚したいなぁ~」と話してくれたこともありました。素敵ですよね
 
…前置きが長くなりました…
 
今日は、お世話さんと一緒に幼稚園内を散歩しました。日常的にはあまり行くことがない範囲になるので、お世話さんに紹介してもらいました。
いつものように手をつなぎ、坂を上ります。「壁のほうに、くっついて~」と言いながら、狭い道、安全な方が花組さんになるように手をつなぎ、光組さんは土手の方を歩いています。おしゃべりしながら、気遣いながら…さっすがぁ
 
芋畑にも行ってみました。来週の19日には、一緒に苗を植えるのです。畝の間が狭く、通りづらかったので、畝をまたいで手をつないで歩きました。小さな花組さんにはやわらかく、でこぼこした土の上は歩きにくいのです。転びそうになっても、しっかりと繋いだ手のおかげで、転ばずにすみました
 
幼稚園にはいろいろな果実が実ります。梅、グミ、栗、ザクロ、夏みかん、ビワ…その中の一つにブドウもあります。気象条件によって、できる時ばかりではありませんが、今年は小さな小さな実をつけ始めていました。「これ、ブドウできるんよ」と話す子に、実が出来ていることを知らせました。「こんなに小さいん!」と驚きながらも「これ、ブドウができるんだって!食べたいねぇ~」と花組さんに話しかけていました。二人で顔を見合わせて、にっこり
秋に収穫できて、また、にっこりが見れますように…
 
子どもたちのやり取りにはいつも「ほんわか」させられます。でも、うまく伝わることばかりではないでしょう。思いが届かずに辛いと感じている子もいるでしょう。それでもずっとそばにいて見守ることができる光組の子どもたちを尊敬しています!これからどんどん仲良くなっていきますように…
子どもたちの活躍をこれからも楽しみにしています。
 
 
 

園だより

園だより
フォーム
 
ひとりはみんなのために、みんなは一人のために(9月園便り)
2019-09-13
    『一つの部分が苦しめば、すべての部分が共に苦しみ、
     一つの部分が尊ばれれば、すべての部分が共に喜ぶのです。』
                   (Ⅰコリントの手紙十一章二六節)
 
 私の夏休みは、聖書のこの言葉を痛感する出来事で締めくくられました。ちょっとしたことで肩の腱を酷く傷め、全く右手が上がらなくなったのです。初めての経験でした。二日三日と時間が経つにつれ、痛みはあるものの少しずつですが手が上がるようになって、腱が断裂したのではなさそうということになり、一安心でしたが、人の体の不思議を実感しました。脳の命令に、無意識的且つ忠実に反応して実行に移してくれる身体の有難さを思い知りました。

 冒頭にあげた聖句は、教会のひとり一人を体の部分に譬えて組織のあり方について、弟子のパウロが書いた手紙の一節ですが、私は自分の体のほんの一部の傷がこんなにも全身に影響することや、逆にそこをカバーするために他の部分が必死に働いたり考えたりすることを通して、なるほどと感じるところがありました。

 二学期は、みんなで力を合わせて作り上げていく行事の多い学期です。そこでは、ひとり一人の頑張りももちろん求められますが、みんなが一つになろうと支え合う気持ちも大切になります。みんなが体の一部なのだということを、おとなも子どもも意識して関わっていけたらと願っています。
 
 
 
子どもの興味に寄り添ってみて…  (7月園便りより)
2019-07-19
 先日、「ゆっくり、ゆったりが子どもの時間」と題した短い文章を読んでいて、最近は同じような文章をよく目にするようになったなと思いました。子どもを取り巻く環境の変化のスピードはどんどん加速傾向にあります。人工知能の進化は生活の中の機械化を押し進め、更に便利になっていき、テレビやスマホのない生活は考えられなくなりつつあります。しかし、そんな中で子どもが心豊かに育つための時間が失われていってはいないかという警鐘です。

 朝、お母さんや可愛い弟妹さんと一緒に登園して来る子どもたちを見ていると色々な発見があります。坂の途中でじっと下を見て動かなくなる子どもの目の前には、何かを懸命に運んでいるアリがいたり、ある時は花壇の中にまだ生まれて間もないような小さなダンゴムシを見つけて見入っていたり、小さな木の切れ端や黄色く色づいた葉が握られていたりすることもしばしば。そんな子どもたちに付き合いながら、あの坂を上ってくるのはさぞ大変だろうなと思いますが、とても微笑ましく、それに付き合ってくれるおとながいて、この子たちは幸せだなとも感じます。

 おとなにとっては、当たり前でつまらなくさえあることや生き物でも子どもたちには発見であったり、魅力的であったり、そこから色々な発想や思考、想像力が生みだされるのだと思います。例えば道端の草花や生き物など子どもの興味のあるところに関心を寄せ、立ち止まってゆっくり、ゆったりと付き合う時、子どもの一言にハッとさせられたり、笑わせてもらったり、こちらまで心がほっこりさせられます。

 一学期が終われば、長い夏休みがやってきます。お母さま方は、三度の食事作りと子育てに追われる日々を思うと、ため息が出そうになるでしょうが、子どもの興味があることに一緒に付き合って楽しむ一時も大切にしていただけると嬉しいなと思っています。ぜひ、楽しい発見をしてください。
 
 
 
生き物を育てるって…(6月巻頭言より)
2019-06-06
 5月下旬は突然の真夏日続きで、小学校の運動会は熱中症対策と、ここ数日出ていたオキシダント注意報対策とで大変だったことと思います。 そんな中、幼稚園でも24日の金曜日には、さつま芋の苗植えを子どもたちみんなで行いました。午前中の短い時間でしたので、無事に苗は植えられましたが、連日の厳しい暑さと日差しの中、休み中も職員が交替で水やりをしながら、ちゃんと根付いてと祈るばかりです。当たり前のことながら芋の苗もまた生き物で、苗植え後は、無事収穫の日を迎えるまで、ちゃんと育ってと天候とのにらめっこが毎年続きます。

 ましてや、今年はその数日前に幼稚園の子どもたちにとって悲しい出来事が起こったばかりです。子どもたちが大切に育ててきた亀の内、2匹が亡くなりました。今年は冬眠明けから何となく例年に比べ餌の食べ方が悪かったり、4匹共に皮膚の一部が白っぽく剥げるような症状が見られたりと、心配な様子がありました。教師たちもいろいろ調べたり詳しそうな方に尋ねたりして、手当を続けながら日光浴をさせるなどしてきていたのですが、22日の昼休み、いつものように水換えの世話をしようとした光組の子どもが、動かなくなっている亀吉とピーチに気づきました。そういえば前日、水換え後の餌を食べていなかったことに私たちも思い至りました。亀の寿命がどのくらいのものかわかりませんが、幼稚園に来てからでも15年以上にはなりますから、老齢だったのかもしれません。

 しかし、生き物の死は、大切に育てていた者にとっては本当に辛く悲しい出来事です。翌日、光組の子どもたちがたくさんのありがとうの言葉で最後の別れをした後、牧師にお祈りしてもらい、丁寧に園庭の一角に埋葬してくれました。その後ある子どもが「今度、亀はお花になって生まれかわるの」と言ったと聞き、私はそこに命が受け継がれていく慰めを感じました。
 命について子どもたちが考える貴重な出来事でした。残りの2匹の亀も、芋の苗もみんなで大切に育てたいと思います。
 
 
 
十連休、どう過ごしますか (5月園便りより)
2019-04-30
 今年は、天皇即位の儀式に伴い十連休という前代未聞の大型連休となり、各幼稚園や小学校ではせっかくペースができ始めていた新入児を心配する声が聞かれます。皆様はどんな連休を過ごされますか。
 自然が気持ちの良い時期でもあります。子どもがエキサイトするような行楽地も時には良いでしょうが、ぜひ親子で身近な自然と触れ合う体験をされ、自然からのエネルギーをもらうのも楽しいのではないでしょうか。子どもにとっては、どこかへ行くことも嬉しいことの一つではありますが、家族と一緒にゆっくり何かに取り組む体験は、また別の喜びがあるようです。連休明けの子どもたちの報告を楽しみにしています。

 連休が明けると、いよいよ新入児も交えて本格的な園生活が始まります。子ども以上にお母さんたちのシフトチェンジが必要です。
 朝、子どもを気持ちよく送り出すためには、お母さんに時間の余裕がなくてはいけません。朝の余裕を作り出すためには、前夜からの段取りも必要です。それ以前に、子どもに自分で身支度などの準備をしてもらうためには、子どもが自分でできるような室内の環境作りや、時間の余裕作りも必要です。
 連休中、そうした生活の見直しや過ごしやすい環境作りに子どもと一緒に取り組んでみるのも、良いかもしれませんね。主婦が使いやすい決まった所に日常使う台所用品を収納するように、子どもたちも、自分の活動に必要なものがいつもあるべきところに置いてあると、自由に使うことができ、安心しますし、準備や片づけもしやすくなります。
 
 お母さんがすべてを決めて、「こうしなさい」と押し付けるのではなく、子どもと一緒に相談しながら、動きやすいように子どものスペースを作ってみてはいかがでしょう。自分のスペース作りに自分自身も参加したという経験は、子どもにとってはちょっぴりおとなになったような嬉しいものなのではないでしょうか。
 親子ともども楽しい連休明けを目指して、今年の大型連休を過ごしてみてください。
 
 
 
ドキドキワクワク4月の出会い(4月園便りより)
2019-04-12
 園庭の花壇に色とりどりの美しい花が咲き、陽ざしに春の暖かさが感じられる良い季節になりました。いよいよ新年度が始まります。光組、愛組さんは、どんな花組さんと出会えるかきっと楽しみなことでしょうし、私たちも今年は、どんな光組、愛組、花組として成長していってくれるのかと楽しみです。

 四月はいつも「大丈夫かな」と心配が先に立つのですが、そんなおとなの心配をよそに、子どもたちはなかなか立派にやってくれます。この間までお母さんと別れがたくてぐずぐずしていた子どもが、今度は自分より小さな花組さんが入ってきてお手本となる立場になった途端に、しゃきしゃきできるようになるなどということもあります。また、光組さんは、戸惑いながらも、懸命にお世話しようと奮闘してくれ、最初の頃はぎこちなかったり振り回されたりしていても、いつの間にか頼りになるお兄さんお姉さんになっています。そして、花組さんたちも、そんなお兄さんお姉さんたちに守られて、九月に希組さんたちを第一園舎に迎えるころには、ちょっぴりお兄さんお姉さんの顔になっています。
 
 お母さんたちも然りです。初めての子どもを花組に入れたときは、かくいう私もドキドキでした。まさに母親一年生です。特に長男は思うに任せず、どうすればいいのか悩みは深く、失敗の連続でした。子どもとの関わり方のいろはを、この幼稚園で教えてもらったと言っても過言ではありません。
 親の思い通りにしようとするのではなく、子どもの本来持っている成長しようとする力を信じ、どんな時にも子どもをこよなく愛するおとなが傍にいることを示し続けて、その子と共に自分も親として少しずつでも成長していけばいいのだと、当時の先生方から教えてもらい、保護者の人たちからは一緒に成長していこうと支えてもらいました。今も変わらぬ「めぐみ」の心です。
 
 この一年間も、子どもたちの優しく逞しい笑顔に支えられながら、神様からお預かりした大切な子ども一人一人の命に仕え、おとなも子どもも共に、平和を創り出すものとして成長させていただきたいと思います。
 
 

7月便りより

7月便りより
学校法人めぐみ学園
めぐみ幼稚園
〒750-0009
山口県下関市上田中町2-13-26
TEL:083-222-7356
FAX:083-222-8305
------------------------------
・幼稚園
・通常保育
------------------------------
087809
<<学校法人めぐみ学園めぐみ幼稚園>> 〒750-0009 山口県下関市上田中町2-13-26 TEL:083-222-7356 FAX:083-222-8305