ときどき日記

   
  こちらでは、ちょっと可愛い(?!)似顔絵による職員・スタッフの紹介と、
 ブログでは、毎月の園便りから園長の巻頭言、そして、その時々の幼稚園の様子やおもしろエピソードなどを教職員が交替でご紹介します。  乞う、ご期待!!
 

スタッフ紹介

スタッフ紹介
 
園長
園長
 
 
はな組(年少)担任 
はな(年少)組担任
 
 
ひかり組(年長)担任
ひかり組(年長)担任
 
 
あい組(年中)担任
あい組(年中)担任
 
 
のぞみ組担任
のぞみ(満3)組担任
 
 

園のスタッフによる ときどき日記

園のスタッフによる ときどき日記
フォーム
 
楽しかった~!お餅つき
2017-01-17
1月14日、時折雪が舞う寒い日でしたが、みんなが楽しみにしていた もちつきがありました。
 
かまどを作り、大きな釜に湯を沸かし、蒸籠でもち米を蒸し、おこわができます。
まずは、おこわの味見、おいしくておかわりする子続出‼
 
次は、お父さんたちの力強くもちをつく姿、リズムよい音を体感し、
どんどん おもちになっていく変化に みんなくぎづけです 
 
さて、いよいよ子どもたちのつく番、一人10回ずつです。
重い杵をしっかり握り、自分の力でついていきます。力を使って、顔は真っ赤です。
誇らしげに戻る顔、力こぶをつくって見せる子、ニコニコ笑顔、
みんな上手にもちをつくことができました。
 
部屋に入り、お盆にもちを二つもらい、自分で丸めて、お椀に入れ、
お魚と野菜たっぷりのお汁をついでいただき、お雑煮を食べました。
自分たちでついたおもちはとてもおいしかったようで、モリモリたくさん食べることができました。
おかわりした子もたくさんいました。 
 
お手伝いくださったお父様方の力をお借りし、無事にもちつきを終えることができました。
ありがとうございました。 
子どもたちの「10回つけた~」「たのしかった~」「おいしかった」のことば、
そして、雪の中、キャ~っと遊ぶことができ、素敵な日となりました。
 
 
 
のぞみ組  スイートポテト作り
2016-12-13

128日、希組さんは「クッキング」でスイートポテトを作りました。

 

初めてクッキングをすることを子ども達に話した時は、ピョンピョン跳ねながら

「やった~」と喜ぶ子もおり、楽しみにしているようでした

 

始めに、「スイートポテト」はさつま芋を使ったお菓子であることを伝え、

10月に行った収穫感謝の日で芋掘りをしたことを写真を見ながら思い出してみました。

 

スイートポテトで使う材料や、道具の名称を伝え、知っているものは子ども達が

言ってくれたり、マッシャーでは「家にない」と言ったり、アルミカップでは「家にある」と

教えてくれたり・・・子どもってよく見ているんですね!

 

・・・いよいよクッキング開始・・・

 

蒸した芋の皮を剥く際には、「むけたよ!」「むけ~ん」など言いながら、

全員集中して剥いていました。二人でひとつのボールの中に、自分が剥いた芋を入れ、

ボールを支える人とマッシャ―で芋をつぶす人とでするように伝えると、

上手に交替しながらできており、教師が止めるまでよくつぶしていました

 

子ども達は、砂糖をこぼさずに上手に入れることができ、バターと塩は教師が入れました。

更にマッシャーでつぶし・・・次に、手で芋を丸めてアルミカップへ

 

卵黄をはけで塗ることも上手にできました。オーブントースターのトレーにのせ、

いざオーブントースターへ スイッチオン!

皆でオーブントースターの中がどうなっているのかみたり、匂いを嗅いだりして待ち・・・

「チン!」できあがり!!

 

できあがったものをみて、大喜びでした。ついに楽しみにしていた、食べる時・・・

全員、「おいしい!」と言ってパクパク食べ、全員おかわりをして合計3つ食べました。

まだ、おかわりしたいくらいおいしかったようです

 

お休みしたお友達にも3つ、そして先生達にもおすそ分けをし、おいしいと言ってくれることに

またまた喜び・・・とても楽しい、おいしいクッキングの一日でした

 
歯科学習の日
2016-11-04
 今年度2回目の歯科の学びが10月20日にありました。
(めぐみ幼稚園では、園医の協力を得て定期的に学んでいます。)
 歯科衛生士のお姉さんが各クラスを回り、年齢に合わせて
「歯の話」や「歯磨き指導」をしてくれました。
今回は、組(満3歳児)と組(年少)の様子をおつたえしますね。
 
 最初に、どうして虫歯になるのかを分かりやすく紙芝居で教えてくれました。
子どもたちは興味深そう
 次は歯磨き練習。
お姉さんから「こんにちわ」と「さようなら」の歯ブラシの持ち方を習って、やってみました。
自分の口に歯ブラシを入れてシュッシュッシュ。みんな上手~
お姉さんの掛け声と歯磨きソングに合わせてよ~く磨きました。
 最後は、大きな口を開けてお姉さんに見てもらいます。
「きれいにみがけたね!」ってほめてもらいました。
 
 追伸;「歯の裏側はお家の人に磨いてもらおうね!」と言われたので
    お母さん、お父さん、仕上げ磨きをよろしくお願いしますね
 
 
 
 
笑顔がいっぱい♡収穫感謝の日
2016-10-21
運動会が終わり、みんなにとって 次のお楽しみ・・・
10月14日(金)に 収穫感謝の日がありました
 
朝、体操帽子にリュックサック姿で、スコップを持って元気いっぱいに登園してきた 子どもたち
収穫感謝の日は、楽しいことが盛りだくさんです!
 
1番のお楽しみは、芋ほりです!
6月に苗植えをして、みんなで 水やりや草抜きを 頑張ってきた お芋を掘りました
芋が見えると「芋があったー!!!」「見えたよ!」と大喜びで、真剣な表情で掘っていました!
掘れたら、掘ったお芋と、記念撮影みんな いい表情でした
「撮って~」と、お芋が掘れるたびに やってくる姿も 微笑ましかったです
掘ったお芋は、みんなで分けて お家に持って帰りました!
 
そして、次のお楽しみは、園内散策です!
幼稚園には、自然がいっぱいで、果物のなる木がたくさんあります
今年は、柿(渋)、ザクロが 木になっているのを 見ることができました
ぶどうや、ひめリンゴ、甘い柿は、また来年のお楽しみです
 
お昼は、運動場でみんなで食べました
いっぱい力をつかってお芋を掘った後の、青空の下でのお弁当は とっても美味しかったことでしょうね
 
子どもたちのにこにこ笑顔がいっぱいの 楽しい1日になりました
 
 
 
楽しかった夏期保育
2016-07-29
 7月26日27日の2日間夏期保育が行われました
全員で第一園舎に集まり全体体操をした後は、みんなが楽しみにしていたスイカ割り!
「がんばれ!」「もっと前!前!」「そこ!そこ!」と大合唱.
上手にスイカに棒を当てる子供たちが多く最後までスイカがもつかなぁ...と、ハラハラドキドキ!
また、子どもたちの大好きな水遊びもありました。
ホースシャワーや水のかけあいっこに水鉄砲...
お友達といっしょに瞳を輝かせながら楽しそうに遊んでいました。
水とふれあう楽しさを心と体にいっぱい感じていました。
二日目は、蝉取りやしゃぼんだまあそびなど、夏ならではの遊びを思いっきり楽しんだ2日間
8月の夏期保育も楽しみにしていてね!
  
 

園だより

園だより
フォーム
 
クリスマスに向けて(12月たよりより)
2015-12-04
 毎年、この時期になると、光組のあの子ども達の集中力はどこから来るのだろうと感心させられます。いくつものことを並行してやりながら、その場、その場で、切り替えができるのです。全くおとな顔負けです。
 先日、聖劇のせりふ合わせをしていたとき、「上手に言えてるから、自信を持ってもう少し大きい声でゆっくり言えたらばっちりよ」と言うと、「ああ、祝福式の時みたいにってこと?」とRちゃんが言いました。
 「そう、そう! あの時のみんなはとっても上手だった。声も大きかったし、ゆっくり言えたしねえ。」と、私。
 ああ、なんて素敵な子ども達だろうと思いました。ちゃんと一つ一つが、彼らの中で自信となって繋がっていっているのです。運動会の組体操で見せたチームワークが、聖劇やハンドベル、メッセージのチームワークを生み出し、『足腰鍛えて』で跳び箱や鉄棒、縄跳びを繰り返し頑張って、自分の目指したところまで達成できたという喜びを体験した子は、それが自信となって、この時の集中力をも生み出しているのだと思いました。
 
 
 そう言えば、今年の八月に現役を引退した柔道家の野村忠宏氏がある対談の中でこんなことを言われていたのを思い出しました。背負い投げを得意とする方ですが、その他にも多彩な決め技を駆使することでも知られていました。そのことに触れられたとき、「何とか強くなりたい、きっとなれると信じて、ひたすら背負い投げを会得するために頑張って、頑張って、やっとこれだっと思えるようになったら、それまでうまくできなかった他の技も、なぜか意外なほど楽にかけられるようになったんです。一つの技を会得しようと頑張るなかで、体が自由に使えるようになったんでしょうね」と言われていました。

 その話を聞いたとき、モンテッソーリ教育も同じだと思いました。
昔、ある先生から「あれこれしていないって気にしなくてもいいのよ。何か一つのことを、自分が納得できるまで取り組むことで、子どもは自分の中に自由に使える力を貯めこんでいくんだから」と言われたことを思い出していました。
 今年のクリスマス礼拝も、その後にどんな子供たちの成長を感じられるのだろうと、楽しみに思える日々です。
 
 
祝福式によせて(11月たより)
2015-10-30
 運動会・キッズカーニバル・収穫感謝の日と行事続きの十月は、あっという間に過ぎ、光組の子ども達は、すでに次にやってくる幼児祝福式に向けての準備と、並行してクリスマス礼拝への準備をも着々と進めていっています。
  まずは、祝福式当日牧師に祈ってもらいたいことを、担任と話し合いながら決めます。決めるまでにも、彼らは事前に担任に予約し、予約の時間に担任の所へ行き、話し合いをするという手順を忘れずに行わなくてはなりません。そして、言葉が決まったら、次はその言葉を覚え、私の所にやってきて、その言葉をきちんと言えたら、クリスマス礼拝の聖劇のセリフがもらえるということになります。職員室の私の前できちんと言葉が言えて、セリフをもらえた時の、子ども達の「よっしゃあ!」と言わんばかりの顔を見ると、こちらも「よし、頑張ろう」という気持ちにさせられます。しかも彼らは、月・火・木の昼休みには、ハンドベルの練習にも行かなくてはならない子もいて、「今日は、忙しいんよ」などと言いながらも、その忙しさを楽しめるというすばらしい精神の持ち主たちです。本当にこの時期の光組の子ども達の姿には頭が下がります。
 祝福式も、クリスマス礼拝も自分たちが中心となって作り上げるんだという意欲に満ちています。花・愛の二年間「自分も光組になったら、あれをするんだ」という憧れの対象に、今年は自分たちがなるのだという気持ちが、あの意欲に繋がっていくのだと思います。
 祝福式に花組や愛組が参列する意味もそこにあるのだと思います。自分のお世話をしてくれる光組さんが壇上に上がった時の花組の嬉しそうな顔を見ると、本当に微笑ましくなります。また、愛組さんは次は自分たちだという顔で、光組の様子を見ています。
 手形を押す色紙に添える聖句は、今年も担任と相談して、「私の目に、あなたは値高く貴い」(イザヤ書四十三章四節)という言葉を選びました。どんな時にも、あなたたち一人一人はかけがえのない存在として神に認められ、愛されていることを、生涯にわたって忘れず覚え続けていてほしいという私たちの願いであり、祈りです。当日は保護者の皆さん共々、そのような思いで子ども達の祈りに心を合わせたいと思います。
 
 
大切にしたいもの(10月園たよりより)
2015-10-07
  朝から雨模様の水曜日、お仕事後の長い遊び時間を、室内でどう過ごすのかなと思っていると、階下から軽快な音楽が聞こえます。覗いてみると、各クラス自由参加で入れ替わり立ち代わり、曲に合わせて演技を披露しています。全体体操あり、組体操あり、ダンスありと、演技するも楽し、見るも楽し、手拍子打ちながらワイワイきゃあきゃあ、こうやってみんな運動会までに楽しみながら技を磨き、他のクラスのダンスや組体操の演技まで覚えていくんだねと、微笑ましい限りです。
 一人っ子だった私には、この園の子どもたちの縦割りのわちゃわちゃした中で育つ様子が羨ましくもあります。「子どもは子ども同士の中で育つ」と、よく言われますが、本当にその通りだと思います。先日もこんなことがありました。
   鉄棒の『時計回り』で苦戦していた男の子の様子を見ていた女の子が、「足を曲げたら、いいんよ」と言った一言で、スッとできるようになったそうです。傍で援助していた教師もそれにはビックリだったそうです。自分がそうやってできた実感が、その女の子にはあったから出た一声だったのでしょう。男の子ができたのを一緒に喜んでくれたことは言うまでもありません。
   また、こんな素敵な一言を聞くこともありました。午後から晴れた日、傘を持ち帰ろうとした年中の女の子が自分の傘が無いと言い出しました。傘立てにはその子のと同じ模様の傘が残っているのですが、自分のではないと言います。そこでその日は持ち帰らず、お母さんに連絡しました。お母さんは「子どもの言うことだから、自分も確認したい」ということで、翌日の朝見てもらうと、やはり彼女のではありませんでした。するとその日の午後、年長の女の子が間違えて持ち帰ったことが解り、次の日、無事自分の傘が戻ってきました。比べてみると、少し短くて、先端が円錐形ではなく、球のものでした。名前も消えかけていて、その他は全く同じでした。「よく違うって、わかったね」と聞くと「だって、とっても大事にしていたから。見つかって、すごくうれしい」と一言。
   物が溢れていて、失くしてもまた買えばいいやという風潮が感じられる昨今ですが、なんて素敵な感性だろうと、こちらまで嬉しくなりました。  
   幾つになっても、子どもたちの素敵な感性を見習いたいですね。
                                                          園長  藤原 敦子
 
学校法人めぐみ学園
めぐみ幼稚園
〒750-0009
山口県下関市上田中町2-13-26
TEL:083-222-7356
FAX:083-222-8305
------------------------------
・幼稚園
・通常保育
------------------------------
080210
<<学校法人めぐみ学園めぐみ幼稚園>> 〒750-0009 山口県下関市上田中町2-13-26 TEL:083-222-7356 FAX:083-222-8305