ときどき日記

   
  こちらでは、ちょっと可愛い(?!)似顔絵による職員・スタッフの紹介と、
 ブログでは、毎月の園便りから園長の巻頭言、そして、その時々の幼稚園の様子やおもしろエピソードなどを教職員が交替でご紹介します。  乞う、ご期待!!
 

園のスタッフによる ときどき日記

園のスタッフによる ときどき日記
フォーム
 
収穫感謝の日
2012-10-23
運動会、並びにKIDS★カーニバルでは、晴天に恵まれ
保護者の方々のご協力の元、無事に終える事ができました
本当にありがとうございました
 
さてさて!少し前のことにはなりますが
運動会に続き、みんなが楽しみにしていた収穫感謝の日がやってきました
 
それはさかのぼること5月28日・・・・
みんなで芋の苗を植えました★☆
 
『おおきくな~れ おおきくな~れ』
『おいしくな~れ おいしくな~れ』
と、魔法の呪文をかけて
毎日お水をあげたり 時には草抜きをしたりとみんなで育ててきました
 
 
収穫感謝の日当日
新園舎と第一園舎に分かれて、お世話さんと掘ったり、お友達と掘ったりしました
 
少し指先が余った軍手をはめ、一生懸命お芋を探す花組さん、
「あったあった♪」と嬉しそうに言う愛組さん、
「ここにあるよ!」とお世話さんに教えてあげる光組さん
子ども達はスコップ片手にウキウキ にこにこ
 
中には「うんとこしょ どっこいしょ♪」で引っこ抜いた結果、
尻もちをつく子も・・・
 
 
みんなで掘ったお芋は全部で320個もありました
みんなが魔法の呪文をかけたお陰ですね すごい
 
 
大きいお芋や小さいお芋、細長いお芋などたくさんあるなか
自分でお芋を3つ選んで家に持って帰りました
持ち帰ったお芋は、みんなのお家でどんな料理に変身したのかな??
 
みんなで掘ったお芋、とってもおいしかったことでしょうね
 
 
めぐみ幼稚園のアツくて美味い夏
2012-09-05

今年も例年通りのとても暑い夏でしたね

みなさん、どのように過ごされましたか?

「夏」を満喫されましたか?

 

 

めぐみ幼稚園も「夏」を思いっきり満喫しました

 

 

7月の終わりの「夏期保育」にスイカ割りと水遊びをしました

中身がしっかりつまった大きくて丸々したスイカを二つ並べて

第一園舎VS新園舎でどちらが早くスイカが割れるか競争しました

 

体操帽子を反対向きにかぶってUVガードを目隠しにしました。

水着に反対向きにかぶった帽子で見た目はちょっとクスッとしてしまいますが

みんな真剣に挑戦です

 

 

目隠しをしていてもほとんどの子がスイカまではたどりつけるのですが

なにせとっても立派なスイカなもんで

なかなか割れてはくれません

せっかくスイカを叩けても「ポン」と軽い音が響くだけ…

「全然割れんねえ」と子どもたち

とうとう花組の子の中にはスイカよりも地面のアリに夢中の子も

だけども諦めずに何度も挑戦

 

 

最終的には教師も参加して、やっと割ることができました

 

 

その後、みんなでスイカを食べました。

水着姿で体操帽子をかぶって食べている姿は

とってもかわいらしくてやっぱりちょっとクスッときます

 

 

みんなで力を合わせて割ったスイカ、とっても美味しかったね

 
希組の1学期
2012-07-19
希組担任の宮原です
 
1学期が無事に終わり、ホッとしています。
振り返ってみると、4人の子どもたちのかわいらしい姿ばかりが浮かんできます
 
私の一人占めではもったいないので、ちょっとだけ皆さんにご紹介したいと思います
 
まず、1枚目の写真ですが・・・
5月の終わり、希さんは「おにぎり」がひそかなブーム。
お気に入りの本は「おにぎり」
リクエストする手遊びは「おにぎりにぎにぎ、おにぎりにぎにぎ、梅干し入れて~、あむっ」
それなら…と、
炊飯器でご飯を炊くところから、おにぎりを作って食べるところまでやってみようと考えました。
 
登園してすぐに炊飯器のスイッチをみんなで押して、お仕事を始めました。
 
第2園舎には4人の子どもたちと、私だけ。
しーずかな部屋の中、しばらくすると…
 
……ぶくぶくぶくぶくぶくぶくぶくぶく……
 
炊飯器から聞こえてくる音に引き寄せられ、Kくんが耳を当てた瞬間
ごはんがおしゃべりしてる
 
一斉に炊飯器に近寄り、僕も私もと顔を近づけていて、一触即発
私が「順番にしようね」と言いそうになったその時
 
4人で上手に並んで炊飯器に耳を当てているではありませんか
不思議そうに、でも、嬉しそうにくっつき合っている子どもたちを見ていて、
「なんて平和なんだろう」と思いました。
 
 他の写真も同様です。育てたあさがおのしぼんでしまった花をすりつぶす時も、ガタガタするすり鉢に自然に手を添えていましたし、小さなレモンを拾ってくれば、みんなと一緒に見てみようと言いだし、順番に観察したり、におったり、なめたり…
 
子どもたちは、順番が守れずすねてしまったり、自分の思いが通らなくて泣いたりすることがあります。
でも、一つの事象に対して、待ってあげたり、譲ってあげたりすることもまた、たくさんあります。
 
いろいろなルールがあり、それを守っているからみんなが気持よく過ごせるのが世の中ですが、
自然に譲り合い、一緒に楽しむことのできる子どもたちの世界こそが、一番の理想的な姿だなあと
子どもたちに教えられました。
 
2学期にはまた2名の子どもたちが加わります
6人になると、どうなるのかな?
またまた新しい発見に出会えることを期待しながら、夏休みを過ごしたいと思います。
 
 
 
光組バス遠足
2012-06-21
どうも、光組担任の宮本です
 
6月1日(金)は光組のバス遠足でした
 
天候にも恵まれ
北九州市にある『いのちのたび博物館』へ行ってきました
 
子ども達は、事前に図鑑で恐竜のことを調べ
光組だけの「恐竜図鑑」にまとめました
 
その光組恐竜図鑑を持って、いざ博物館へ
 
入館と同時に
「大きい~」「でかすぎるやろ」と
みんな、恐竜の大きさにびっくり
 
恐竜図鑑と、化石を見比べながら
「ティラノサウルスの爪って本当に尖っているね」
「トリケラトプスは本当につのが3本あるね」
と興味津々でした
 
恐竜が生きていた時代を体験できるエンバイラマ館では
暗くて恐竜の鳴き声や、稲妻の音が響き渡る中、
泣いてしまった子どももいました
 
しかし、実際に恐竜が動いている所が見れたり、
恐竜の鳴き声を聞くことができたりと
子ども達の印象に一番残っているようでした
 
みんなで行った遠足
とても驚いて、とても楽しくて、たくさん笑った1日でしたね
 
 
7月 園だより 巻頭言より
2012-06-28

 鬱陶しい梅雨空が続く毎日に、教師達は行事の前になると、ネットの天気情報とにらめっこしながら、ハラハラドキドキです。  

 特に今年は、花と愛の遠足は最初の予定日が大雨だったので、次こそはという思いも強く、日々変化する予報に一喜一憂でした。  

 

 そんな日々を送っていたある日、愛組のRちゃんが水疱瘡に罹患したというお電話。予定通り行けていたらと思うと、可哀想でなりませんでした。  

 でも、そのお電話には、こんな健気なお話が続いていました。

すっかり気落ちしているRちゃんを慰めようと、お母さんが、「でも、予報ではまた雨みたいに言ってるから、皆も行けないかもしれないよ」と言うと、Rちゃんは「じゃあ、皆が遠足に行けるように、お天気にしてくださいって、わたしお祈りする」と言って、お祈りしてくれたのだそうです。お母さんは、「私の立場が無いですよネエ」と笑っておられたそうですが、梅雨の晴れ間のようなお話でした。 きっとお母さんの優しさが伝わったから、Rちゃんも素直にお祈りしようと言えたのかなと思いました。

 

そして、遠足の日、降れば大雨になるかもという予報でしたが、午前中は曇りということで、迷わず決行 なんとか動物を見学だけはでき、帰りのバスから雨という、綱渡りの強行軍でしたが、私は心中ひそかに、これはRちゃんの健気なお祈りに、神様が応えて下さったような気がして嬉しかったです。   

 

また、遠足に行った教師からも心温まる報告がありました。 

ゾウのコーナーに行ったとき、ゾウが砂浴びをしている様子を観たY君が、「ゾウさんは目に砂が入って痛くないんかネエ」と、教師に聞いてきたので、「ゾウさんに聞いてみたら」と何気なく言うと、Y君は一生懸命大きな声で、「ゾウさん、目痛くないですかぁ」と聞いていたと言うのです。 なんと、すてきな発想でしょう

自分の悲しかったり、痛かったりした体験を思い出し、他を思いやることのできる子ども達の心に、本当に感動した遠足の出来事でした。 

 

「子どもは皆、生まれながらに人々と共に平和に生きていく為の『知恵』と『力』と『優しさ』を持っています。」という、当園のパンフレットの文言に偽りなしと確信し、更に、この柔らかな心を大切に育て、平和を作り出していく者として成長できるよう、お母さん達と力を合わせながら、より良い援助ができたらと、思いと祈りを新たにさせられました。                     

                            園 長 藤 原 敦

 

 

 実は、これには後日談があります。Rちゃんがやっと登園できるようになった日の帰りのバスの中、遠足の話になった時、Rちゃんがぼそっと「遠足みんなが行けるようにお祈りしたけど、雨ふったんよね」と言うので、「でも、みんな動物園行けたんよそしてちゃんと動物見る間は、雨降らんかったんよ!」と私が言うと、他の子どもたちも、「そうよ、ゾウとかにエサもあげられたんよ」と話しだしました。それを聞いたRちゃんは、パッと明るい顔になって、「ええっ!そうなん?」と聞いてきました。「そうよ、みんなが帰りのバスに乗って、走り出したら雨もいっぱい降りだしたんだって」と話すと、Rちゃんは本当に嬉しそうに、満足げな顔で園バスを降りて行きました。

 その後ろ姿を見送りながら、私も嬉しくなりました。 

 

                           

 

園だより

園だより
フォーム
 
新学期(4月たよりより)
2017-05-01
 明るい日差しの下、色とりどりの花が道行く人の目を楽しませてくれる季節が訪れました。幼稚園にも、また新しい花が咲きます。十二名の新入児と希組からの進級児六名からなる花組さんとの出会いです。
 道端のわずかな隙間を見つけて咲こうとしている小さな野の花にさえ、思わず「頑張れ」と、ふと足を止めて眺めたくなる愛らしさや健気さがあります。めぐみの『花組』さんは、まさにそんな一人ひとりです。そこにいるだけで、年中や年長の子ども達は、お手伝いをしてやりたくなる可愛らしく守ってあげたくなる存在です。そんな中、希組からの進級児は、すでにフワッとほころび始めた花です。園のいろんなことに馴染んでいるちょっと頼りになる仲間になってくれます。

 昨年度末、愛組になる子ども達に「みんなお花を見るとどんな気持ちになる?」と尋ねると、「かわいい!」「きれい!」「うれしい!」などの声が上がってきます。「みんなも入園してきたときは、そんな風にすごく可愛くって、周りの人がみんなうれしくなってお世話してあげたくなる花組さんだったんだよ。でも今度は愛組さんだね。愛組の愛ってどんな意味か知ってる?」と言ってハートを見せてやると。「あっ、ハート、そこにもいっぱいある」と言って、新園舎の壁面を指さして教えてくれます。「どんな時にハートを貼ってもらうの?」と聞くと、いろんな答えが返ってきます。「みんながお友達のことを思って、お約束を守れたり、気持ちよく過ごせるように心を使うことができた時にもらえるんだね。そうやってお友達のことや家族のことを大切に思う優しい心が、愛組さんの愛なんだよ。みんなはそんな愛組さんになってくれるかなぁ」と聞くと、子ども達は「なれる~。」と元気に応えてくれました。
 お世話してもらう立場から、今度は自分が誰かのために心や体を使うものとなるんだという思いを嬉しそうに伝えてくれます。これまた健気だなぁと思います。4月、意外と涙しているのは愛組だったりするのも、そんな彼らの健気さゆえでしょうか。

 光組さんも年長児として、年少児のお世話や様々な係り活動などいろんな新しいことが始まります。各クラスそれぞれに新しいことに向かって心と体を使っていく子ども達の姿に励まされながら、教職員一同思いを一つにして、子ども達をこよなく愛し、支え、応援していきたいと思います。よろしくお願いします。  
 
 
希望をもって生きるということ(3月園たよりより)
2017-03-22
  卒園を間近に控え終礼の時間に、卒園の言葉を決めるに際しての一人ひとりの子どもの思いを分かち、入園時から今に至るまでの成長を教師間で話し合い、更なる成長を祈る時を持っています。一日二人ずつの子どもについて話し、祈っていきます。毎年恒例になっていることですが、とても貴重な豊かな一時です。
 こうなりたいと願って頑張ったことが実を結び、それが自信となって次につながっていった子ども。こうなりたいと願ったことが実現できなくて悔し涙を流したけれども、それでも逃げずに乗り越えたことで成長できたと思える子ども。また、自分が楽しいと思って取り組める何かを見つけられたことがきっかけで、頑張る力が育ち始めた子どももいます。
   常に前を向いて希望を持ち続けていけることは、素晴らしいことです。どの子どもも、次はこうなりたいと願い、頑張り続けることができるのも本当にすごいことだと思います。

 先日、渡辺和子さんの『置かれたところで咲きなさい』という本を読んでいたとき、次のような文章に出会いました。
 第二次世界大戦下ナチスの収容所で生き延びた人たちは、必ずしも体が頑健だったわけではなく、希望を最後まで捨てなかった人たちだったということです。そのことから「希望には叶わないものもあるが、大切なのは希望を持ち続けること。希望の喪失は、生きる力の喪失でもある。心の支えがあれば、どんなつらい状況でも耐え抜くことができる。」と、書かれてありました。
 
 聖書の『ローマの信徒への手紙』の五章3~5節には、次のような聖句があります。
  わたしたちは知っているのです、苦難は忍耐を、忍耐は練達を生み、
     練達は希望を生むということを。希望はわたしたちを欺くことがありません。

 この子ども達が、どんな時でも常に希望を持ち続け、希望に向かって自分の力を使っていけるように、私たちおとなも希望を持ち、祈り支え続けられるものでありたいと願います。
 
 
心の「オニはそと~」
2017-02-06
 巷で恵方巻の宣伝がピークを迎える頃になると、幼稚園では各クラスで、鬼の製作が始まります。毎年色とりどりのユニークな鬼の面が出来上がります。今年はどんなお面が登場するのか楽しみです。
 さて、いよいよ節分が近くなると、各クラス集まりの日や体操の日に少し時間を取って、豆まきが行われます。得意満面、嬉しそうに自分が作ったお面をかぶって、交代で鬼役になり「オニはぁそと~!ふくはぁうち! オニはぁそと~!」と豆をまく姿も笑いを誘います。割り当てられた豆を少しでも長く巻き続けようとチビリチビリとまきながら追っかけまわしている子や、豪快にまく子など、まき方も様々です。
 邪鬼を払う習わしとして、古くから行われてきた節分の風習、大寒後の空気が乾燥したところで起こる火事や、風邪などの流行りやすいこの時期、古代人がそれらを邪鬼の仕業として、豆を打ち付けて払おうとした気持ちも解らないではありません。
 自分の子どものころを振り返ってみると、鬼といえば、何となく自分に悪いことをもたらす得体のしれない悪者ぐらいにしか考えず、我が身を守りたい一心で、ただただ家から外に追い出そう、うれしいことはやって来いとばかりに、豆まきをしていた気がします。子どもなんだからそんなもんだよとは、思いますが、それだけではどこかの国の新大統領の発想と同じような気もします。
いつだったか、豆まきの様子を見に行った時に、豆まきをする前に、子どもたちにどんな心のオニをやっつけたいかを言ってもらい、「そのオニが自分の体から出ていくように豆をまこうね」と促している先生の言葉に感心させられたことを思い出します。それは泣き虫のオニだったり、意地悪したくなるオニだったり、怠けたくなるオニだったりと様々ですが、そうやって言葉にして自分の弱さをやっつけたい、乗り越えたいと願う子どもの心は素敵だなと思はいます。
 それからというもの私も今年はどんな心のオニをやっつけたいかなと考えます。おとなも子どもも、心も体も健康的に、前を向いて一歩踏み出す春を呼ぶ節分になるといいなと思います。
さて、みなさんはどんなオニを追い出したいですか?
 
 
堅く立つ
2017-01-12
 皆さんは、どのような新年をお迎えになりましたか。
 幼稚園の仕事始めの日、新年の挨拶を園長からと言われており、何を話そうと悩んでいるときに、ふと心に浮かんだのが次の聖句でした。
 「堅く立って動かされず、いつも全力を注いで主のわざに励みなさい。
  主にあっては、あなたがたの労苦がむだになることはない。」
             (コリント人への第一の手紙第一五章五八節)
これは、下関バプテスト教会百周年記念の栞の裏に記されている聖句でもあり、礼拝で讃美歌を開くたび目にしていたものでしたが、特に今年は、心にグッと響くものがありました。『堅く』の漢字は『もろい』の反対語で、他の漢字の「かたい」とはそれぞれ語意が異なります。そこにこそ心に響いた意味があるのだと思いました。
 動揺するような事態が次々と起きるのが私たちの日常です。 そのたびにグラグラと揺れ動き、もろく崩れてしまうような立ち方ではなく、どんな事態になろうとも動かされないような立ち方をせよと言うのです。
 「いつも全力を注いで主のわざに励んでいる」という自覚がそこには、必要なのだろうと思います。神が求めているように自分は生きられているだろうかという思いが、私にこの言葉を想起させたのかもしれません。しかし、そのあとに続く言葉は、私たちを慰めてもくれます。神は私たちの労苦をむだにはなさらないとも言われるのです。
 回り道に思われる一つ一つをも、主は思いもよらないところで用いてくださるのだと思います。多様な社会の只中にあって、どのような在り方が求められているのか思い悩むことの多い時代です。子育てにおいてもそうだと思います。溢れるほどの情報の中から、子どもにとってより良きものを選択して与えることは本当に大変だと思います。
 めぐみ幼稚園に勤める私たち職員も、今一度原点に立ち返り、子どもたちが自分の本来持っている力をしっかりと使っていけるよう、良き援助者として堅く立てる者となりたいと願っています。ともに祈り求めつつ、子どもたちに負けないよう頑張りましょう。今年もよろしくお願いします。
 
 
心の豊かさ(12月たよりより)
2016-12-14
 十月のある日、教会の吉岡さんが数枚の写真を持ってきてくださいました。それは、昨年の下関バプテスト教会の子どもクリスマス礼拝に出席した子どもたちが、ニジェールの子ども達へのクリスマスプレゼントとして持ち寄ってくれた鉛筆を一本ずつ手に持って、嬉しそうに笑っている子どもたちの写真でした。
 たった一本の鉛筆を、こんなにも喜んでくれる子ども達が地球の向こうにはまだまだたくさんいるという現実に、胸が痛むと同時に、子どもたちの愛はこうして伝わっているんだなと思うと、胸が熱くなるのを感じました。

 実はこのプレゼント、昨年のクリスマス後に吉岡さんがまとめて船便でニジェールに送って下さってから、ちゃんと届きますようにとずっと祈り続けて半年以上、やっとニジェールから届きましたという一報が入ったのは、なんと夏休みでした。 アフリカの厳しい社会状況を少し垣間見た思いのする期間でもありました。
 
 今年も、めぐみ幼稚園のクリスマス礼拝献金は、ニジェールに送ろうと思います。
それに先立ち、年中児愛組の子どもたちは、先日吉岡さんからアフリカのニジェールの子どもたちの様子についてお話を聞きました。遠いアフリカの国の様子を想像することは、なかなか難しいようでしたが、子どもたちなりにすごく暑い国で、水道など自分たちの生活には当たり前にある色々なものが無いこと、学校に行ける子どもも少ないこと、おもちゃも自分で作ること等、違いを少し感じることができたようでした。
 
 有り余るほどに物が溢れている日本の子どもたちが、鉛筆一本さえなかなか手に入らない子どもたちのことを想像することは、本当に難しいのだと思います。吉岡さんの話を聞き、嬉しそうにあの鉛筆を持って、お礼の写真を送るために整列してくれた子どもたちの姿を見ることで、自分の住んでいる地球には、まだまだ私たちの愛を待っている子どもたちがいることを、知ってもらえると嬉しいなと思います。
 
 今年もクリスマス礼拝に向けて、各クラスそれぞれに準備を重ねています。きっと、今年も子どもたちの霊と真が捧げられる素敵な礼拝になることと思います。言葉はつたないかもしれませんが、子どもたちからのクリスマスメッセージを、どうぞお受けください。
 
 

7月便りより

7月便りより
学校法人めぐみ学園
めぐみ幼稚園
〒750-0009
山口県下関市上田中町2-13-26
TEL:083-222-7356
FAX:083-222-8305
------------------------------
・幼稚園
・通常保育
------------------------------
086434
<<学校法人めぐみ学園めぐみ幼稚園>> 〒750-0009 山口県下関市上田中町2-13-26 TEL:083-222-7356 FAX:083-222-8305