園のスタッフによる「ときどき日記」

   
 こちらは…毎月の園便りから園長の巻頭言、そして、その時々の幼稚園の様子やおもしろエピソードなどを教職員が交替でご紹介します。  乞う、ご期待!!
 

園のスタッフによる ときどき日記

園のスタッフによる ときどき日記
フォーム
 
大工室たより
2016-07-01
 梅雨の中休みで今日は良い天気です。 大工室の窓からアサヒが差し込んで床に光が反射して、まぶしいほどです。すだれを下すと、シマシマの影ができて子ども達も喜びます。 いつもと違う何かを見つけ、変化を楽しんでいます。
 
 今までのときどき日記は、寒い季節の大工室で、卒園制作のころを書いていますが、今回は季節も製作品も違います。光組さんはロボット、愛組さんはキリンです。
 ロボットは、材料の木が堅くて、のこぎりでパーツを切り出す作業も、錐で釘を打つ穴を開けるのも簡単にはできません。 力も要りますが、道具を木に当てる角度や力の入れ具合も、いろいろとうまくできるポイントがあるのです。
 
 そのコツを掴むのはなかなか難しく、途中でやる気が切れてしまいます。 何日か大工には来ないこともあります。だけど、本人的には心のどこかに途中でやめたことを覚えているので、何日かしたらまた、大工をしに來るのです。
 「できんかも…」と口にして、不安感を見せる子もいれば、この前のことなどすっかり忘れ、まるでなかったことのように同じやり方で進めていこうとする子もいたりと、一人ひとりその子らしい詞と動きで、やるべきことに向かっています。
 
 今年のロボットは、とても丁寧な磨きをかけています。OKラインは厳しくて、小さな角も見つけて、「もう一度磨きましょう。」と、私に言われています。
 そうしていると、磨きの作業の大変さが「めんどくさーい。」から、「え~‼やめたくな~い‼」「まだしたぁい!」に 変わっています。
 
 やっていくうちに、子ども達も自分で、木肌の変化を色と手触りで見つけて、その変わっていくのが嬉しくて、どんどん磨いていきたくなっているようです。
 
 木のおもちゃ屋「めぐみ」ってお店が開けるね!と子ども達と話しています。ロボットはいつもより時間をかけて完成させます。どんなのができるか楽しみにしていてください。
 
見て楽しい!食べて美味しいパン給食!!
2016-05-13
今回のときどき日記のテーマは「パン給食」
ボンジュールさんの作って下さるパン給食には、毎回子どもたちへの心遣い・愛を感じます
 
5月12日(木)の献立は・・・
 
照り焼きチキンサンド
豚カツレタスドック
焼きそばドック
くるみパン
フルーツ(パイナップル)でした
 
この日は献立をを見ただけでも元気になれそうな子どもたち好みの献立でした
 
「いただきまーす」「焼きそばまーん」「パイナップルが入ってる
「蒸しパン初めてやー」などと子どもたちの喜びの声が聞こえてきました
その会話を聞きながら、「蒸しパン???」と思ったら、くるみパンのことでした
初めて食べるお友達もいたようで、豆だと思っていたお友達もいたようです(笑)
くるみパンのパン生地はほんのり甘く感じて、初めて食べる子どもにも食べやすいようでした
 
毎週「今日のパンは何が入っているパン?」と会話も弾み、笑顔いっぱいの給食時間です
心を込めて作って下さっているボンジュールさんに感謝です
 
よろしくね! あくしゅ♪ 2016年度 対面式
2016-04-28
 4月21日、22日に新入園児(花組)との対面式が行われ、光組は『スキップ』愛組は
『ぼくのようちえん』の歌をプレゼント  お世話さんの紹介後、光組が
お世話をする花組さんにプレゼントを渡し「よろしくね」と握手をします
お世話さんと花組さんが一緒に一本橋こちょこちょの手遊びもしました お兄ちゃん
お姉ちゃんとの触れ合いで、心もほぐれキラキラの笑顔が見れました  対面後もお世話を
してあげようと張り切っており、2年前に自分たちがお世話さんにしてもらったことを
思い出しながら優しく関わろうとしていました
 
おかいものごっこ♪
2016-03-02
2月24日(水)に、子どもたちが楽しみにしていた おかいものごっこがありました
 
この日を迎えるにあたっては、3学期の毎週水曜日のあそぶ日に、品物やお金・財布を作り、みんなで準備を進めてきました
 
今回は、スイーツショップ(パフェ・アイス・ケーキ)
ポップコーンやさん
おもちゃやさん(DS・サングラス・絵本・指輪)
すし・うどんやさん
やきとり・ピザやさん
銀行・エコバックやさん のお店が開かれました
 
第一園舎と新園舎にわかれて、子どもたちは、おみせやさんも、買い物も、どちらも体験しました
 
おみせやさんでは、「いらっしゃいませ~」と、品物の名前が書いてある紙をもって 大きな声で宣伝したり、喜んで「ありがとうございます」を笑顔で伝えたり、なかには、ひたすら売り上げのお金を数えている姿も・・・
 
 一方、お客さんは、人気の商品には行列を作って並んだり、ほしかったものを買うことができて 跳びあがって喜んだり・・・
まだまだ買い物がしたい人たちで、銀行も混み合っていました
光組さんは、お世話の花組・希組さんが買い物ができるように やさしくお世話もしてくれました
 
終わってからは、みんなで集まって、買ったものを見ました
 
子どもたちの 元気な声と 笑顔がいっぱいの 楽しいひとときでした
 
 
水曜日は、「遊びの日」よ♪
2016-02-03
毎週水曜日は、10時過ぎから、昼食をはさんで帰りの会が始まるまで、たっぷり遊べちゃう日!
幼稚園の恵まれた自然の中で、山坂を巡って子どもの世界が、存分に繰り広げられます。
月に一度は、一番年齢の低いつぼみ組みも混じって楽しみます。
つぼみ組に花をプレゼントしてくれる園児がいたり、木登りを見せてくれる園児がいたり・・・
いいなあ、縦の関係を体験できるって。
 
 
 
 

あいぐみさんへ

あいぐみさんへ
フォーム
 
これな~んだ?
2020-05-07
 
 今、幼稚園の周りにはたくさんの草花が咲いています。
 子どもたちと一緒に見れる日を楽しみにしながら、今日は子どもたちにクイズとして出してみたいと思います。
 一緒に考え楽しんで見てください
 
写真の花はな~んだ? 
ヒント1.幼稚園の栗の木の下の「やつで」の近くに咲いてます。
ヒント2.小さな赤い実を付けます。
ヒント3.みんなの知っている○○○には粒々が付いています。      
    ○○○を育てているお友達もいます。
ヒント4.これは「の○○○」という名前です。
    ○○○に入る三文字な~んだ?簡単すぎたかな?答えはまた今度教えてね~
 
 
おうちでたいそうしてみよう!
2020-04-30
 先日はお電話で色々お話を伺わせていただきありがとうございました
 子どもたちの元気な声を聞き大変嬉しく、力をいただきました。
 
 幼稚園が始まったら、やってみたいと考えている体操を紹介します。
 ぜひ、お家で楽しみながら取り組んでみてください
 
 「手押し車」覚えていますか?これもまた、お勧めですよ~

 

 

ひかりぐみさんへ

ひかりぐみさんへ
フォーム
 
おうちで やってみよう!
2020-05-07
おうちで げんきに すごしていますか?
きょうは おうちでできる たのしいことを おしらせしますsmiley
ぜひ、おうちのひとといっしょに やってみてくださいね
 
 
①「ちょうざ」
ひざをまっすぐのばして ゆかにすわります。
あしはそろえて、こうをのばします。
つまさきは、おくにむけます。(うえでは ないよ!)
こしに ちからをいれて、せなかをまっすぐ うえに のばします。
せなかや ひざが しっかりとのびると、きれいな「ちょうざ」ができます
 
 
②「ておしぐるま」
りょうてをゆかにつき、おうちのひとに あしくびをもってもらいます。
てを、かわりばんこにまえにだして、まえにすすみましょう。
おなかが さがらないように いしきしてみましょう。
 
 
③「おしりあるき」
たいそうずわりのように、ひざをたてて すわります。
ては つかいません。
おしりを つかって、まえに すすんでみましょう!
 
 
おまけ
④おりがみで「かざぐるま」を おってみよう
ひかりぐみでは、「かざぐるま」の つづきから あたらしいものに ちょうせんしますlaugh
「かざぐるま」おもいだして ぜひ おってみてください
 
 
やってみたら、こんど ようちえんで みせてくださいねsmiley
 
めぐみようちえんクイズ
2020-04-30

おうちで、げんきにすごしていますか?

このあいだは、でんわで おはなしできて うれしかったです

ほんとうは、みんなとあって、たくさんおはなし したいですが、なかなかあえないですね

 

きょうは・・・

うちえんのことを たくさんしっているひかりぐみさんに、ようちえんクイズをだしますsmileyheart

ぜんぶで7もんさあ、いくつわかるかな?

 

 

①めぐみようちえんには、なにぐみがあるでしょう

enlightenedぜんぶで5つ いえるかな?

「ひ・・」「あ・」「は・」「の・・」「つ・・」 のことばからはじまるよ!

 

 

②ひかりぐみのおともだちは、15にんいます。さあ、だれがいるでしょう

 

 

③かめのなまえを おぼえているかな

enlightenedちいさいかめは「さ・・」 おおきいかめは「かめ・・・」からはじまるよ!

みんなが とうみんからおこしたかめたちは あたたかくなって、げんきに えさを たべはじめました。ひかりぐみさんに おせわをしてもらうのを たのしみにしていますよ!

 

 

④めぐみようちえんバスのいろは、なにいろでしょう

 

 

⑤ようちえんにある、みんながあそぶ もりのなまえは なんでしょう

enlightened「・・・のもり」だね

 

 

⑥おかえりのときにたべる、まるくてあまいものは なんでしょうcheeky

enlightenedおいのりとうばんさんが スプーンでくばってくれるよ!

 

 

⑤パンきゅうしょくには、パンが いくつはいっているでしょうcheeky

 

 

⑦ほんよみのへやの おはじきのかずは、なんこあるでしょう

 

 

 

こたえが わかったかな??

わかったら、おうちのひとにも こたえをおしえてあげてね

おうちのひとと いっしょにかんがえてもいいですよ

 

親子で楽しむ運動遊びを紹介します!

親子で楽しむ運動遊びを紹介します!
フォーム
 
タオルあそび編
2020-05-10
運動遊びの第4弾は、タオルを使って遊びます。
力をいっぱい使ったり、瞬発力も使う遊びです。
 
「タオル取り」は、子どもとだけでなく、おとな同士でもつい本気になってしまいます。
きっと、お兄ちゃんやお姉ちゃんとも一緒になって楽しむことができると思います!
 
なべなべそこぬけ」は、単純なのですが、子ども同士でよく取り組んでいます。
普段は手をつないで行うのですが、おとなは「肩が上がらない…」と四苦八苦することがよくあります。
タオルを使うと動かしやすくなるので、ぜひ、試してみてください。
 
筋力向上編
2020-05-04
皆さん、ゴールデンウィーク、いかがお過ごしですか
 
運動遊びの第3弾です!
今回は「筋力」を使うものを選んでみました。
腕や脚、おなかにも力をいっぱい貯めて、挑戦してみてください
子どもの筋力も必要ですが、お家の方の筋力も使うものもあります。
ぜひ楽しんで取り組んでみてくださいね。
 
いろいろジャンプ編
2020-04-28
運動遊び、第2弾です!
「バランス感覚編」は、皆さん、お試しいただけましたか?
 
今回は「ジャンプ編」です。
少しレベルアップしたものも紹介しますので、ぜひ挑戦してみてくださいね
 
ジャンプするときに気をつけたいのが、つま先で跳ぶ」ことです。
つま先で軽く、何度も跳べるようになると、縄跳びをするのも上手になります。
つま先でまっすぐ立つことは、子どもにとっては結構難しいのです
つま先で立って歩くだけでも、バランス感覚が育つだけでなく、筋力トレーニングになりますよ~!
 
バランス感覚向上編
2020-04-24
ときどき日記でお知らせしていました「運動遊び」を紹介します!
 
ゆらゆらする身体を、なんとかまっすぐに、こけないようにと調整することでバランス感覚が育っていきます。
この他に「つま先歩き」や「かかと歩き」もおススメですよwink
家族みんなで片足立ちして、いくつ数えられるかな~と「片足立ち選手権」をしたり、例年運動会で光組さんが挑戦している「ひこうきバランス」をしてみたり…
 
ぜひ、お試しくださいね!
 

園だより巻頭言

園だより巻頭言
フォーム
 
5月たよりより
2021-04-28
 
 子ども達はこれまで私を「角田先生」と呼んでいましたが、園長になってからは律儀に「角田園長先生」と呼び直してくれる子もいます。呼ぶ方も呼ばれる方も慣れないでいるうちに、つつじの頃となりました。春から初夏へと季節は向かっているのでしょう。ただ、急に二〇度を超えたかと思うと、上着を着ないと寒い日があったりで 季節の変わり目は気まぐれです。ゆるやかに季節が移ろうことが少なくなり、ふり幅が大きいのは近年の特徴のようで、体調管理が難しいところです。
 さて、4月の巻頭言で、幼稚園のホームページから 人格の実り について書きました。今月はそのサークルにある「自分を育てる力」について考えてみたいと思います。
子どもには、この力が生まれながらに備えられるのではないかと思います。動けるようになると、見えた物に突進し、何でも外に掴み出し、そして手で触り、口で確かめます。子どもの内面には、自分がどんな動きをすれば成長するのかが、すでに組み込まれているかのようです。時におとなが困るようなことであっても繰り返し、集中しないではいられない様々なことがあるようです。
 こうして子どもは内面の欲求を満たしながら「自分を育てる力」に置き換えているのでしょう。めぐみ幼稚園の「お仕事」の時間はそのことの為に設定されています。こうした衝動とも思える要求が、満たされれば満たされるほど、「自分を育てる力」に成り、落ち着き、優しく人のことにも力を使えるようになるのでしょう。それが更に確かな「生きる力」に成るのです。
 二度と現れないこの特別な時期「敏感期」を大切にしたいと願っています。
                          
園長  角田  郁美
 
4月たよりより
2021-04-12
  入園、進級おめでとうございます。心よりお喜びを申し上げます。
様々な花が咲く美しい季節となりました。春になって一番に幼稚園に来てくれるのは、準備保育の新しい花組さんです。彼らのことを思いながら冬のうちに植えたチューリップが今、花盛りとなって、初々しい新花組さんを先日迎えました。
 幼稚園は新しい体制でスタートを切りました。夫々の持ち場でスタッフ一同、新学期に向けて準備万端整うよう、抜かりがないように連日打ち合わせ、幼稚園の中も外も、環境を整えました。進級してやってくる子ども達の笑顔を楽しみにして、待っているところです。ただ、一度整えた環境も、子ども達の実際の動きに合わせて、よりふさわしい形へと変えていける柔軟性が、私達スタッフに求められることの一つでしょう。 
 めぐみ幼稚園のホームページを開くと、園舎の写真を囲んだ○と→の図があります。その一つである 人格の実り には、「自分を育てる力」「決断する力」「柔軟な心」を習得し「主体的に生きる力」を子どもが持てるよう教師が働きかけるという主旨のサークルがあります。子どもにそのような力が実るよう、教師は、子どもを愛し、信じ、祈りながら、毎日の保育に当たります。また全スタッフがそれを支える覚悟です。
 今年度も、どうぞよろしくお願い致します。
 
園長  角田 郁美
 
3月たよりより
2021-03-01
聖書で、神様がこの世に一番初めに創られたものは何かご存じですか?
昨日、久しぶりに手に取った本「天の光」という写真集に、こう書かれていました。
 
『初めに、神は天地を創造された。
神は言われた。「光あれ。」 こうして、光があった。』 
                 (創世記一章 一節~)
 
全ての始まりは、「光」なのだと改めて考えさせられました。ここでは
光=太陽としているのだと思いますが、私は「希望」と捉えています。
暗闇の中で一点の光が見えたとき、人は自然にその光の方へ導かれ歩み始めます。不安だった暗闇の中から、一気に安心と希望が生まれます。悲しいことや苦しいことが起きたとき、傍にいる人から適切な言葉があると慰められ、また頑張ってみようと奮起し、沈んだ心に希望が生まれます。そうした時「言葉」は「光」だと思うのです。光が体に当たるとポワ~と温かくなると同時に心も温かく穏やかな気持ちになります。私たちおとなは、子どもたちに「光」を照らし続け、穏やかな心や希望を与え、子どもが前進しようと思う気持ちに沿える「言葉を使う者」でありたいと願います。
人間は生まれながらにして良いものを選択する思いが内在していることに驚かされます。というのは、子どもたちに、良い例と良くない例を話すことがありますが、教師が未だ教えていない、子どもたちは初めて聞くことでも、良い例の方を選択します。子どもの時に既に、人は正しいと思うこと、美しいと思うことは、迷うことなく選択する心が内在しているのです。それは、神様から与えられているものなのだと思います。
四月から、子どもたちは進学、進級と新しい世界へ進みます。正しいと思うことをこれからも選び続けていけると信じています。そして、自分を取り巻く友だちに、自分が持っている「光」を照らし続けてほしいと願っています。
 
園長 宮川美代子
 
 
2月たよりより
2021-02-01
「 わたしは まことの ぶどうの木 あなたがたは その枝である。
      人がわたしに つながっており、 また その人と つながっていれば、
                              その人は 豊かに実を結ぶ。」 
 
 この聖句は、めぐみ幼稚園が大切にしている理念の土台になっています。そのため、幼稚園には色々なところで「ぶどう」を見ることができます。通園帽子に着ける園章バッジ、新園舎にあるステンドガラス、卒園式、式次第の表紙デザイン等などです。
  私はこの聖句で、「つながる」という言葉に大切な意味が込められていると思っています。まずイエス様と私のつながりの土台があり、子ども同士のつながり、子どもと教師のつながり、子どもと保護者のつながり、保護者同士のつながり、保護者と教師のつながり、というように、縦と横のつながりが人を豊かにさせてくれるという大切な事実です。一方的なつながりでは意味がなく、お互いが相手を思い、つながりたいという願いが大切だということです。人とのつながりが多いほど、楽しいこともあれば、辛いこともあります。子どもたちの世界にも、日々様々なことが起こり、友だちと話し合いを要することが出てきます。プンプン怒っていても話し合いの場にいこうとする気持ちは、相手を受け入れようとする気持ちであり、そこから平和を作り出すことにつながっていくと思います。めぐみの子どもたちは、同年齢は勿論、自分より小さい友だちのことを考えられる優しい子どもに育ってくれていることに感謝しています。お世話を通して、他の人のためにも力を使えることができることは素晴らしいことです。イエス様が、そのままの私たち(子どももおとなも)を受け入れてくれているように、私たち教師も微力ながら、子どもたち一人ひとりをそのままの在り方で受け入れ、考えを否定せず、子どもがしたいこと、しようとしていうことを大切にしています。あと一か月で卒園していく光組。ひとり一人、豊かに結んだ実を、胸に抱き旅立ちます。これからもずっとイエス様とのつながりがあること、そして平和を発信できるものであることを願います。                                         
 
園長 宮川美代子
 
 
1月たよりより
2021-01-13
 
 やさしい目が  きよらかな目が
  きょうも わたしを 見ていてくださる
   『まっすぐに 歩きなさい』 と見ていてくださる
 
 これは、クラス礼拝で子どもたちと歌ってきた讃美歌です。ゆったりと穏やかな曲で私の好きな讃美歌のひとつになりました。「まっすぐに歩きなさい」という歌詞に込められているもの・・・ 自分で決めたことに自信をもち、前を見て一歩一歩進んでいきなさい。先にも、後ろにもそして横からも、いつも神様が見ているよ、という思いが込められていると思います。
 園では、自分で考え、選択する生活場面が度々あります。自分自身の事、友だちとの関わりでの事、教師から提案される事など選択と決断を求められる場面です。今までため込んできた経験や知識を総動員し、子どもはまず考えます。そして選択し決断します。子どもは決めたことに向かい、努力を始めます。もし決めたことに対して否定され、考えさえ聞いてもらえないことが度々あるとするなら、子どもの思考力や意思力は低下し、日々の生活も無気力になってしまうでしょう。確かに自分で決めた通りにできることもあれば、話し合いの中で自分の考えは間違っていたことに気付き、新たに考え直すことも度々起こります。それにより子どもの決断視点は豊かに、精神は器用になります。成長と呼ばれる姿が明確になっていくのです。
まっすぐに歩むための土台です。その力を持って、神様にいつも見守られていること、愛されている存在であることを知り、自分も友だちも大切に歩んでほしいと願っています。
 2021年、保護者の皆様ともこれらの理念を共有し歩みたいと、教職員一同願っております。どうぞよろしくお願いいたします。
 
園長  宮川美代子
学校法人めぐみ学園
めぐみ幼稚園
〒750-0009
山口県下関市上田中町2-13-26
TEL:083-222-7356
FAX:083-222-8305
------------------------------
・幼稚園
・通常保育
------------------------------
101505
<<学校法人めぐみ学園めぐみ幼稚園>> 〒750-0009 山口県下関市上田中町2-13-26 TEL:083-222-7356 FAX:083-222-8305