ときどき日記

   
  こちらでは、ちょっと可愛い(?!)似顔絵による職員・スタッフの紹介と、
 ブログでは、毎月の園便りから園長の巻頭言、そして、その時々の幼稚園の様子やおもしろエピソードなどを教職員が交替でご紹介します。  乞う、ご期待!!
 

スタッフ紹介

スタッフ紹介
 
園長
園長
 
 
はな組(年少)担任 
はな(年少)組担任
 
 
ひかり組(年長)担任
ひかり組(年長)担任
 
 
あい組(年中)担任
あい組(年中)担任
 
 
のぞみ組担任
のぞみ(満3)組担任
 
 

園のスタッフによる ときどき日記

園のスタッフによる ときどき日記
フォーム
 
大工日記★☆
2013-10-09
9月29日(日) 曇のち時々雨
午前中に家事を済ませ、スーパーへお買い物に行きました。
白菜を買いましょ♪と、カートを押すと、その先に愛組のH君が…
彼も私に気付き、ちょっぴり驚いたようでした。
私が手を振ると、はにかんだ笑顔を見せてバイバイと手を振ってくれました
白菜を選んでいると、後ろの方でH君の「大工の先生~」と、
お父さん・お母さんに言っている(…多分)声が聞こえてきました
 
そういえば、彼はもう 『はこ』 が完成したんだったぁ
夏休みが終わり、2学期の開始から1ヶ月経たずして出来上がってしましました!
 
H君だけでなく、夏休み明けの子ども達の力は色々たくさんパワーupしていました
まず、大工室に来て「おはようございます」の第一声も溌刺として気持ちの良いトーンで響きます。
 
光組さんは『額』、愛組さんは『箱』
新作は力に任せて金槌や鋸を使ってしまえばボロボロな仕上がりとなってしまいます
ところが、なかなかどーしての仕事っぷりです。
 
光組さんの『額』は、枠の四隅を合わせるのがとっても難しいポイント
寸法を合わせて切り、その後、角合わせのために斜めに切るのです。
木は柔らかいけれど、ノコの刃が木目に引っかかります。
小さいパーツなので、コツを感じ取らないと上手くノコをひく事は出来ません。
 
そこで私がポイントを伝えます
「力を入れすぎず、慌てない。急がない。リズムをとってシュッ!シュッ!×2」
と言ってやってみせると、A君が「歯ブラシと一緒だね」と自分の中にある感覚と
同じものを見つけ出してコツを獲得してくれました。スゴイぞ!!!
 
さて、出来上がると中に飾るものは・・・
お仕事の時間に頑張っているmini刺繍や、お気に入りの写真、自分で描いた絵などです。
なかなか立派なもんですよ!完成をお楽しみに
 
 
愛組さんの『箱』は、きりんに次いで2つ目の製作です。
今度は釘を打つ場所が狭くなります。
まっすぐに打たないと、釘の先が飛び出してキケンな箱になってしまいます
 
それでは、まっすぐに打てるポイントはというと、
錐で釘の穴をまっすぐに空けることです
少々面倒な作業ですが、ここを踏んばってしっかりと穴を空けると
本当に釘は曲がることなくキレイに打てるのです。
 
そして仕上げは紙やすりを使って磨きます
この紙やすりを使っての磨きも新たな作業なので、紙やすりを当てた場所を分かりやすくするために
面を鉛筆でグルグル、角を蛍光ペンでピンクに色づけします。
子ども達には「さぁ今からイジワルしまーす!せっかく作ったこの箱に落書きをします」と、言って
落書きの歌をうたってグルグルと書いていきます
 
子ども達は喜んで私のイジワルに対してゴシゴシ紙やすりをかけ、落書きを消すのです
すると、木の色が変わり手触りもファッとしたやわらか~い木肌が表れてきます
ずぅーっと触っていたい、本当に気持ちの良い仕上がりとなります
最後に名前と好きな絵を描いて完成です
 
只今、ぞくぞくと完成していますのでこちらも楽しみにお待ち下さいませ
 
 
めぐみの芋生活スタート!
2013-05-27
 5月24日(金)快晴
サツマイモの苗を第二運動場横の芋畑に植えました。
 
4月の時点で、業者さんがきれいな畑にしてくれていたのに
芋の苗植えをする一週間前に芋畑を見てみると草ボーボー
思わず唖然としてしまいました
けれど「これじゃあ、お芋が植えられんね。」と子ども達から言葉が聞けたのが嬉しかったです。
それから一週間かけて草抜きをしたり、前日には畑の土を掘り返して土をやわらかくして
「お芋がよく育つフカフカベッド」を作って、苗を植える準備はOK
 
良いお天気の中、芋の苗植えスタート
最初は苗を持ってみて触ってみたり匂ってみたり
中には「芋のにおいがするよ~」という子も…。(ホントかなぁ)
その後、畑のフカフカベッドに苗を植えました。
茎がしっかり土に埋まるようにみんな一生懸命土をかぶせていましたが
今年の苗はすごく元気がよくて、かぶせてもかぶせても
茎の先がピンと飛び出てしまっていました
初めて苗植えをする花組さんもお世話の光組さんに手伝ってもらって
一生懸命植えましたよ。
(中には苗植えよりも土を触る方が楽しい子もいましたが…)
 
最後にみんなで「おおきくなあれ、おおきくなあれ」「おいしくなあれ、おいしくなあれ」の大合唱
で苗植えを終えました。
 
幼稚園で芋を育てるようになって早4年。
最初はなかなか芋が育たなかったり、困ったこともありましたが、
今年はどうなることでしょう
 
これから水やりや草抜きなど、子ども達のお芋との生活が始まります。
秋に美味しいお芋が沢山掘れるように、大切に育てていきましょうね
 
 
幼稚園にタッチングプールがやって来た!
2013-05-21
今年度初めてのときどき日記です。
新年度が始まって書きたいことはいっぱいあったけど、なかなか書けず…
そんなこんなで、ときどき日記は今日から新年度です。
今年度こそ子ども達のいろんな可愛い姿を一杯紹介できるといいな、と思ってます。
 
5月17日に海響館の方に園に来ていただきました。
6月7日に愛・花組が親子遠足で海響館に行くのにあたっての事前学習です。
光組は遠足では別の場所に行くのですが、事前学習には一緒に参加させてもらいました。
 
第一園舎に大きな水槽が入ったり、海響館のジャンバーを着た方が沢山いらっしゃって
会が始まる前から子ども達は大興奮
用意して下さった紙芝居舞台にペンギンの絵が描いてあっても大興奮
とにかく大興奮の中で会が始まりました。
 
最初に「ヤドカリのひっこしだいさくせん」という話と「さみしんぼうのヒトデくん」
というお話の紙芝居を聞きました。
始まるまであれだけ大興奮だったのに、紙芝居が始まると一気にみんな紙芝居に夢中
引きこまれるように見入っていました
7人の方が一人一役ずつなりきって紙芝居を読んでくださったのですが、
これが皆さん演技派で、子ども達もより引きこまれたのかもしれません
 
その後はお楽しみの出張タッチングプールです。
ヤドカリとヒトデとナマコとタコを触らせてもらいました。
海響館に日頃からよく行っている子は「勝手知ったる」なもんで、
私達大人以上に慣れた手つきで触っている子も多かったのもビックリでした。
中には「タコの足ちぎらないでよ」とこちらがヒヤヒヤドキドキさせられる
触り方の子もいましたが…
 
最後に来て下さった方から手作りのカードのプレゼントまでいただき、
子ども達にとっては大満足な会になりました。
いただいたカードは後日持ち帰りますので、お楽しみに
 
花組さんと愛組さんは遠足でまた海の生き物達に会えるのが楽しみですね
 
 
豆まき
2013-02-04
2月1日、予定していた愛組豆まきの日。
朝からどんより重たい雲 いつ雨が降り出してもおかしくない空
登園してくる子どもたちからは「できるよね、豆まき…?」と心配そうな声
「雨が降りませんようにって、昨日の夜 お祈りをしたよ」と言う女の子もいました。
 
おしごとの時間が終わり、外を見ると冷たい雨が… がっかり
でも園長先生が「かわいそうだから お部屋ですこし豆まきをしたら?」と言って下さり
やったー
 
まずは男の子がオニ役です。お面をつけるだけで気持ちが高まりパワー全開
つられて女の子も走り出しキャーキャー
「あのー、豆は投げなくてもいいんですか?」私の声に
そうだった、そうだった、豆、豆…
 
「えい、えい、おー」と気合を入れて豆まき開始です。
豆の入ったカップを手に、オニを追いかける女の子たち。
逃げずに女の子に向かってくるオニもいて大騒動
続いて女の子がオニ役。さっきの仕返し、勢いよく豆を投げる男の子たち。
オニはなぜか、そろってグルグル走っていてマラソンみたい
 
一気に豆を投げつけ、カップがすぐに空になる人
一粒一粒、確実に狙いを定めて投げる人…
豆まきにも性格が出るんですね
 
『すこしの豆まき』のつもりが、力いっぱい楽しんじゃいました。
 
お楽しみの後はみんなで豆拾い。
片付けも楽しめちゃうのは愛組さんのステキなところです
 
豆まきができてよかったね
みんなの心の中のオニも退治できたかなー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
収穫感謝 part2
2012-11-27
めぐみ幼稚園にはグミ・ザクロ・ひめりんご・梅など
いくつか実のなる木があります
幼稚園の実のなる木の一つに柿の木があります。
この柿の木、一本は甘い柿がなる木なのですが、
もう一本は渋柿で、今までは園の中であまりフィーチャーされることがありませんでした
 
それを今年、環境部のお母さん達が収穫して干し柿にしてくださいました
 
「干し柿」という名前は知っている子が多いようで、
お母さん達が柿をつるしてくださっているのを見たときから
「これ知っとるよ」「干し柿やろ?」「いつ食べれるん?」などと、
口々に言っていました
 
半月ほど待って、そろそろ良い感じになってきたので
みんなでいただくことにしました。
 
今回は食べられない人が多いかも…と思い、希望制にしました。
「食べたい人は集まってね」と声をかけると
意外にも沢山の子が大集合
 
「食べたことがある」と言った子は少なかったけれど
集まった子はみんな楽しみにしていました
 
みんなが揃うまでお盆に盛られた柿を眺めたりにおってみたり…
子ども達って大人が声をかけなくてもこうやって興味に任せて
いろいろ試してみるんですね すごい!!
 
食べたい子たちがそろってお待ちかねの試食タイムです
もらった干し柿を一気に食べちゃった子・恐る恐る口に入れる子など様々で
見ていてとてもおもしろかったです
 
「甘い、おいしい」と食べていましたが、
誰かが「お芋みたいな味やね」と言ったところから
子ども達の中では、「干し柿の味=お芋の味」となってしまったようです
 
干し柿は一つを半分ずつか三分の一ずつくらいにわけて食べたのですが
とてもとても好評で、多い子は3回もおかわりをしていました
 
とても貴重な良い体験をさせてもらいました。
準備してくださった保護者の方々、ありがとうございました
 
 

園だより

園だより
フォーム
 
お兄さんお姉さんになる思い
2018-03-02
 「一月は行く、二月は逃げる、三月は去る」と、昔から言われますが、学校現場に努めていると、特に強くそれを感じます。一年間のまとめの大切な時なのですが、子どもたち一人ひとりと本当にじっくり向き合えただろうかと思わされますが、子ども達の中では、着実に次への準備が進んでいます。
 「花組になる希組さん」、「愛組になる花組さん」と呼ばれると、子どもの背筋がちょっとピンと伸びるような気がします。自分よりも小さい人が入ってくる。自分はお兄ちゃんお姉ちゃんになるんだという思いは、今まで一番下で甘えていた気持ちをこれではだめだと修正させる力が働くようで、すごいなと思います。
 愛組の子ども達も同様に、最年長の「光組」という言葉に、独特のステータスを感じるようで、園の中でのリーダーとしての意識が育つように思います。お世話をすることや光組にしかできないことへの期待感があるのでしょう。「愛組の愛の力を持って、光り輝く光組さんになってくれるかな?」と、聞くと「なれる!」と、毎年力強く応えてくれます。そして、少しずつではありますが、頼もしい存在へと成長していこうとする兆しを感じます。
 光組の子ども達との日々は、本当にあとわずかになりました。楽しみにしていた行事が一つずつ終わっていき、後は卒園式とお別れ遠足を残すのみとなりました。そんな日々の中、小学校の仮入学前に、文関小の一年生から来た手紙は、卒園に向かう子ども達の良い刺激になったようでした。馴染のある子ども達からの手紙をじっと眺め、「漢字も書けとるし、すげえ」と感心した後で、「おれまだ漢字書けんけど、来年手紙書けるかなぁ」と、ぼそりと言いながら部屋に入っていく後ろ姿に、小学校への期待と不安を感じました。「大丈夫、みんなで勉強すればきっと書けるようになるよ。」と言うと、「うん、そうやね」とにこっと笑ってくれました。
 それぞれに自分を信じ、頑張る力を持てるよう祈り続けたいと思います。
 
 
思い出の幼稚園(2月園便りより)
2018-01-31
 第一園舎入り口横の内壁に、年長児が作った卒園式まであと何回幼稚園に来られるかというカウントダウンカレンダーがあります。すでに三〇日を切りました。子ども達は「あと何日になった」と言いながら、卒園までのまとめの時期を過ごしていきます。どんな思い出を胸に卒園していくのかなと思います。
 今年度クリスマス礼拝へ参加してくれた小学生へのプレゼントはめぐみ幼稚園カレンダーでした。空組に参加されている保護者の方のアイデアでした。写真を撮ってくれたのは大学生になった卒園児のHさんです。彼女が撮ってくれた沢山の園内の写真は、卒園児ならではの視点が感じられるものばかりでした。
 例えば、第一園舎と新園舎の間の通路や個人の道具を入れる引出しの棚、本読みの部屋に上がる階段、ジャングルジムから見た鎖山、通路の手洗い場等々、写真を見ていると自然にそこに子どもの姿がふっと現れるような気がします。もちろんお仕事の教具の写真一つ一つにも思い入れが感じられ、きっと魅力的に見えたり、一生懸命取り組んだりした思い出があるのだろうなと思わされました。
 写真にはそれを撮った人の思いが現れると、心動かされる写真を観るたびに感じます。教師が撮った写真にも子どもへの思いを感じます。「あなた方の心があるところに宝がある」という聖句をふっと思い出します。
 先日のワクワク参観日に、弟から招かれてきた中学生のK君も卒園児で、園舎を案内してもらった後の感想では「どれもみな小さいなと思いました」と言ったそうです。きっと幼稚園の時にはもっと大きく広く見えていたのにと思ったのでしょう。その言葉の奥に友達と走り回っていた思い出を感じました。小学生になっても自慢の幼稚園の園庭を友達に教えていた長男や、高校生になって久しぶりに第一園舎に入り、「ああ、幼稚園の匂いがする」と言った娘、今年の卒園児にとっても、そんな風に覚えていてもらえる幼稚園であれば嬉しいなと思う昨今です。
 
 
新たな一歩
2018-01-11
 年の初め、みなさんは何か心に留められた一言がおありですか。
 『初心忘れるべからず』という言葉がありますが、将棋で永世七冠を達成した羽生善治さんが、年末のある対談でこの言葉について語られていたのが、私は心に残りました。この初心という言葉は、物事を始めた最初の思いと取られがちですが、それのみでなく、節目節目で抱いた最初の思いということでもあり、自分はそれぞれのタイトルを手にした時、失った時、そういう節目の思いを大切にしてきていると言われていました。
 確かにその通りだと思いました。人は日々生きる中で変えられていきます。『日に新たに、日々に新たに』という言葉を私は子どもが日新中学校に入学した時に知りました。論語か何かにある言葉だそうです。一日一日を新たな思いで、一歩ずつ大切に歩んでいってほしいという願いがその校名には込められているのだと思います。
 順風満帆の日々ばかりではない、晴れの日もあれば、嵐の日もある。でも、次には必ず新しい一日がやってくる。それを信じ、新たな思いで、恐れず一歩を踏み出すことが自分の人生を生きるということなのだと思います。
 幼稚園の歩みもまた然りです。時代の波に翻弄されながらも、大切に守り続けるべき本質を見失わないように、節目の時、今の思いを忘れないでいたいと思います。
 今年も、子ども達の素敵な笑顔がたくさん見られるように、教職員一同、保護者の皆様共々に力を合わせて歩み続けていきたいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。
 
 
クリスマスに寄せて
2017-12-05
 今年は、クリスマス礼拝のメッセージにトルストイの民話を絵本にした『くつ屋のマルチン』を選びました。何度読んでも靴職人マルチンの人柄に心温まる、私の好きな絵本の一つです。また、読むたびにその時々で新しい発見があるのも良さだと思います。きっと読む時の自分の思いが違ってきているからなのでしょう。特に、聖話の時間、年長児と読みあう時には、子ども達の反応から考えさせられることも多くあります。また、子ども達にどう伝えればよくわかるだろうかと考える過程で、ハッとさせられることもあります。今年はお話の最後の所に書かれている次の聖句に目が留まりました。
  『 私の兄弟である 小さい者の一人にしたことは すなわち
    わたしに したことである。 』 (マタイ福音書二五章四〇節)
子ども達とこの聖句について考えたいなと思ったときに、「小さい者」という言葉が気になりました。神様が「お前を訪ねるよ」と言われたその日、マルチンが関わった人たちは、寒空の下で働いていたステファンじいさん、雪の降る寒い日に薄着で赤ちゃんを抱えていたおかあさん、リンゴ売りのおばあさんとそのリンゴを盗んでしまった男の子でした。
  その人たちに共通する小ささとは、と考えていた時、愛組の初めにした心の話を思い出しました。「そうだ、心だ」と思いました。寂しい心、悲しい心、困っている心、悪いと知っていても誘惑に負けてしまう心、自分のことでいっぱいで人を思う余裕を失ってしまった心、そんな時は自分の心がクチャクチャになって小さく縮こまって感じられます。これなら子どもたちにもわかるかもと思いました。案の定、子ども達は心が小さくクチャクチャッとなってしまう時については良く反応してくれました。そんな時どうしてほしいかも考えられました。祝福式の時のお祈りの言葉とも結びつきました。
   マルチンと関わった一人一人の中に神様がいてくださったように、その人たちはきっとマルチンの中にも神様を見ただろうね。みんなの中にも神様は一緒にいてくれるよと伝えると、真剣な眼差しで、うんうんと頷いてくれます。その子ども達に、改めて心の柔らかさ、素直さを感じ、「神の国はこのような者たちのものである」という聖書の言葉を思いました。同時に、子ども達は子どもなりに、心が小さく縮こまってしまった時に、助けてくれる存在を本当に求めているし、そういう人になりたいと思っているのだと実感させられ、おとなとして、私も姿勢を正された思いがしています。
子ども達からのメッセージを、クリスマス礼拝でお受け取り下さい。
 
 
幼児祝福式(11月便りより)
2017-10-26
 今年も、幼児祝福式の季節になりました。
めぐみ幼稚園では、毎年祝福式の記念に、聖書の言葉が書いてある色紙に光組の子どもたちは手形を押します。十月の光組の聖話の時間、その聖書の言葉について、話をしました。

「わたしの目に、あなたは高価で貴い」(イザヤ書四三章四節)

 子どもたちは、すでに聖書に出てくる言葉で「わたし」とあれば、それは「神様」であることが多く、その場合「あなた」は自分たちのことだということは何となく感じ取っていて、すごいなと思います。
 「じゃあ高価って、どんなこと?」・・・「知らん」
 「お金がいっぱいいるくらい高いってことなんよ。例えばどんな物があるかなぁ?」・・・
 「ゲーム機」 
 「もっと高いものは?」・・・「家」「車」「ペット」「服」等々
 「そんなに高いお金を払って手に入れたものはどうする?」・・・ 「大事にする」「汚したら
 怒られる」等々、
 「そうだよね、お母さんたちも『高かったんだから大事にして』って言うよね。でもね、それより
 ももっと高くて、いくらお金を出されても絶対売りたくないものが『みんな一人一人』なんよ。す
 ごい立派なお城みたいな家を買えるくらいのお金あげるから、○○ちゃん頂戴。子ども何人もいる
 から一人くらいいいやろって言われても、『絶対いや』ってお父さんもお母さんも言うと思うよ。
 だってね、さっきペットって言った人もいたけど、私も拾った猫の子でも、飼ってたらとっても大
 事になってきて、お金で売りたいなんて思わないもの。みんなだって、どんなに怒られても、よそ
 のお父さんやお母さんと替えっこしたいとは思わんやろ?」
そこまで話が進むと、神妙な顔になって、『うん、うん』と、頷いてくれます。

 「神様にとってもそうなんだよ。」と言って、マックス・ルケードの『たいせつなきみ』の絵本を読み、次のように話しました。
 「神様は、このお話の彫刻家のようにみんなに命をくれた方だから、私たちが自分でダメだなぁと
 思うところがどんなにあっても、神様は『大丈夫、私は失敗しないから、君のことをどんなに高価
 な物よりももっと高価で、大事だと思っているよ』と励まし、力と勇気をくださる方だよ」

 お祈りは、神様とのお話です。一人一人の思いを、今年もきっと神様に向けて語り、牧師のお祈りに心を合わせながら、心に豊かな力をもらってくれることと思います。神と人に許され、いっぱい愛されていることを感じられる祝福式になればと祈っております。
 
学校法人めぐみ学園
めぐみ幼稚園
〒750-0009
山口県下関市上田中町2-13-26
TEL:083-222-7356
FAX:083-222-8305
------------------------------
・幼稚園
・通常保育
------------------------------
080210
<<学校法人めぐみ学園めぐみ幼稚園>> 〒750-0009 山口県下関市上田中町2-13-26 TEL:083-222-7356 FAX:083-222-8305