ときどき日記

   
  こちらでは、ちょっと可愛い(?!)似顔絵による職員・スタッフの紹介と、
 ブログでは、毎月の園便りから園長の巻頭言、そして、その時々の幼稚園の様子やおもしろエピソードなどを教職員が交替でご紹介します。  乞う、ご期待!!
 

スタッフ紹介

スタッフ紹介
 
園長
園長
 
 
副園長
のぞみ(満3)組担任
 
 
はな組(年少)担任 
はな(年少)組担任
 
 
あい組(年中)担任
あい組(年中)担任
 
 
ひかり組(年長)担任
ひかり組(年長)担任
 
 
のぞみ組副担任
あい組副担任
 
 

園のスタッフによる ときどき日記

園のスタッフによる ときどき日記
フォーム
 
希組 カップケーキ作り
2018-12-12
  のぞみ組 カップケーキ作り
 
 クリスマス礼拝総練習2日目、希組は「カップケーキ」を二人組になって作りました
 
卵を割るのは教師がしましたが、その他の材料をボールに入れたり泡だて器でかき混ぜるのは、
子どもたちでしました。
こぼれないように上手に材料をあけうつすことや混ぜたりすることができて、感心
混ぜることが多い作業ですが、ひとりがボールを支え、ひとりが混ぜるということを交替で行い、
繰り返しました混ぜている途中に「いいにおいがする~」と言う子もいたり・・・
 
一番難しいかな、と思っていたのは、生地をアルミカップにスプーンで入れることでした。
提示通りに、上手にスプーンで生地をすくってアルミカップに流し込むことができて驚きました。
最後にチョコレートをスプーンでパラパラとのせてオーブンへ
 
チョコレートと共に表面も焼かれて黒っぽくなりましたが、ぷわ~と膨らんでお部屋の中は
と~ってもいいにおいに包まれました
 
いよいよ、食べる時となり自分で好きな形のカップケーキを選びお祈りして食べました
子どもたちは静かにパクパク食べ、「うまい」と第一声あり・・・よかった~味は大丈夫ねと安心しました。おかわりしたい人はもう一つ食べていいよ、というと、みんなもう一つ食べました。カップケーキは周りがサクッとしてフォークでは食べにくかったので、2つ目は手で食べました。パン給食では見られない食べ方で、自分たちで作ったものは一段とおいしく感じたのでしょうね、微笑ましかったです
次の日、カップケーキ作りで何が楽しかったか尋ねると、「混ぜること」が3人、「チョコレートをかけたこと」が1人でした
寒い冬休み・・・お子様とクッキングをして心も体もほっこりしてみませんか?
 
 
 
 
 
10/31・・・人形劇を見たよ(^▽^)/
2018-11-06
 10月31日、今年も人形劇団クラルテさんが、公演に来て下さいました
礼拝堂にセッティングされた、人形劇の舞台見たenlightened子ども達は
「何のお話かな~」とウキウキheart
クラルテのお2人が、前に出てきただけでワクワク
 
さあ、人形劇の始まり、始まり~
 一つ目のお話は「瓜子姫とあまんじゃく」
瓜子姫とあまんじゃくの掛け合いに笑ったりドキドキしたり・・・
目が離せない様子の子ども達。
中にはあまんじゃくを怖がる子も
でも、やさしいお爺さんとお婆さんの場面には、安心して、ホッコリしたよね。
 
 二つ目のお話は「おおかみと7匹のこやぎ」
7匹もいるこやぎをたった2人で巧みに操るクラルテさん。すご~いsurprise
子ども達のドキドキハラハラもマックスに。
叫んだり、目をつぶったり・・・素直なリアクションが可愛かったです
こやぎを6匹も食べちゃったおおかみに
「まだいるよ!」「時計にもいるよ!」と教えてあげる子も(笑)
切ったおおかみのお腹から出てくるこやぎ達を、息をのんで見守り
みんなの無事がわかると、ホッ
巨大なハサミと針はちょっと怖かったけど、最後はめでたしめでたし!
 
 合間には人形の操作を教えてもらったり
おしまいに一人ずつ人形とバイバイしたりして、子ども達は、大満足でした!
クラルテさん、ありがとう
 
=よいこのお友だちへ=
 お留守番の時は、戸を開けないでね・・・瓜子姫 & こやぎ より
 
楽しかった収穫感謝の日10/19
2018-10-19
朝から不安定な天候で、ハラハラドキドキでしたが、何とか雨をよけながら、無事芋掘りができました。
 
先週くらいから、周りの雑草をみんなで抜いたりして準備を整えてたのしみにしていただけあって、
子どもたちは「ほるぞ~‼」と意気盛んです。
子どもたちの勢いに負けたのか、ザーザー降りだった雨も、小休止。
いざ出陣とばかりに、子どもたちがやってきました。
 
でも、なにしろ夏休み中のあの日照りの日々、蔓の下にはどんな芋が育っていることやら・・・
そんなおとなの心配をよそに、しばらく掘り進むと、
「あっ!芋が見えてきた~!」cheeky「アッ!なんかいっぱいついとる~!」
楽しそうな歓声が聞こえてきました。
 
確かに、小ぶりではありますが、1本の蔓に2・3個ついていたり・・・それを一気に引っこ抜いて大満足!
あちらでは、年長さんが大きい芋を大切に掘り出して、嬉しそう。
花組の子どもたちも、お世話の光組さんに教えてもらいながら、せっせとスコップを動かして頑張りました。
芋のそばに何かの幼虫がいたと言っては、きゃ~きゃ~言い、
皆それぞれに、直前の雨でいい具合に柔らかく湿った土の感触を楽しみながら、芋掘りを楽しみました。
 
新園舎と第1園舎の2グループに分かれて芋掘りをしたので、片方のグループが畑にいる間、
もう一方のグループは、園庭にある柿やザクロ、そのほかの木の実を見て回りました。
今年は甘い柿が沢山なっていたとか・・・
初夏は梅の実のジュースを味わい、初秋には栗を拾い、秋本番の今、柿やザクロや自分たちで育てた芋を味わうことで、いろんな果実や野菜を育てて下さる神様の恵を感じてくれたら嬉しいなと思います。
 
 
2学期が始まりました。 大工室から~
2018-09-26
暑い、暑い夏休みが終わっても、変わらず暑い夏が続いていましたが、
ようやく涼しくなるのかなと感じられる9月の終わり頃です。
が・・・、大工室では扇風機をフル回転させて作業しています
 
光組さんは、ロボットを完成させた後はカメを製作中で、これがなかなか
「力・パワー」が必要な作品なのです
甲らの模様には25本のネジや釘を付けていきます。その為には
錐で25ヶ所(5ケ×5列)の深くてまっ直ぐな穴あけをします。
厚さ約3㎝(7枚合わせ)の板で、使うネジは太くて長いので
今迄に作って来た物の中では、きり穴の深さが一番必要です
 
:「たしかめ釘が、半分入るまで穴あけしますよォ!」
  ―ちょっと、大変だけど、どぉかなぁ・・・?! 頑張れ
 
子どもたち:甲らの板が動かないように足でしっかり踏んで押さえて
     「右手、左手ピッタリ合わせて、錐を挟んで、ぐりっ!ぐりっ!ぐりっ!」
     「錐は、まっ直ぐ、ぐりっ!ぐりっ!ぐりっ!」
     「ぐらはいません。ぐりだけです。」
     「ぐりっ!ぐりっ!ぐりっ!」「ぐりっ!ぐりっ!ぐりっ!」
 
:―おおっ、力強いしリズム良し、良い穴があいてる。すごいじゃない
  「ああっ、とても良いね!錐がぐらぐらしない様に両手のひらに同じ力が
   入ってて、しっかり挟んでぐりぐり出来ています。」「その調子です。」   
 
こんなふうに、本当に良く頑張っているので、当然疲れて来ます なので、
途中で、押さえる足をかえたり、錐を置いて手をぶらぶらさせて「力」を
入れ直します。そして、冷たいお茶を飲んで小休憩すると、
「本当、麦茶うめーcheeky」と言って、また復活して大工仕事を再開します。
 
あけた穴を確かめる時は「OK!Good、良い穴です。」の言葉と
あいた穴の深さを自分の目で見て「イエーイ!やったぁ~。」と大満足の笑顔を
見せてくれます。  すごいぞ君たち パチッ パチッ パチッ  
 
甲らの模様のネジと釘、25本の内1本だけ金色があるのですが、それがとっても嬉しくて
 気に入っているらしいです。光り輝く、光組さんですもんね
愛組さんは、次回の製作はキーホルダーとXmasの飾りで、新しい道具のこぎりを
 使うことになっています。「まだ始まらないのー」と私の顔を見るたびに
 聞いてきます。待ち遠しいようです「もうちょっと待っててネ
 
 
夏期保育
2018-07-27
 7月26日㈭ 夏期保育1日目 
 
夏期保育1日目は…水遊び
ニコニコ笑顔で登園した子どもたちは、水着に着替えて大張り切り
水鉄砲やジョーロで友だちや先生と水を掛け合いっこしたり、水風船を作って的あてを
楽しんだり、プールにお風呂のようにくつろいでいる子もいて可愛かったですheart
金魚すくいをして「いっぱい、すくえた~」と喜んでいたり、先生からのシャワーのプレゼントに
キャ~キャ~とはしゃいだりして、思い思いに楽しい時間を過ごしていましたheart
 
休憩には、みんなでチューチュー棒を食べて涼みましたyes
 
7月27日㈮ 夏期保育2日目  
 
夏期保育2日目は…スイカ割り 恒例の大イベントですenlightened
今年は室内で行いました
紅白帽子を目隠し代わりにして、周りにいるお友だちや先生の「前いけーyes
などの声を頼りに一歩一歩進み、当たれば拍手が沸き起こり、外しても惜しい~
と励ましの声があがり、とても盛り上がりました
結果…上の方にヒビが入るまで当てることに成功yes
 
それから元気に外遊びをして、休憩にスイカを食べました
ペロっと食べて、2つ目のおかわりに来てくれる子どもたちがたくさんいて嬉しかったです
 
めいいっぱい夏期保育を楽しみ、素敵な夏の思い出になりましたheart
 
 

園だより

園だより
フォーム
 
希望をもって生きるということ(3月園たよりより)
2017-03-22
  卒園を間近に控え終礼の時間に、卒園の言葉を決めるに際しての一人ひとりの子どもの思いを分かち、入園時から今に至るまでの成長を教師間で話し合い、更なる成長を祈る時を持っています。一日二人ずつの子どもについて話し、祈っていきます。毎年恒例になっていることですが、とても貴重な豊かな一時です。
 こうなりたいと願って頑張ったことが実を結び、それが自信となって次につながっていった子ども。こうなりたいと願ったことが実現できなくて悔し涙を流したけれども、それでも逃げずに乗り越えたことで成長できたと思える子ども。また、自分が楽しいと思って取り組める何かを見つけられたことがきっかけで、頑張る力が育ち始めた子どももいます。
   常に前を向いて希望を持ち続けていけることは、素晴らしいことです。どの子どもも、次はこうなりたいと願い、頑張り続けることができるのも本当にすごいことだと思います。

 先日、渡辺和子さんの『置かれたところで咲きなさい』という本を読んでいたとき、次のような文章に出会いました。
 第二次世界大戦下ナチスの収容所で生き延びた人たちは、必ずしも体が頑健だったわけではなく、希望を最後まで捨てなかった人たちだったということです。そのことから「希望には叶わないものもあるが、大切なのは希望を持ち続けること。希望の喪失は、生きる力の喪失でもある。心の支えがあれば、どんなつらい状況でも耐え抜くことができる。」と、書かれてありました。
 
 聖書の『ローマの信徒への手紙』の五章3~5節には、次のような聖句があります。
  わたしたちは知っているのです、苦難は忍耐を、忍耐は練達を生み、
     練達は希望を生むということを。希望はわたしたちを欺くことがありません。

 この子ども達が、どんな時でも常に希望を持ち続け、希望に向かって自分の力を使っていけるように、私たちおとなも希望を持ち、祈り支え続けられるものでありたいと願います。
 
 
心の「オニはそと~」
2017-02-06
 巷で恵方巻の宣伝がピークを迎える頃になると、幼稚園では各クラスで、鬼の製作が始まります。毎年色とりどりのユニークな鬼の面が出来上がります。今年はどんなお面が登場するのか楽しみです。
 さて、いよいよ節分が近くなると、各クラス集まりの日や体操の日に少し時間を取って、豆まきが行われます。得意満面、嬉しそうに自分が作ったお面をかぶって、交代で鬼役になり「オニはぁそと~!ふくはぁうち! オニはぁそと~!」と豆をまく姿も笑いを誘います。割り当てられた豆を少しでも長く巻き続けようとチビリチビリとまきながら追っかけまわしている子や、豪快にまく子など、まき方も様々です。
 邪鬼を払う習わしとして、古くから行われてきた節分の風習、大寒後の空気が乾燥したところで起こる火事や、風邪などの流行りやすいこの時期、古代人がそれらを邪鬼の仕業として、豆を打ち付けて払おうとした気持ちも解らないではありません。
 自分の子どものころを振り返ってみると、鬼といえば、何となく自分に悪いことをもたらす得体のしれない悪者ぐらいにしか考えず、我が身を守りたい一心で、ただただ家から外に追い出そう、うれしいことはやって来いとばかりに、豆まきをしていた気がします。子どもなんだからそんなもんだよとは、思いますが、それだけではどこかの国の新大統領の発想と同じような気もします。
いつだったか、豆まきの様子を見に行った時に、豆まきをする前に、子どもたちにどんな心のオニをやっつけたいかを言ってもらい、「そのオニが自分の体から出ていくように豆をまこうね」と促している先生の言葉に感心させられたことを思い出します。それは泣き虫のオニだったり、意地悪したくなるオニだったり、怠けたくなるオニだったりと様々ですが、そうやって言葉にして自分の弱さをやっつけたい、乗り越えたいと願う子どもの心は素敵だなと思はいます。
 それからというもの私も今年はどんな心のオニをやっつけたいかなと考えます。おとなも子どもも、心も体も健康的に、前を向いて一歩踏み出す春を呼ぶ節分になるといいなと思います。
さて、みなさんはどんなオニを追い出したいですか?
 
 
堅く立つ
2017-01-12
 皆さんは、どのような新年をお迎えになりましたか。
 幼稚園の仕事始めの日、新年の挨拶を園長からと言われており、何を話そうと悩んでいるときに、ふと心に浮かんだのが次の聖句でした。
 「堅く立って動かされず、いつも全力を注いで主のわざに励みなさい。
  主にあっては、あなたがたの労苦がむだになることはない。」
             (コリント人への第一の手紙第一五章五八節)
これは、下関バプテスト教会百周年記念の栞の裏に記されている聖句でもあり、礼拝で讃美歌を開くたび目にしていたものでしたが、特に今年は、心にグッと響くものがありました。『堅く』の漢字は『もろい』の反対語で、他の漢字の「かたい」とはそれぞれ語意が異なります。そこにこそ心に響いた意味があるのだと思いました。
 動揺するような事態が次々と起きるのが私たちの日常です。 そのたびにグラグラと揺れ動き、もろく崩れてしまうような立ち方ではなく、どんな事態になろうとも動かされないような立ち方をせよと言うのです。
 「いつも全力を注いで主のわざに励んでいる」という自覚がそこには、必要なのだろうと思います。神が求めているように自分は生きられているだろうかという思いが、私にこの言葉を想起させたのかもしれません。しかし、そのあとに続く言葉は、私たちを慰めてもくれます。神は私たちの労苦をむだにはなさらないとも言われるのです。
 回り道に思われる一つ一つをも、主は思いもよらないところで用いてくださるのだと思います。多様な社会の只中にあって、どのような在り方が求められているのか思い悩むことの多い時代です。子育てにおいてもそうだと思います。溢れるほどの情報の中から、子どもにとってより良きものを選択して与えることは本当に大変だと思います。
 めぐみ幼稚園に勤める私たち職員も、今一度原点に立ち返り、子どもたちが自分の本来持っている力をしっかりと使っていけるよう、良き援助者として堅く立てる者となりたいと願っています。ともに祈り求めつつ、子どもたちに負けないよう頑張りましょう。今年もよろしくお願いします。
 
 
心の豊かさ(12月たよりより)
2016-12-14
 十月のある日、教会の吉岡さんが数枚の写真を持ってきてくださいました。それは、昨年の下関バプテスト教会の子どもクリスマス礼拝に出席した子どもたちが、ニジェールの子ども達へのクリスマスプレゼントとして持ち寄ってくれた鉛筆を一本ずつ手に持って、嬉しそうに笑っている子どもたちの写真でした。
 たった一本の鉛筆を、こんなにも喜んでくれる子ども達が地球の向こうにはまだまだたくさんいるという現実に、胸が痛むと同時に、子どもたちの愛はこうして伝わっているんだなと思うと、胸が熱くなるのを感じました。

 実はこのプレゼント、昨年のクリスマス後に吉岡さんがまとめて船便でニジェールに送って下さってから、ちゃんと届きますようにとずっと祈り続けて半年以上、やっとニジェールから届きましたという一報が入ったのは、なんと夏休みでした。 アフリカの厳しい社会状況を少し垣間見た思いのする期間でもありました。
 
 今年も、めぐみ幼稚園のクリスマス礼拝献金は、ニジェールに送ろうと思います。
それに先立ち、年中児愛組の子どもたちは、先日吉岡さんからアフリカのニジェールの子どもたちの様子についてお話を聞きました。遠いアフリカの国の様子を想像することは、なかなか難しいようでしたが、子どもたちなりにすごく暑い国で、水道など自分たちの生活には当たり前にある色々なものが無いこと、学校に行ける子どもも少ないこと、おもちゃも自分で作ること等、違いを少し感じることができたようでした。
 
 有り余るほどに物が溢れている日本の子どもたちが、鉛筆一本さえなかなか手に入らない子どもたちのことを想像することは、本当に難しいのだと思います。吉岡さんの話を聞き、嬉しそうにあの鉛筆を持って、お礼の写真を送るために整列してくれた子どもたちの姿を見ることで、自分の住んでいる地球には、まだまだ私たちの愛を待っている子どもたちがいることを、知ってもらえると嬉しいなと思います。
 
 今年もクリスマス礼拝に向けて、各クラスそれぞれに準備を重ねています。きっと、今年も子どもたちの霊と真が捧げられる素敵な礼拝になることと思います。言葉はつたないかもしれませんが、子どもたちからのクリスマスメッセージを、どうぞお受けください。
 
 
祈りの力
2016-10-26
 みなさんは、祈りの力について考えられたことがおありでしょうか。
今年の三月、卒園式を前にいつものように教師間で、卒園児一人一人について、卒園の言葉に行きつくまでの担任との話し合いの経緯を聞き、その子の持っている素晴らしい賜物についての分かち合いをしていた時、「この人は祝福式では、『嫌なことや怖いことから逃げないで挑戦する力がほしいです』とお祈りしてもらったのですが、卒園の言葉は『怖いなあと思っても、勇気を出して挑戦する力があります』という出だしになりました。どうして勇気が出せるようになったと思うと聞くと、『牧師先生にお祈りしてもらったから』という返事が返ってきたんですよ」と聞きました。
 苦手だと思っていたプールも跳び箱も、彼女自身ができると信じて繰り返し練習したからこそ、乗り越えられて達成感や喜びを持てるようになったのですが、担任からどうしてできるようになったと思うと、尋ねられた時に「お祈りしてもらったから」と、すぐに言えたのは、きっと祝福式の祈りの言葉を言う時こそが、彼女にとって「逃げずに勇気を出して挑戦する」ときであったからだろうと思いました。
 
 たくさんの人の前で、自分がそうなりたいと思うことについて言葉に出し、そのことのためだけに祈ってもらうという特別な体験が、子どもたちに新たな一歩を踏み出させているのだと思います。

 毎年、祝福式前の光組の勉強会では、お母様たちにも同じ体験をしていただいています。お子さんの長所と課題、そしてご自分の親としての課題を、書き出していただき、みなさんの前で発表していただいたのち、お一人ずつのために祈る時を共有します。初めて体験された方は、自分のために祈ってもらうって、不思議な感覚ですね。なんだか胸が熱くなりました」と言って下さることもあります。
 たとえ祈りの言葉はつたなくても、そこにたどり着くまでの葛藤や苦悩を、誰かが知ってくれていて、自分のために祈ってくれている。そう信じることができるとき、人は踏み出す力をいただけるのだと思います。
 
 今年の祝福式も、そのような子ども達一人一人の成長のために、祈りの力を信じ、心を合わせる豊かな時としていただければと願っています。
学校法人めぐみ学園
めぐみ幼稚園
〒750-0009
山口県下関市上田中町2-13-26
TEL:083-222-7356
FAX:083-222-8305
------------------------------
・幼稚園
・通常保育
------------------------------
085745
<<学校法人めぐみ学園めぐみ幼稚園>> 〒750-0009 山口県下関市上田中町2-13-26 TEL:083-222-7356 FAX:083-222-8305