ときどき日記

   
  こちらでは、ちょっと可愛い(?!)似顔絵による職員・スタッフの紹介と、
 ブログでは、毎月の園便りから園長の巻頭言、そして、その時々の幼稚園の様子やおもしろエピソードなどを教職員が交替でご紹介します。  乞う、ご期待!!
 

スタッフ紹介

スタッフ紹介
 
園長
園長
 
 
はな組(年少)担任 
はな(年少)組担任
 
 
ひかり組(年長)担任
ひかり組(年長)担任
 
 
あい組(年中)担任
あい組(年中)担任
 
 
のぞみ組担任
のぞみ(満3)組担任
 
 

園のスタッフによる ときどき日記

園のスタッフによる ときどき日記
フォーム
 
夏期保育
2018-07-27
 7月26日㈭ 夏期保育1日目 
 
夏期保育1日目は…水遊び
ニコニコ笑顔で登園した子どもたちは、水着に着替えて大張り切り
水鉄砲やジョーロで友だちや先生と水を掛け合いっこしたり、水風船を作って的あてを
楽しんだり、プールにお風呂のようにくつろいでいる子もいて可愛かったですheart
金魚すくいをして「いっぱい、すくえた~」と喜んでいたり、先生からのシャワーのプレゼントに
キャ~キャ~とはしゃいだりして、思い思いに楽しい時間を過ごしていましたheart
 
休憩には、みんなでチューチュー棒を食べて涼みましたyes
 
7月27日㈮ 夏期保育2日目  
 
夏期保育2日目は…スイカ割り 恒例の大イベントですenlightened
今年は室内で行いました
紅白帽子を目隠し代わりにして、周りにいるお友だちや先生の「前いけーyes
などの声を頼りに一歩一歩進み、当たれば拍手が沸き起こり、外しても惜しい~
と励ましの声があがり、とても盛り上がりました
結果…上の方にヒビが入るまで当てることに成功yes
 
それから元気に外遊びをして、休憩にスイカを食べました
ペロっと食べて、2つ目のおかわりに来てくれる子どもたちがたくさんいて嬉しかったです
 
めいいっぱい夏期保育を楽しみ、素敵な夏の思い出になりましたheart
 
 
交通安全教室
2018-07-11
7月5日(木曜日〕に下関警察署よりお二人の講師をお招きし交通安全教室を開催しました。
お忙しい中保護者の方にも多数ご参加いただきありがとうございました。
 
始めに信号機の色の役割を、三色のうちわを使ったゲームで楽しく覚えた後、
ビデオを見て車道や歩道について学び、その後おもに横断歩道の渡り方について、教えていただきました。
「横断歩道はなぜ手をあげて渡るのでしょうか?」
「信号が青になってもすぐに歩きだしていけないのはどうして?」
などのクイズの後、全員で横断歩道を渡る練習!(答えは子どもたちに聞いてみてくださいね)
 
サイン!(右手を上げる)右よし、左よし、右よしの掛け声の後、渡るときにも車の来る方向を見るよ!と教えてもらい、横断歩道の真ん中までは右を見ながら、真ん中からは左を見ながら(これがなかなか子ども達には難しかったようです)歩いてみました。緊張して歩くのがかなりゆっくりになっていましたが、渡り終えるとみんなニッコリlaughとても楽しい体験ができました。
 
今回、幼児の事故の大半は乗車中に起こっているというお話がありました。
おとながまず交通安全の意識を深め、今一度、ご家庭で子どもたちと交通ルールーについて話し合う機会にしていただけると幸いです
 
 
 
ひかり組遠足☆~いのちのたび博物館~
2018-06-19
5月末に、みんなが楽しみにしていた遠足がありましたlaugh
年少・花組と、年中・愛組は、到津の森公園へ
年長・光組は、いのちのたび博物館へ行ってきました
 
 
遠足に行く前には、光組のみんなで、恐竜について調べました
恐竜が大好きだった人も、あまり知らなかった人も、調べているうちに、どんどん遠足が楽しみになっていったようでした
 
 
そして、楽しみにしていた遠足の日
みんなで一生懸命に調べたことをまとめた「ひかりぐみ はくぶつかんずかん」や、お家の人が作ってくれた美味しいお弁当を持って出発しました
 
博物館では、恐竜の大きさを知ったり、動く恐竜に驚いたり、ちょっぴり怖かったり・・・
マンモスやナウマンゾウの骨には、鼻がないことを発見し、「ゾウの鼻には骨がない!?」と考えたり、いろいろなことに興味津々のみんなでした
 
元気いっぱいに楽しんでいたので、11時頃には「おなかすいた~cheeky」の声が・・・
お天気がよかったので、外でお弁当を食べ、ゆっくりおやつ交換も楽しみました
食べ終わってからは、思い切り体を動かして遊びましたよ
 
お昼からはまたまた博物館で、恐竜の他にもいろいろ見て回り、楽しみました
首がながーい亀も見ました!
幼稚園では亀のお世話を頑張っているひかり組さん、
「すごいね!」
「ようちえんの かめのほうが いいね」
「このかめ、こわい・・・おせわできんかも」など、感想は様々でしたsmiley
 
帰りのバスの中でも、元気いっぱい「ガオー!」「ギャー!」など  ‟光組サウルス” の声が響いていました
 
 
遠足が終わってからも「遠足楽しかったよね~」と振り返って 友達同士で話しながら、ジャングルジムの上で ‟恐竜ごっこ” も楽しんでいるひかり組さんです
楽しい遠足になったようで、嬉しく思いました
 
めぐみのお昼ごはん、あれこれ…
2018-05-28
めぐみ幼稚園のお昼ごはんは、
月・水・金曜日…お弁当
火曜日…ご飯の給食
木曜日…パンの給食
を食べています。
 
お仕事や横割りで体をつかったり、いろんなことを考えたりした子どもたちにとって、お昼ごはんは一番リラックスする時間なのかもしれません
 
さて、今日のお昼ごはんは…お弁当でした。
お弁当は、家庭を離れ、幼稚園で頑張っている子どもたちにとっては、家庭を感じ、ほっと一息つくことのできるアイテムの一つです。
 
年少さんの昼食は4月末から始まっています。
一番初めのお弁当の日には、昼食時間の1時間半も前から「おなか減った~」とみ~んな話していました。
他にも話したいことはいろいろあったのですが、その日は大半の時間をお弁当の話で盛り上がったのでした
その日から1か月経った今も、早い時間から「もうおなかすいた~」「お弁当食べた~い」の声は恒例になっています。
それだけ、楽しみにしているお弁当。とっても賑やかに楽しく食べています!
例えば…お弁当の中身を自慢げに話します。
「トマト、入ってるひと~」「は~い!」と挙手。「ごはん入ってるひと~」「ハンバーグはいってるひと~」と具体的な中身調査(笑)を子ども同士で始めます。初めは遠慮がちだった年少児さんも最近では自ら「ウィンナーはいってるひと~」と質問する方に加わっていて驚きました。
 
enlightenedそういえば、給食に入っている「カップゼリー」に数字が書いてあるのをご存知ですか?
その数字を年齢に見立てたり、順番に見立てたりしながら言い合うのです。
先日、一緒に食べる私も「私、36よwink」といってみました。
すると「すっげ~indecision」と言われました。
ど、どうして…?と思うこともありますが異様に盛り上がるんですよ
 
もちろん、苦手な食材や調理法もあるようですから、給食のことを「辛い」と感じている子どもたちもいるでしょう。
でも、年長さんになると小学校の給食のことも思い描きながら、食べられるようになりたいという気持ちがだんだんと強くなってくるようです。少しずつチャレンジをしながら、食べてみると案外食べられた、もしかしたら食べられるのかも、食べてみたら美味しかったなどとそれぞれのスピードで克服してきています。その達成感はこちらが思う何倍もあるようで、嬉しさを隠し切れない表情を見せてくれています。
きっと、おいしく食べられるようになることを信じてyesこれからも応援していきます!
 
食事の時間は、美味しく楽しくありたいですね。
 
食事の後の、歯磨きも忘れず、頑張っています
 
対面式 ー お世話さんと会ったよ ー
2018-04-26
 2018年度が始まりました。
進級時たちはそれぞれに一つ上の学年になり、お兄さんお姉さんの顔つきになっています。
そして新入園の花組さんたちは、準備保育から初めてのことばかり、お家の人と離れて過ごすこと、幼稚園生活のこと全て一つひとつ体験し、覚えて言っているところですね。
 
 4月19日、20日に対面式がありました。
対面式は、お世話をしてくれる在園児と花組さんとの新しい出会いの場です。
花組さんたちは、どんなお兄さん、お姉さんがいるのか、わくわくして待っていました。
光組は「バスごっこ」愛組は「アイスクリーム」の歌をプレゼント。
しっかり聞いてくれました。
 
その後はお世話する子とのご対面!!
今年の光組は、緊張気味で、ちょっとカチコチになっていましたね。どんな子かな…
でも、自己紹介とあいさつはしっかりでき、一生懸命に折ったメダルのプレゼントをして,
握手をしました。
「よろしくね」の握手は、見ているこちらもこの可愛い出会いに自然と笑顔があふれる大好きな時です。
これから幼稚園で、みんなでいろいろなことができますね。
一緒に楽しく過ごしましょうね。
 
 
 

園だより

園だより
フォーム
 
祈りの力
2016-10-26
 みなさんは、祈りの力について考えられたことがおありでしょうか。
今年の三月、卒園式を前にいつものように教師間で、卒園児一人一人について、卒園の言葉に行きつくまでの担任との話し合いの経緯を聞き、その子の持っている素晴らしい賜物についての分かち合いをしていた時、「この人は祝福式では、『嫌なことや怖いことから逃げないで挑戦する力がほしいです』とお祈りしてもらったのですが、卒園の言葉は『怖いなあと思っても、勇気を出して挑戦する力があります』という出だしになりました。どうして勇気が出せるようになったと思うと聞くと、『牧師先生にお祈りしてもらったから』という返事が返ってきたんですよ」と聞きました。
 苦手だと思っていたプールも跳び箱も、彼女自身ができると信じて繰り返し練習したからこそ、乗り越えられて達成感や喜びを持てるようになったのですが、担任からどうしてできるようになったと思うと、尋ねられた時に「お祈りしてもらったから」と、すぐに言えたのは、きっと祝福式の祈りの言葉を言う時こそが、彼女にとって「逃げずに勇気を出して挑戦する」ときであったからだろうと思いました。
 
 たくさんの人の前で、自分がそうなりたいと思うことについて言葉に出し、そのことのためだけに祈ってもらうという特別な体験が、子どもたちに新たな一歩を踏み出させているのだと思います。

 毎年、祝福式前の光組の勉強会では、お母様たちにも同じ体験をしていただいています。お子さんの長所と課題、そしてご自分の親としての課題を、書き出していただき、みなさんの前で発表していただいたのち、お一人ずつのために祈る時を共有します。初めて体験された方は、自分のために祈ってもらうって、不思議な感覚ですね。なんだか胸が熱くなりました」と言って下さることもあります。
 たとえ祈りの言葉はつたなくても、そこにたどり着くまでの葛藤や苦悩を、誰かが知ってくれていて、自分のために祈ってくれている。そう信じることができるとき、人は踏み出す力をいただけるのだと思います。
 
 今年の祝福式も、そのような子ども達一人一人の成長のために、祈りの力を信じ、心を合わせる豊かな時としていただければと願っています。
 
モンテッソーリ教育で育つもの
2016-10-13
   今年度、園開放事業の新たな試みとして、九月に『めぐみカフェ』を行いました。行いましたと言っても、中心になって取り組んでくださったのは、園職員OGの石川さんと会長の三浦さんを中心に、卒園・在園の保護者有志の方が企画運営すべてを取り仕切って下さり、園としては写真提供をしただけでした。ドキドキの初回の集まりは、希やつぼみの保護者さんやご近所の方などがお越しくださり、色々な子育ての話題に花が咲き、時間の経つのも忘れて話していかれたそうです。ご奉仕くださった有志の皆様にも、「楽しかったのでまたするといいですね」と、言っていただき、本当に感謝でした。 
 
 その話の中で、「モンテッソーリ教育で子どもの何が育ちますか?」という質問があったということでした。報告を聞きながら、「どう答える?」という話になりました。M先生からは「やはり毎日、自分で考えて、選び、見取り、その後また試行錯誤しながら判断し、実行していく中で達成感を得る繰り返しなので、そこでは少しずつ自立心が育っていっていると思います。また、それぞれ段階が細かくあるので、一つのお仕事に取り組む中で、褒められることが多くあり、子どもたちは日々、小さなハードルを越える喜びを味わいながら、次への挑戦意欲を高めていけていると思います。」という答えが返ってきました。

 確かに、ハサミで切るお仕事一つとっても本当に少しずつ難易度が上がり、子どもたちはきれいに切り取れて合格すると嬉しそうに見せてくれて、「次はね、○段階に行ける」と、教えてくれます。準備から片付けに至るまでの一連の流れのなかにも、たくさんの褒めるところはあります。その繰り返しの中で、子どもたちは自信をつけ、やがてあの卒園製作にまでたどり着けるのだと思います。少し頑張れば越えられそうなハードルの連続ならではの、なせる業なのだと思います。

 今年も運動会に向けて、今や練習は佳境に入っています。「さすが光組、指先まで力が入ってステキ」と声をかけると、全員の手がスッと指先まで伸びていきます。『足腰鍛えて』も、猛暑疲れでちょっと後退した力を取り戻そうと、みな本気モードになりつつあります。日々小さなハードルを懸命に一つずつ越えようと努力する子どもたちに敬意を払いつつ、今年の運動会も楽しみにしてください。
 
 
子どもの成長しようとする力
2016-09-07
   今年の夏休みは、オリンピック観戦で盛り上がったご家庭も多いことと思います。私も、メダルの数や色云々ではなく、選手の方々の頑張りや、そこに至るまでの話の一つ一つに、胸の熱くなることも多かったです。もうすぐ始まるパラリンピックも楽しみです。

   また、8月末には「24時間テレビ」を見ながら、自分の障がいや病気を、ありのままに受け入れ、今ある力を精一杯使えることに喜びを見出している子どもや若者の姿に、心打たれました。おとなはとかく、無いものや失ってしまったものに心を捕らわれて立ちすくんでしまいますが、そこに登場した子どもたちは、もちろん「どうして自分が…」という思いに捕らわれることもあるでしょうが、そこ留まって無いものを数えるのではなく、今の自分に与えられている力を喜んで上手に使い、前向きに生きようとしていました。そこに私は、子どもが本来持っている生きようとするエネルギーの逞しさを感じ、脱帽でした。
子どもの笑顔と頑張る姿に、励まされ支えられていると言われる保護者の方たちと、どんな時も側にいて、愛し、励ましてくれる大好きなお母さんや家族がいるから、頑張れるという子どもたち、本当に素敵な愛の姿をたくさん見せてもらいました。

また、オリンピックと「24時間テレビ」いずれを通しても、幼少の頃からの環境が、子どもに与える影響の大きさについても、改めて考えさせられました。                   
その子の本来持っている力を、自由に十分に使える環境を物的にも人的にも備えてやることができれば、幼児期の子どもは、どんどん楽しみながら自分の力を伸ばしていけるのだと思います。二学期はたくさんの行事もあります。毎年、子どもたちは本当によく練習し、成長しようと力を使うなぁと感心します。
その子どもたちの頑張りに応えるためにも、私たちおとなは、子どもの成長に必要な環境を整えることに心を使い、どんなときにも子どもを信頼して、愛し支える者でありたいと思いますし、より良い人的環境としても立てるよう自らを律していきたいと思います。
 
弱さと向き合う
2016-06-28
     いつか 草が 風に揺れるのを見て
     弱さを 思った
     きょう 草が 風に揺れるのを見て
         強さを 知った 
         
   先日、星野富弘氏の新刊の詩画集の中に、この詩を見つけました。
弱いがゆえに強い、自分の力の無さ、弱さを知るがゆえに強くあれるという逆説の真理に触れた思いがし、心ひきつけられました。

 子育ての最大の難敵は、自分自身の中にある弱さだったと思います。いけないと思っても、いつの間にか頭をもたげてくる自分の人間的な弱さが、一番厄介でした。
当時、勉強会でもいつも言われていました。
 「子どもは適切な環境を整えてやれば、どんどん変わっていく。でもね、本質的なところは、あな
  たたち 母親の関わりが変わらなければ、変えられないところもある。そして、これが難しいのよ
  ね。三十年も四十年もかけて身につけてきたものを、捨てることほど難しいことはないのよ。
   でも、子どものために変わろうと努力できる最後のチャンスが、今この子育ての時期なんだから、
  しっかり自分の弱さと向き合いなさい」と。

 自分の弱さはわかっていても、それを今更変えることは確かに容易ではありませんでした。未だに乗り越えられてはいないのかもしれません。でも、その努力は、自分の弱さを認めて、受け入れるところから始まるのだと思います。
 自分の弱さを、弱さとして認め受け留める時、不思議とそれを少しずつ乗り越えるための道が開かれていくように思います。それは他の人からの具体的援助や、言葉であったり、あるいは子どもの抱える問題を一緒に乗り越えてやりたいという思いの中で気付かされたりと、いろいろでした。

 それは、いつ、どんな形で訪れるかはわかりませんが、意識的に生きる中できっと出会えるのだと思います。もうすぐやって来る夏休み、お子さんと共に、互いの弱さを認めながら、一緒に乗り越える努力ができるといいですね。
 
 
自然に備わっている力
2016-05-30
 今年も、無事に芋の苗植えを終え、成長を楽しみに水やりを続ける日々が始まりました。愛組さんはクラスでミニトマトと、枝豆を育て始めています。園庭には、昨年は実りが少なかったざくろが見事なオレンジ色の花をたくさん咲かせていますし、先日の遊び時間には、トトロの森で赤く熟れたグミを採って、子どもたちがおいしそうに食べていました。
 いつまでも寒いと思っていたら、急に暑くなったりと変な天候の変化に人間の体はなかなかすぐには順応しませんが、時期になるとそれぞれに花を咲かせ、実を付ける自然の植物を見ていると、自然に備わっている力はすごいなと感心させられます。
 お芋も、愛組さんのミニトマトや枝豆も、植物が本来持っている生きる力を邪魔しないように上手にサポートしてやり、今月の聖句のように「育てて下さる神様」に感謝し、みんなで収穫の喜びを共有できるといいなと思います。
 そんな事を考えていた頃にいつも読む新聞のエッセイに、同じような内容を見つけました。心理学者の先生らしく、「大事にしすぎてかえって自然に備わっている力を失わせてしまうのは、子育てでもしばしば気になることだ」と続きました。何事もよく気が付き、よくできるいい母親と感じていた女性に育てられた娘さんが、母が完璧すぎてすっかり頼ってしまい、何でも自分では決められず、母親の判断を仰ぎ、自分は自立できないんだと、嘆いていると書かれていました。
 親が、良かれと思ってしてやったことが、自然に備わっっている子どもの力をいつの間にか妨害し、うまく使えなくしてしまったのです。親として何か働きかけよう、与えよう、そうすることが「育てる」ことだと思い込んでいたのです。過ぎたるは及ばざるがごとしです。水をやり過ぎて根腐れを起こしたり、肥料を与えすぎて、葉ばかり育ったりするのと同じです。
 大切なのは、子どもの姿をよく観て、与える前に一歩引いて考え、一人で育っていく力を蓄えるために、本当に必要なことは何か見極める力を、まず親が得ることです。そして、子どもの力を信じ、「育てて下さる神に」委ねる勇気を持つことも、今、子どもと関わるおとなに求められているのだと思います。
 
学校法人めぐみ学園
めぐみ幼稚園
〒750-0009
山口県下関市上田中町2-13-26
TEL:083-222-7356
FAX:083-222-8305
------------------------------
・幼稚園
・通常保育
------------------------------
080210
<<学校法人めぐみ学園めぐみ幼稚園>> 〒750-0009 山口県下関市上田中町2-13-26 TEL:083-222-7356 FAX:083-222-8305