園のスタッフによる「ときどき日記」

   
 こちらは…毎月の園便りから園長の巻頭言、そして、その時々の幼稚園の様子やおもしろエピソードなどを教職員が交替でご紹介します。  乞う、ご期待!!
 

園のスタッフによる ときどき日記

園のスタッフによる ときどき日記
フォーム
 
おかいものごっこ
2021-09-07
毎年恒例の『お買い物ごっこ』を8月27日に行いました
商品は、一学期の遊ぶ日やクラスの集まりなどを使って子どもたちが楽しく作ってきました
今年のお店と商品の紹介をします
 
『ごはんや』→ナポリタン・オムライス・ラーメン・ピザ
『おもちゃや』→スイッチ・めがね・腕時計・こま・円盤投げ
『くだものや』→メロン・りんご・バナナ・すいか
『スウィーツショップ』→かき氷・パフェ・わたがし・ドーナツ
 
もう一つ、名称を替えて『なんでもや』が新しく登場
ここには、エコバックや昨年度の商品があるお店です 中には掘り出しものがあったりして…
エコバックを忘れても大丈夫。『なんでもや』で買えます
でも、子どもたちはエコバックをみんな持参していました
 
お店屋さんの仕事は、まず商品をわかりやすく、買いやすく並べます
開店までに、担当決めをします
お客さんが選んだ商品を預かり、値段を伝え、お金を預かるなど、友だちと話し合って決めます
 
お客さんになると、光組さんはお世話の花組さんが買いたいものを聞いて、まずはそのお店へGO
愛組さんは自分の買いたいお店へ行きます希組のお世話さんがいる人は、一緒に連れて買い物へ行きます
 
自分の買い物を後回しにして、まずはお世話さんに付き合う子どもの姿・・・友だちを先に考えることができるようになったことに成長を感じました

今年、行列だったお店は『おもちゃや』でした
お店屋さん、お客さんのどちらも体験できる『お買い物ごっこ
お店の人になると、値段を言うことが楽しかったり全部売れたことが嬉しかったり
お客さんになると、欲しいものが買えたり自分で作ったものが買えたり反対に欲しかったものが売り切れていて残念だったり・・・色々な経験ができて今年もものすご~く楽しい『お買い物ごっこ』となりました
 
「新聞紙で遊んだよ!」 ~2才児つぼみより♪~
2021-07-29
 つぼみさんの夏の楽しみといえばプールですが、今年のプールの日はあいにくほとんど雨と重なってしまいました
そのため、室内で新聞紙あそびをすることにしましたsmiley
 最初に教師が新聞紙をビリビリ~っとちぎってみせると、子どもたちは目がキラキラ✨と輝きました!
ひとりずつに新聞紙を渡すと、つぼみでは初めての体験だったのに
指先を上手に使ってビリビリとちぎったり、
中には3枚ほどの厚みがあっても、してみたい気持ちが強く、気合いでちぎることができたり、
あまりの上手さと勢いに教師たちも目を丸くするほどでした
新聞紙を雨のようにパラパラ降らせて、プールにいっぱいにし、新聞紙プールを作って遊びました。
子どもたちもキャッキャと元気な声が出て、思いっきり楽しむことができました
 雨の日でも、エネルギーを十分に発散できたのではないでしょうか
遊んだ後も、新聞紙を拾ったり集めたり、よくがんばりました
 
6月の大工
2021-06-21

ときどき日記 1月の「わくわく参観日」は見てますか?

 

そこで出てくる秘密のトンネル

これは雨の日の大工室へ行く方法なんです。愛組さんになって大工が始まり、この「秘密のトンネル(=はしご)」の登り下りも練習をして、6月からの梅雨の季節に使えるように備えます。当たり前だけど、雨の日はお天気の日とは違いやっぱり薄暗い 上から覗くとはしごを下りて行くその先が、遠く感じてドキドキしてこわくなってきちゃうということがあるのです。

それに、今年度最初の雨の日の大工に「秘密のトンネル」を使うときには、今までよりも暗いなあーと思ったので、もう一か所電気をつけてもらいました。「秘密のトンネル」は自然な明るさになって、気持ちも明るくなれたみたいです。

 

一番怖がっていたYちゃんも「先生、見てて」と言って、お手伝いは「ナシ」で大丈夫になっていました。はしご下りをドキドキからワクワクの気持ちに変えて、意気揚々と大工にやって来ます。「先生、おはようございます」と元気いっぱいです。

 

現在の愛組さんの製作状況は

一作品めのキリン。胴体の釘のきり穴あけと、釘打ち(21ヶ×2)ができてきて、足つけに進んでいるところです。だんだんキリンの形になってくると、やる気もyesアップです難しく、大変さも感じて、頑張りが必要な胴体部分が終わると、一気に完成に向かいます。

 

といった様子で、これからの大工も楽しみな日が続きます

 

 
芋の苗植え
2021-05-15
 梅雨のはしりで気まぐれな空の下、5月14日金曜日だけが晴れマーク“この日にお芋を植えましょう”と、神様がお知らせしてくれているような気持のよい天気の中、めぐみ幼稚園のみんなでさつま芋の苗を植えました。
 まず、絵本「さつまいも」を読み、芋の苗がどのように土の中でさつま芋になっていくのかを、みんな真剣に聞きました。「どこを土の中に植えたらいいのかな?」「葉っぱも土の中に入れていい?」等々、質問に答えながらどう植えるのかを知りました。「愛組さん光組さんは、一人2本植えられるよ」と伝えると、「やったー」と、大喜び。その後、畑に移動し「さつま芋がしっかり隠れる深いベッドをつくって、土の布団を優しくかけてあげようねと伝えると、みんな一生懸命土を掘り、大事に植えていました。最後に「秋には大きなお芋になりますように」願いを込めてたっぷり水をあげましたこれから、水やりと草抜きみんなで頑張ろうね
 
花組さんとの対面式 『はじめまして♪』
2021-04-27
 4月19、20日に花組さんと、愛組、光組さんとの対面式がありました。
花組さんにとっては初めての事ばかりの園生活ですが、そんな初々しいみんなの事を
迎えてくれる先輩達を紹介するのが対面式です。
 
花組さんの待つ第一園舎に最初に入ってきたのは光組さん。
『光組さんは幼稚園で一番大きいお兄さんお姉さんです。』と紹介されると
顔つきがピリッとかっこいい表情に!!入場する時の歩き方もとっても素敵でした。
「きのこ」の歌のプレゼントも楽しく歌ってくれました。
 
一年前は一番小さかった愛組さんは、今年は一年先輩になって誇らしい表情で嬉しそう!
の「ママのつくったおべんとう」を元気いっぱいに歌ってくれましたよ
 
そして、めぐみ幼稚園では花組さんの園での生活を手助けしてくれるお世話さんという役割があります。
光組さんが自分の名前を言った後、お世話する花組さんの名前を呼ぶと元気に「はい」とお返事したり、恥ずかしかったりと花組さんの反応はさまざまですが、折り紙で作ったプレゼントのメダルを首にかけてもらうと、じっと見つめて嬉しそう
 
困った時には助けてもらったり、教えてもらったりしながら、幼稚園を楽しんでね
これから、よろしくね
 
 
 
 

あいぐみさんへ

あいぐみさんへ
フォーム
 
これな~んだ?
2020-05-07
 
 今、幼稚園の周りにはたくさんの草花が咲いています。
 子どもたちと一緒に見れる日を楽しみにしながら、今日は子どもたちにクイズとして出してみたいと思います。
 一緒に考え楽しんで見てください
 
写真の花はな~んだ? 
ヒント1.幼稚園の栗の木の下の「やつで」の近くに咲いてます。
ヒント2.小さな赤い実を付けます。
ヒント3.みんなの知っている○○○には粒々が付いています。      
    ○○○を育てているお友達もいます。
ヒント4.これは「の○○○」という名前です。
    ○○○に入る三文字な~んだ?簡単すぎたかな?答えはまた今度教えてね~
 
 
おうちでたいそうしてみよう!
2020-04-30
 先日はお電話で色々お話を伺わせていただきありがとうございました
 子どもたちの元気な声を聞き大変嬉しく、力をいただきました。
 
 幼稚園が始まったら、やってみたいと考えている体操を紹介します。
 ぜひ、お家で楽しみながら取り組んでみてください
 
 「手押し車」覚えていますか?これもまた、お勧めですよ~

 

 

ひかりぐみさんへ

ひかりぐみさんへ
フォーム
 
おうちで やってみよう!
2020-05-07
おうちで げんきに すごしていますか?
きょうは おうちでできる たのしいことを おしらせしますsmiley
ぜひ、おうちのひとといっしょに やってみてくださいね
 
 
①「ちょうざ」
ひざをまっすぐのばして ゆかにすわります。
あしはそろえて、こうをのばします。
つまさきは、おくにむけます。(うえでは ないよ!)
こしに ちからをいれて、せなかをまっすぐ うえに のばします。
せなかや ひざが しっかりとのびると、きれいな「ちょうざ」ができます
 
 
②「ておしぐるま」
りょうてをゆかにつき、おうちのひとに あしくびをもってもらいます。
てを、かわりばんこにまえにだして、まえにすすみましょう。
おなかが さがらないように いしきしてみましょう。
 
 
③「おしりあるき」
たいそうずわりのように、ひざをたてて すわります。
ては つかいません。
おしりを つかって、まえに すすんでみましょう!
 
 
おまけ
④おりがみで「かざぐるま」を おってみよう
ひかりぐみでは、「かざぐるま」の つづきから あたらしいものに ちょうせんしますlaugh
「かざぐるま」おもいだして ぜひ おってみてください
 
 
やってみたら、こんど ようちえんで みせてくださいねsmiley
 
めぐみようちえんクイズ
2020-04-30

おうちで、げんきにすごしていますか?

このあいだは、でんわで おはなしできて うれしかったです

ほんとうは、みんなとあって、たくさんおはなし したいですが、なかなかあえないですね

 

きょうは・・・

うちえんのことを たくさんしっているひかりぐみさんに、ようちえんクイズをだしますsmileyheart

ぜんぶで7もんさあ、いくつわかるかな?

 

 

①めぐみようちえんには、なにぐみがあるでしょう

enlightenedぜんぶで5つ いえるかな?

「ひ・・」「あ・」「は・」「の・・」「つ・・」 のことばからはじまるよ!

 

 

②ひかりぐみのおともだちは、15にんいます。さあ、だれがいるでしょう

 

 

③かめのなまえを おぼえているかな

enlightenedちいさいかめは「さ・・」 おおきいかめは「かめ・・・」からはじまるよ!

みんなが とうみんからおこしたかめたちは あたたかくなって、げんきに えさを たべはじめました。ひかりぐみさんに おせわをしてもらうのを たのしみにしていますよ!

 

 

④めぐみようちえんバスのいろは、なにいろでしょう

 

 

⑤ようちえんにある、みんながあそぶ もりのなまえは なんでしょう

enlightened「・・・のもり」だね

 

 

⑥おかえりのときにたべる、まるくてあまいものは なんでしょうcheeky

enlightenedおいのりとうばんさんが スプーンでくばってくれるよ!

 

 

⑤パンきゅうしょくには、パンが いくつはいっているでしょうcheeky

 

 

⑦ほんよみのへやの おはじきのかずは、なんこあるでしょう

 

 

 

こたえが わかったかな??

わかったら、おうちのひとにも こたえをおしえてあげてね

おうちのひとと いっしょにかんがえてもいいですよ

 

親子で楽しむ運動遊びを紹介します!

親子で楽しむ運動遊びを紹介します!
フォーム
 
タオルあそび編
2020-05-10
運動遊びの第4弾は、タオルを使って遊びます。
力をいっぱい使ったり、瞬発力も使う遊びです。
 
「タオル取り」は、子どもとだけでなく、おとな同士でもつい本気になってしまいます。
きっと、お兄ちゃんやお姉ちゃんとも一緒になって楽しむことができると思います!
 
なべなべそこぬけ」は、単純なのですが、子ども同士でよく取り組んでいます。
普段は手をつないで行うのですが、おとなは「肩が上がらない…」と四苦八苦することがよくあります。
タオルを使うと動かしやすくなるので、ぜひ、試してみてください。
 
筋力向上編
2020-05-04
皆さん、ゴールデンウィーク、いかがお過ごしですか
 
運動遊びの第3弾です!
今回は「筋力」を使うものを選んでみました。
腕や脚、おなかにも力をいっぱい貯めて、挑戦してみてください
子どもの筋力も必要ですが、お家の方の筋力も使うものもあります。
ぜひ楽しんで取り組んでみてくださいね。
 
いろいろジャンプ編
2020-04-28
運動遊び、第2弾です!
「バランス感覚編」は、皆さん、お試しいただけましたか?
 
今回は「ジャンプ編」です。
少しレベルアップしたものも紹介しますので、ぜひ挑戦してみてくださいね
 
ジャンプするときに気をつけたいのが、つま先で跳ぶ」ことです。
つま先で軽く、何度も跳べるようになると、縄跳びをするのも上手になります。
つま先でまっすぐ立つことは、子どもにとっては結構難しいのです
つま先で立って歩くだけでも、バランス感覚が育つだけでなく、筋力トレーニングになりますよ~!
 
バランス感覚向上編
2020-04-24
ときどき日記でお知らせしていました「運動遊び」を紹介します!
 
ゆらゆらする身体を、なんとかまっすぐに、こけないようにと調整することでバランス感覚が育っていきます。
この他に「つま先歩き」や「かかと歩き」もおススメですよwink
家族みんなで片足立ちして、いくつ数えられるかな~と「片足立ち選手権」をしたり、例年運動会で光組さんが挑戦している「ひこうきバランス」をしてみたり…
 
ぜひ、お試しくださいね!
 

園だより巻頭言

園だより巻頭言
フォーム
 
「収穫の秋」(11月園便りより)
2019-11-12
収穫の秋に感謝。
 天候が心配された芋掘りでしたが、無事特大から極小まで合わせて341個のさつま芋を収穫できました。大き過ぎて掘り出すのにも一苦労の物や、一本の苗に中位の芋が四つ五つとごっそり付いている物もあり、子どもたちは「芋の王様だ~!」「お父さんとお母さんと兄ちゃんと僕と、僕んちみたいだ~」と、掘り上げては大歓声でした。

 昨年の不作を教訓に、今年は苗を植える前に土に有機肥料を混ぜ込んで畝作りをしていただきました。豊かな土の養分が芋たちを育て、コロコロとした幼虫もたくさん見ることができました。幼虫にキャアキャア言っている子どもたちに、「幼虫が多いってことは、土もお芋も栄養たっぷりでおいしいからだよ。お芋もいっぱい育ってよかったね」と、伝えている教師の声も弾んでいました。

 芋の家族にとっても環境を整えてやることは大事なんだと、しみじみ感じました。柘榴の実や柿も味わい、楽しい収穫の時は終了しました。

 子どもたちも実りの秋、祝福の時を迎えています。運動会では本当によく頑張り、初めての場所でも物怖じせず堂々と普段以上の力を発揮してくれました。その後も振り返りの中で、次への意欲を見せてくれている子どもたちです。○○ができたから素晴らしいのではなく、できてなくても挑戦しようとする前向きさが素晴らしいと思います。
 
 常に子どもたちが前向きに笑顔で成長できるよう、存在そのものを感謝の内に受け入れ、その環境を育ちやすいものへと整えていきたいものですね。
 
 
「苦戦の先の大きな喜び」10月園便りより
2019-09-26
「きょうは、なんで図書袋を持ってきたでしょう?」
子どもが、ニコニコしながら聞いてくる日は、必ず何か楽しみなものを持ちかえる日です。
「う~ん、何かなぁ?」「月刊誌?」「ちが~う」と、ちょっと自慢げです。「じゃあ、大工で作った作品かな?」「うん、箱。」「そう、箱ができたの、すごいね、後で見せてね。」と言うと、「うん、いいよ」と、嬉しそうに見せてくれます。スベスベに磨きをかけた木肌にその子らしい絵が描かれています。「上手にできてるから、お父さんも、お母さんも、きっとおどろくよ~」と言うと、うふっと満足げに嬉しそうに笑っています。
 
 ある日、そんな作品を袋に入れて持ち帰りながら、手をつないだ花組さんに愛組さんが「愛組になって大工に早くいきたい?」と尋ねています。「うん」と言う答えに大きくうなずきながら「最初はキリンだよ、知ってる?初めはわたしもすご~く難しくって大変だったけどぉ、頑張ってしたら、そのうちできるようになって、ちょっと楽しくなってきたから、きっと○○ちゃんも、できると思うよ」と、お姉さんっぽく言っているのが、とても微笑ましかったです。楽しいと思えるようになるまでの、彼女の苦戦の日々の様子が目に浮かんだからです。
 
 子どもって、素敵だなと思います。運動会もきっと、苦戦の先の大きな喜びが一人ひとりにあることでしょう。今年も、どんな喜びの結晶が見られることかと今から楽しみです。
 
 
ひとりはみんなのために、みんなは一人のために(9月園便り)
2019-09-13
    『一つの部分が苦しめば、すべての部分が共に苦しみ、
     一つの部分が尊ばれれば、すべての部分が共に喜ぶのです。』
                   (Ⅰコリントの手紙十一章二六節)
 
 私の夏休みは、聖書のこの言葉を痛感する出来事で締めくくられました。ちょっとしたことで肩の腱を酷く傷め、全く右手が上がらなくなったのです。初めての経験でした。二日三日と時間が経つにつれ、痛みはあるものの少しずつですが手が上がるようになって、腱が断裂したのではなさそうということになり、一安心でしたが、人の体の不思議を実感しました。脳の命令に、無意識的且つ忠実に反応して実行に移してくれる身体の有難さを思い知りました。

 冒頭にあげた聖句は、教会のひとり一人を体の部分に譬えて組織のあり方について、弟子のパウロが書いた手紙の一節ですが、私は自分の体のほんの一部の傷がこんなにも全身に影響することや、逆にそこをカバーするために他の部分が必死に働いたり考えたりすることを通して、なるほどと感じるところがありました。

 二学期は、みんなで力を合わせて作り上げていく行事の多い学期です。そこでは、ひとり一人の頑張りももちろん求められますが、みんなが一つになろうと支え合う気持ちも大切になります。みんなが体の一部なのだということを、おとなも子どもも意識して関わっていけたらと願っています。
 
 
 
子どもの興味に寄り添ってみて…  (7月園便りより)
2019-07-19
 先日、「ゆっくり、ゆったりが子どもの時間」と題した短い文章を読んでいて、最近は同じような文章をよく目にするようになったなと思いました。子どもを取り巻く環境の変化のスピードはどんどん加速傾向にあります。人工知能の進化は生活の中の機械化を押し進め、更に便利になっていき、テレビやスマホのない生活は考えられなくなりつつあります。しかし、そんな中で子どもが心豊かに育つための時間が失われていってはいないかという警鐘です。

 朝、お母さんや可愛い弟妹さんと一緒に登園して来る子どもたちを見ていると色々な発見があります。坂の途中でじっと下を見て動かなくなる子どもの目の前には、何かを懸命に運んでいるアリがいたり、ある時は花壇の中にまだ生まれて間もないような小さなダンゴムシを見つけて見入っていたり、小さな木の切れ端や黄色く色づいた葉が握られていたりすることもしばしば。そんな子どもたちに付き合いながら、あの坂を上ってくるのはさぞ大変だろうなと思いますが、とても微笑ましく、それに付き合ってくれるおとながいて、この子たちは幸せだなとも感じます。

 おとなにとっては、当たり前でつまらなくさえあることや生き物でも子どもたちには発見であったり、魅力的であったり、そこから色々な発想や思考、想像力が生みだされるのだと思います。例えば道端の草花や生き物など子どもの興味のあるところに関心を寄せ、立ち止まってゆっくり、ゆったりと付き合う時、子どもの一言にハッとさせられたり、笑わせてもらったり、こちらまで心がほっこりさせられます。

 一学期が終われば、長い夏休みがやってきます。お母さま方は、三度の食事作りと子育てに追われる日々を思うと、ため息が出そうになるでしょうが、子どもの興味があることに一緒に付き合って楽しむ一時も大切にしていただけると嬉しいなと思っています。ぜひ、楽しい発見をしてください。
 
 
 
生き物を育てるって…(6月巻頭言より)
2019-06-06
 5月下旬は突然の真夏日続きで、小学校の運動会は熱中症対策と、ここ数日出ていたオキシダント注意報対策とで大変だったことと思います。 そんな中、幼稚園でも24日の金曜日には、さつま芋の苗植えを子どもたちみんなで行いました。午前中の短い時間でしたので、無事に苗は植えられましたが、連日の厳しい暑さと日差しの中、休み中も職員が交替で水やりをしながら、ちゃんと根付いてと祈るばかりです。当たり前のことながら芋の苗もまた生き物で、苗植え後は、無事収穫の日を迎えるまで、ちゃんと育ってと天候とのにらめっこが毎年続きます。

 ましてや、今年はその数日前に幼稚園の子どもたちにとって悲しい出来事が起こったばかりです。子どもたちが大切に育ててきた亀の内、2匹が亡くなりました。今年は冬眠明けから何となく例年に比べ餌の食べ方が悪かったり、4匹共に皮膚の一部が白っぽく剥げるような症状が見られたりと、心配な様子がありました。教師たちもいろいろ調べたり詳しそうな方に尋ねたりして、手当を続けながら日光浴をさせるなどしてきていたのですが、22日の昼休み、いつものように水換えの世話をしようとした光組の子どもが、動かなくなっている亀吉とピーチに気づきました。そういえば前日、水換え後の餌を食べていなかったことに私たちも思い至りました。亀の寿命がどのくらいのものかわかりませんが、幼稚園に来てからでも15年以上にはなりますから、老齢だったのかもしれません。

 しかし、生き物の死は、大切に育てていた者にとっては本当に辛く悲しい出来事です。翌日、光組の子どもたちがたくさんのありがとうの言葉で最後の別れをした後、牧師にお祈りしてもらい、丁寧に園庭の一角に埋葬してくれました。その後ある子どもが「今度、亀はお花になって生まれかわるの」と言ったと聞き、私はそこに命が受け継がれていく慰めを感じました。
 命について子どもたちが考える貴重な出来事でした。残りの2匹の亀も、芋の苗もみんなで大切に育てたいと思います。
 
 
学校法人めぐみ学園
めぐみ幼稚園
〒750-0009
山口県下関市上田中町2-13-26
TEL:083-222-7356
FAX:083-222-8305
------------------------------
・幼稚園
・通常保育
------------------------------
104547
<<学校法人めぐみ学園めぐみ幼稚園>> 〒750-0009 山口県下関市上田中町2-13-26 TEL:083-222-7356 FAX:083-222-8305