ときどき日記

   
  こちらでは、ちょっと可愛い(?!)似顔絵による職員・スタッフの紹介と、
 ブログでは、毎月の園便りから園長の巻頭言、そして、その時々の幼稚園の様子やおもしろエピソードなどを教職員が交替でご紹介します。  乞う、ご期待!!
 

スタッフ紹介

スタッフ紹介
 
園長
園長
 
 
はな組(年少)担任 
はな(年少)組担任
 
 
ひかり組(年長)担任
ひかり組(年長)担任
 
 
あい組(年中)担任
あい組(年中)担任
 
 
のぞみ組担任
のぞみ(満3)組担任
 
 

園のスタッフによる ときどき日記

園のスタッフによる ときどき日記
フォーム
 
交通安全教室
2018-07-11
7月5日(木曜日〕に下関警察署よりお二人の講師をお招きし交通安全教室を開催しました。
お忙しい中保護者の方にも多数ご参加いただきありがとうございました。
 
始めに信号機の色の役割を、三色のうちわを使ったゲームで楽しく覚えた後、
ビデオを見て車道や歩道について学び、その後おもに横断歩道の渡り方について、教えていただきました。
「横断歩道はなぜ手をあげて渡るのでしょうか?」
「信号が青になってもすぐに歩きだしていけないのはどうして?」
などのクイズの後、全員で横断歩道を渡る練習!(答えは子どもたちに聞いてみてくださいね)
 
サイン!(右手を上げる)右よし、左よし、右よしの掛け声の後、渡るときにも車の来る方向を見るよ!と教えてもらい、横断歩道の真ん中までは右を見ながら、真ん中からは左を見ながら(これがなかなか子ども達には難しかったようです)歩いてみました。緊張して歩くのがかなりゆっくりになっていましたが、渡り終えるとみんなニッコリlaughとても楽しい体験ができました。
 
今回、幼児の事故の大半は乗車中に起こっているというお話がありました。
おとながまず交通安全の意識を深め、今一度、ご家庭で子どもたちと交通ルールーについて話し合う機会にしていただけると幸いです
 
 
 
ひかり組遠足☆~いのちのたび博物館~
2018-06-19
5月末に、みんなが楽しみにしていた遠足がありましたlaugh
年少・花組と、年中・愛組は、到津の森公園へ
年長・光組は、いのちのたび博物館へ行ってきました
 
 
遠足に行く前には、光組のみんなで、恐竜について調べました
恐竜が大好きだった人も、あまり知らなかった人も、調べているうちに、どんどん遠足が楽しみになっていったようでした
 
 
そして、楽しみにしていた遠足の日
みんなで一生懸命に調べたことをまとめた「ひかりぐみ はくぶつかんずかん」や、お家の人が作ってくれた美味しいお弁当を持って出発しました
 
博物館では、恐竜の大きさを知ったり、動く恐竜に驚いたり、ちょっぴり怖かったり・・・
マンモスやナウマンゾウの骨には、鼻がないことを発見し、「ゾウの鼻には骨がない!?」と考えたり、いろいろなことに興味津々のみんなでした
 
元気いっぱいに楽しんでいたので、11時頃には「おなかすいた~cheeky」の声が・・・
お天気がよかったので、外でお弁当を食べ、ゆっくりおやつ交換も楽しみました
食べ終わってからは、思い切り体を動かして遊びましたよ
 
お昼からはまたまた博物館で、恐竜の他にもいろいろ見て回り、楽しみました
首がながーい亀も見ました!
幼稚園では亀のお世話を頑張っているひかり組さん、
「すごいね!」
「ようちえんの かめのほうが いいね」
「このかめ、こわい・・・おせわできんかも」など、感想は様々でしたsmiley
 
帰りのバスの中でも、元気いっぱい「ガオー!」「ギャー!」など  ‟光組サウルス” の声が響いていました
 
 
遠足が終わってからも「遠足楽しかったよね~」と振り返って 友達同士で話しながら、ジャングルジムの上で ‟恐竜ごっこ” も楽しんでいるひかり組さんです
楽しい遠足になったようで、嬉しく思いました
 
めぐみのお昼ごはん、あれこれ…
2018-05-28
めぐみ幼稚園のお昼ごはんは、
月・水・金曜日…お弁当
火曜日…ご飯の給食
木曜日…パンの給食
を食べています。
 
お仕事や横割りで体をつかったり、いろんなことを考えたりした子どもたちにとって、お昼ごはんは一番リラックスする時間なのかもしれません
 
さて、今日のお昼ごはんは…お弁当でした。
お弁当は、家庭を離れ、幼稚園で頑張っている子どもたちにとっては、家庭を感じ、ほっと一息つくことのできるアイテムの一つです。
 
年少さんの昼食は4月末から始まっています。
一番初めのお弁当の日には、昼食時間の1時間半も前から「おなか減った~」とみ~んな話していました。
他にも話したいことはいろいろあったのですが、その日は大半の時間をお弁当の話で盛り上がったのでした
その日から1か月経った今も、早い時間から「もうおなかすいた~」「お弁当食べた~い」の声は恒例になっています。
それだけ、楽しみにしているお弁当。とっても賑やかに楽しく食べています!
例えば…お弁当の中身を自慢げに話します。
「トマト、入ってるひと~」「は~い!」と挙手。「ごはん入ってるひと~」「ハンバーグはいってるひと~」と具体的な中身調査(笑)を子ども同士で始めます。初めは遠慮がちだった年少児さんも最近では自ら「ウィンナーはいってるひと~」と質問する方に加わっていて驚きました。
 
enlightenedそういえば、給食に入っている「カップゼリー」に数字が書いてあるのをご存知ですか?
その数字を年齢に見立てたり、順番に見立てたりしながら言い合うのです。
先日、一緒に食べる私も「私、36よwink」といってみました。
すると「すっげ~indecision」と言われました。
ど、どうして…?と思うこともありますが異様に盛り上がるんですよ
 
もちろん、苦手な食材や調理法もあるようですから、給食のことを「辛い」と感じている子どもたちもいるでしょう。
でも、年長さんになると小学校の給食のことも思い描きながら、食べられるようになりたいという気持ちがだんだんと強くなってくるようです。少しずつチャレンジをしながら、食べてみると案外食べられた、もしかしたら食べられるのかも、食べてみたら美味しかったなどとそれぞれのスピードで克服してきています。その達成感はこちらが思う何倍もあるようで、嬉しさを隠し切れない表情を見せてくれています。
きっと、おいしく食べられるようになることを信じてyesこれからも応援していきます!
 
食事の時間は、美味しく楽しくありたいですね。
 
食事の後の、歯磨きも忘れず、頑張っています
 
対面式 ー お世話さんと会ったよ ー
2018-04-26
 2018年度が始まりました。
進級時たちはそれぞれに一つ上の学年になり、お兄さんお姉さんの顔つきになっています。
そして新入園の花組さんたちは、準備保育から初めてのことばかり、お家の人と離れて過ごすこと、幼稚園生活のこと全て一つひとつ体験し、覚えて言っているところですね。
 
 4月19日、20日に対面式がありました。
対面式は、お世話をしてくれる在園児と花組さんとの新しい出会いの場です。
花組さんたちは、どんなお兄さん、お姉さんがいるのか、わくわくして待っていました。
光組は「バスごっこ」愛組は「アイスクリーム」の歌をプレゼント。
しっかり聞いてくれました。
 
その後はお世話する子とのご対面!!
今年の光組は、緊張気味で、ちょっとカチコチになっていましたね。どんな子かな…
でも、自己紹介とあいさつはしっかりでき、一生懸命に折ったメダルのプレゼントをして,
握手をしました。
「よろしくね」の握手は、見ているこちらもこの可愛い出会いに自然と笑顔があふれる大好きな時です。
これから幼稚園で、みんなでいろいろなことができますね。
一緒に楽しく過ごしましょうね。
 
 
 
『お買い物ごっこ』を満喫(^^♪
2018-03-06
2月21日。みんなが待ちに待ったwink『お買い物ごっこ』
今年は、品物の数や種類がた~くさん!
3学期に入ってから、水曜日の遊ぶ日に園児みんなで作ってきた物です。
 
前半は、第1園舎の人がお店屋さんで、新園舎の人がお客さん。
後半は交代して、どっちの役も楽しみました。
 
光組さんがお世話の花組さんや希組さんと手をつないで
一緒に回ってくれました。
品物選びもお金を出すのもゆっくりのお世話さんを優しくheart見守りながらも
自分の欲しいものは、うま~くGETする光組さん。さすがです。
自由に自分のペースで回れるのは愛組さん。勢いづいて「買うのは9個まで」の約束を
うーんと越えて買っちゃった人も
 
「いらっしゃいませ!」「これください」「100円です」・・・
元気な声が飛び交う、笑顔いっぱいのひとときでした。
 
最後は、買った物を友達と見せ合ってもうひと盛り上がり
「お買い物ごっこはどうでしたか?」の返事は
「楽しかった!!」laugh
 
 
 
 

園だより

園だより
フォーム
 
希望をもって生きるということ(3月園たよりより)
2017-03-22
  卒園を間近に控え終礼の時間に、卒園の言葉を決めるに際しての一人ひとりの子どもの思いを分かち、入園時から今に至るまでの成長を教師間で話し合い、更なる成長を祈る時を持っています。一日二人ずつの子どもについて話し、祈っていきます。毎年恒例になっていることですが、とても貴重な豊かな一時です。
 こうなりたいと願って頑張ったことが実を結び、それが自信となって次につながっていった子ども。こうなりたいと願ったことが実現できなくて悔し涙を流したけれども、それでも逃げずに乗り越えたことで成長できたと思える子ども。また、自分が楽しいと思って取り組める何かを見つけられたことがきっかけで、頑張る力が育ち始めた子どももいます。
   常に前を向いて希望を持ち続けていけることは、素晴らしいことです。どの子どもも、次はこうなりたいと願い、頑張り続けることができるのも本当にすごいことだと思います。

 先日、渡辺和子さんの『置かれたところで咲きなさい』という本を読んでいたとき、次のような文章に出会いました。
 第二次世界大戦下ナチスの収容所で生き延びた人たちは、必ずしも体が頑健だったわけではなく、希望を最後まで捨てなかった人たちだったということです。そのことから「希望には叶わないものもあるが、大切なのは希望を持ち続けること。希望の喪失は、生きる力の喪失でもある。心の支えがあれば、どんなつらい状況でも耐え抜くことができる。」と、書かれてありました。
 
 聖書の『ローマの信徒への手紙』の五章3~5節には、次のような聖句があります。
  わたしたちは知っているのです、苦難は忍耐を、忍耐は練達を生み、
     練達は希望を生むということを。希望はわたしたちを欺くことがありません。

 この子ども達が、どんな時でも常に希望を持ち続け、希望に向かって自分の力を使っていけるように、私たちおとなも希望を持ち、祈り支え続けられるものでありたいと願います。
 
 
心の「オニはそと~」
2017-02-06
 巷で恵方巻の宣伝がピークを迎える頃になると、幼稚園では各クラスで、鬼の製作が始まります。毎年色とりどりのユニークな鬼の面が出来上がります。今年はどんなお面が登場するのか楽しみです。
 さて、いよいよ節分が近くなると、各クラス集まりの日や体操の日に少し時間を取って、豆まきが行われます。得意満面、嬉しそうに自分が作ったお面をかぶって、交代で鬼役になり「オニはぁそと~!ふくはぁうち! オニはぁそと~!」と豆をまく姿も笑いを誘います。割り当てられた豆を少しでも長く巻き続けようとチビリチビリとまきながら追っかけまわしている子や、豪快にまく子など、まき方も様々です。
 邪鬼を払う習わしとして、古くから行われてきた節分の風習、大寒後の空気が乾燥したところで起こる火事や、風邪などの流行りやすいこの時期、古代人がそれらを邪鬼の仕業として、豆を打ち付けて払おうとした気持ちも解らないではありません。
 自分の子どものころを振り返ってみると、鬼といえば、何となく自分に悪いことをもたらす得体のしれない悪者ぐらいにしか考えず、我が身を守りたい一心で、ただただ家から外に追い出そう、うれしいことはやって来いとばかりに、豆まきをしていた気がします。子どもなんだからそんなもんだよとは、思いますが、それだけではどこかの国の新大統領の発想と同じような気もします。
いつだったか、豆まきの様子を見に行った時に、豆まきをする前に、子どもたちにどんな心のオニをやっつけたいかを言ってもらい、「そのオニが自分の体から出ていくように豆をまこうね」と促している先生の言葉に感心させられたことを思い出します。それは泣き虫のオニだったり、意地悪したくなるオニだったり、怠けたくなるオニだったりと様々ですが、そうやって言葉にして自分の弱さをやっつけたい、乗り越えたいと願う子どもの心は素敵だなと思はいます。
 それからというもの私も今年はどんな心のオニをやっつけたいかなと考えます。おとなも子どもも、心も体も健康的に、前を向いて一歩踏み出す春を呼ぶ節分になるといいなと思います。
さて、みなさんはどんなオニを追い出したいですか?
 
 
堅く立つ
2017-01-12
 皆さんは、どのような新年をお迎えになりましたか。
 幼稚園の仕事始めの日、新年の挨拶を園長からと言われており、何を話そうと悩んでいるときに、ふと心に浮かんだのが次の聖句でした。
 「堅く立って動かされず、いつも全力を注いで主のわざに励みなさい。
  主にあっては、あなたがたの労苦がむだになることはない。」
             (コリント人への第一の手紙第一五章五八節)
これは、下関バプテスト教会百周年記念の栞の裏に記されている聖句でもあり、礼拝で讃美歌を開くたび目にしていたものでしたが、特に今年は、心にグッと響くものがありました。『堅く』の漢字は『もろい』の反対語で、他の漢字の「かたい」とはそれぞれ語意が異なります。そこにこそ心に響いた意味があるのだと思いました。
 動揺するような事態が次々と起きるのが私たちの日常です。 そのたびにグラグラと揺れ動き、もろく崩れてしまうような立ち方ではなく、どんな事態になろうとも動かされないような立ち方をせよと言うのです。
 「いつも全力を注いで主のわざに励んでいる」という自覚がそこには、必要なのだろうと思います。神が求めているように自分は生きられているだろうかという思いが、私にこの言葉を想起させたのかもしれません。しかし、そのあとに続く言葉は、私たちを慰めてもくれます。神は私たちの労苦をむだにはなさらないとも言われるのです。
 回り道に思われる一つ一つをも、主は思いもよらないところで用いてくださるのだと思います。多様な社会の只中にあって、どのような在り方が求められているのか思い悩むことの多い時代です。子育てにおいてもそうだと思います。溢れるほどの情報の中から、子どもにとってより良きものを選択して与えることは本当に大変だと思います。
 めぐみ幼稚園に勤める私たち職員も、今一度原点に立ち返り、子どもたちが自分の本来持っている力をしっかりと使っていけるよう、良き援助者として堅く立てる者となりたいと願っています。ともに祈り求めつつ、子どもたちに負けないよう頑張りましょう。今年もよろしくお願いします。
 
 
心の豊かさ(12月たよりより)
2016-12-14
 十月のある日、教会の吉岡さんが数枚の写真を持ってきてくださいました。それは、昨年の下関バプテスト教会の子どもクリスマス礼拝に出席した子どもたちが、ニジェールの子ども達へのクリスマスプレゼントとして持ち寄ってくれた鉛筆を一本ずつ手に持って、嬉しそうに笑っている子どもたちの写真でした。
 たった一本の鉛筆を、こんなにも喜んでくれる子ども達が地球の向こうにはまだまだたくさんいるという現実に、胸が痛むと同時に、子どもたちの愛はこうして伝わっているんだなと思うと、胸が熱くなるのを感じました。

 実はこのプレゼント、昨年のクリスマス後に吉岡さんがまとめて船便でニジェールに送って下さってから、ちゃんと届きますようにとずっと祈り続けて半年以上、やっとニジェールから届きましたという一報が入ったのは、なんと夏休みでした。 アフリカの厳しい社会状況を少し垣間見た思いのする期間でもありました。
 
 今年も、めぐみ幼稚園のクリスマス礼拝献金は、ニジェールに送ろうと思います。
それに先立ち、年中児愛組の子どもたちは、先日吉岡さんからアフリカのニジェールの子どもたちの様子についてお話を聞きました。遠いアフリカの国の様子を想像することは、なかなか難しいようでしたが、子どもたちなりにすごく暑い国で、水道など自分たちの生活には当たり前にある色々なものが無いこと、学校に行ける子どもも少ないこと、おもちゃも自分で作ること等、違いを少し感じることができたようでした。
 
 有り余るほどに物が溢れている日本の子どもたちが、鉛筆一本さえなかなか手に入らない子どもたちのことを想像することは、本当に難しいのだと思います。吉岡さんの話を聞き、嬉しそうにあの鉛筆を持って、お礼の写真を送るために整列してくれた子どもたちの姿を見ることで、自分の住んでいる地球には、まだまだ私たちの愛を待っている子どもたちがいることを、知ってもらえると嬉しいなと思います。
 
 今年もクリスマス礼拝に向けて、各クラスそれぞれに準備を重ねています。きっと、今年も子どもたちの霊と真が捧げられる素敵な礼拝になることと思います。言葉はつたないかもしれませんが、子どもたちからのクリスマスメッセージを、どうぞお受けください。
 
 
祈りの力
2016-10-26
 みなさんは、祈りの力について考えられたことがおありでしょうか。
今年の三月、卒園式を前にいつものように教師間で、卒園児一人一人について、卒園の言葉に行きつくまでの担任との話し合いの経緯を聞き、その子の持っている素晴らしい賜物についての分かち合いをしていた時、「この人は祝福式では、『嫌なことや怖いことから逃げないで挑戦する力がほしいです』とお祈りしてもらったのですが、卒園の言葉は『怖いなあと思っても、勇気を出して挑戦する力があります』という出だしになりました。どうして勇気が出せるようになったと思うと聞くと、『牧師先生にお祈りしてもらったから』という返事が返ってきたんですよ」と聞きました。
 苦手だと思っていたプールも跳び箱も、彼女自身ができると信じて繰り返し練習したからこそ、乗り越えられて達成感や喜びを持てるようになったのですが、担任からどうしてできるようになったと思うと、尋ねられた時に「お祈りしてもらったから」と、すぐに言えたのは、きっと祝福式の祈りの言葉を言う時こそが、彼女にとって「逃げずに勇気を出して挑戦する」ときであったからだろうと思いました。
 
 たくさんの人の前で、自分がそうなりたいと思うことについて言葉に出し、そのことのためだけに祈ってもらうという特別な体験が、子どもたちに新たな一歩を踏み出させているのだと思います。

 毎年、祝福式前の光組の勉強会では、お母様たちにも同じ体験をしていただいています。お子さんの長所と課題、そしてご自分の親としての課題を、書き出していただき、みなさんの前で発表していただいたのち、お一人ずつのために祈る時を共有します。初めて体験された方は、自分のために祈ってもらうって、不思議な感覚ですね。なんだか胸が熱くなりました」と言って下さることもあります。
 たとえ祈りの言葉はつたなくても、そこにたどり着くまでの葛藤や苦悩を、誰かが知ってくれていて、自分のために祈ってくれている。そう信じることができるとき、人は踏み出す力をいただけるのだと思います。
 
 今年の祝福式も、そのような子ども達一人一人の成長のために、祈りの力を信じ、心を合わせる豊かな時としていただければと願っています。
学校法人めぐみ学園
めぐみ幼稚園
〒750-0009
山口県下関市上田中町2-13-26
TEL:083-222-7356
FAX:083-222-8305
------------------------------
・幼稚園
・通常保育
------------------------------
078847
<<学校法人めぐみ学園めぐみ幼稚園>> 〒750-0009 山口県下関市上田中町2-13-26 TEL:083-222-7356 FAX:083-222-8305